いつかの秋のお昼ごはん。 食事は体が欲する季節のものを食べます。 お味噌汁の出汁は日高昆布とかつお。 甘みとコクを出したい時はあご出汁。 ご飯はお鍋で炊いておひつに入れます。 調味料は正しい製法で作られたものを。 食材は真面目に素直に作られたものを。 素材の味を引き立てるシンプルな調理で。 化学調味料、コンソメ、市販のドレッシング、たれ、つゆ、なんとかの素、ルー、は使いません。自家製たれ、つゆは混合節か椎茸出汁と醤油とみりんで作ります。牛乳、白砂糖、チューブの薬味、不自然なもの、使いません。 調理オイルはオリーブオイル、ごま油。揚げ油は菜種油。ドレッシングにはオリーブオイルかエゴマ油。すべてオーガニックのものを。 地元のものをたくさん使って。 手早く、基本を守って、美味しく、体が喜ぶ季節のものを。 旦那さんの家族に驚かれたけど、でも。食事のこだわりはやっぱりゆずれません。だって、不自然なものって平べったい味で美味しくない。 食事は体と心を作るから。体と心に向き合って、きちんと頂くのです。エネルギーのこもったいのちを頂きます。それが一番の薬。滋養です。 #お料理 #体に良くて美味しいもの #地産地消 #フードマイレージ #旬のものは薬 #薬膳 #発酵食 #滋養強壮 #蔵元嫁レシピ #食育 #食育インストラクター #能登暮らし #ヤマト味噌 #足立醸造 #無農薬無科学肥料の米 #ゆめうらら #金沢大地 #天然塩 #能登 #まごはやさしい #さしすせそ #staub #gioprodact #輪島塗 #おひつごはん #季節のごはん #いただきます

shihori928さん(@shihori928)が投稿した写真 -