沢尻エリカさんの命盤検討1 | 欽天四化紫微斗数 勉強中

欽天四化紫微斗数 勉強中

まだまだ初心者レベルですが、本当の欽天四化紫微斗数はどういうものなのか、勉強中です。欽天四化紫微斗数の勉強に集中するため、四柱推命・断易・六壬神課・観相についての勉強は一時休止しています。

沢尻エリカさんは1986年4月8日の生まれです。

中学生の時に父親と次兄が相次いで亡くなっているとのことです。

その象意に適合する生時は巳刻だと思います。

沢尻エリカさんの命盤 1986年4月8日巳刻生まれの場合

沢尻エリカさんの命盤1

(11月26日命盤修正:辰宮に武曲星があったのを削除)

第2大限で大限父母宮(本命命宮)から天機(男星)Dが流出自化。これでお父さんが沢尻さんの人生から流出(生別もしくは死別)する、と読めます。また、大限兄弟宮(本命夫妻宮且つ来因宮)から天機にBが飛び、それがDに変わって流出しています。これで男兄弟がお父さん同様、沢尻さんの人生から流出する、と読めます。

また本命盤から、来因宮の夫妻宮から命宮の天機に生年Bが飛び、それが流出自化Dとなっていますので、結婚しても一度は離婚することは確定していたと思います。

また、生年四化のABCは我宮に入っていますが、Bは流出Dに変化して出て行って串連はなく、Dは他宮の交友宮に入っています。我宮にある生年AとBが本来持っている吉意も、生年Aは他宮の生年Dに引っ張られ、生年Bは流出Dにより、相当吉意が減衰しています。

 

 

↓押していただけると励みになります。参考になったようでしたら押していただけますか?よろしくお願い

  します。


紫微斗数ランキング