論命重点提要 論命運簡訣要義の命例解3 欽天四化紫微斗数飛星秘儀(一)より | 欽天四化紫微斗数 勉強中

欽天四化紫微斗数 勉強中

まだまだ初心者レベルですが、本当の欽天四化紫微斗数はどういうものなのか、勉強中です。欽天四化紫微斗数の勉強に集中するため、四柱推命・易占・六壬神課・観相についての勉強は一時休止しています。


テーマ:

↓よろしかったら押していただけますか。よろしくお願いします。


紫微斗数ランキング

 

 

論命重点提要

 

 論命運簡訣要義

  命例 丙申年生まれ 陽男 水二局 30歳(11月8日8時追記:文墨天機で1956年10月11日12時生ま

      れがほぼ同一の命盤がでます。)

      (自化と串連を加えました)

             (大限命)

     ------------------------------------------------     

      |紫微      |         |           |天馬      |   

     |七殺       |         |          |          |    

     |禄存       |         |          |          |    

     | 12-21    | 22-31   | 32-41   |42-51     |        

     | 父母 癸巳 | 福徳 甲午 | 田宅  乙未 | 官禄 丙申 |  

    |---------------------------------------------- | 

       |天機 B   |D←(遷移から命へ)      | 廉貞 D     |   

A← |天梁      |                   | 破軍       |    

 |    |文昌      |                    |           |       

 |     | 2-11     |                     |52-61    |     

串  |命宮 壬辰 |                    |  交友  丁酉 |   

連  |---------|                    |---------  |  

 |   |天相         |                   |文曲     |

 |  |            |                    |             |大

 |   |          |                      |          | 限     

 |   |          |                      |62-71    | 官      

 |  |兄弟 辛卯  |                      |遷移 戊戌|

 |  |--------------------------------------------- |

A← |太陽     |武曲     |天同 A    |天府       |

    |巨門     |貪狼        | 太陰     |           |

     |右弼      |          | 左輔      |          |       

     |          |          |           |          |       

   |夫妻 庚寅|子女 辛丑 |財帛 庚子   | 疾厄 己亥 |

    ----------------------------------------------

   (大限財)   (流年命)            ↓↓

                        C D 

命例解

 注:この命盤の方は一生簡単に転職してはいけません(「遷」を転職と考えた場合です)。ただ運は一生

   のうちでは移り変わっていくので、それ故「大限」を用います。才にはいわゆる得失曲成があって、

   命と運の本質は離れていて、合わさって補い合います。運とは、機会(チャンス)・環境であり、「朱に

   近づけば赤くなり、墨に近づけば黒くなる」というものです。命があっても、運は一定ではありません

   (生まれた時には定められた宿命があるように見えても、運勢によって一生は千変万化するというこ

   とでしょうか?)。それ(運?)は後天的努力で、造化といいます。

(二)運勢解・・官禄宮四化を使って解釈するのですが、簡単にいうと

       命ー空間    運ー時間

 です。

 故に、運の重点は大限あるいは流年にあるのです。時間というものが無いとすれば、運がどうなるのか

 はわかりません。斗数入門の要点は官禄四化にあります。

 (ここから命例の大限の分析となります。)

 今の大限は午宮が大限命宮となっていて、大限官禄宮は戌宮にあります。戌宮の宮干は「戊」ですの

 で、戊天干を用いて四化を飛ばせば、この大限の運勢を知ることができます(注:大限は本命盤と一緒

 に解釈する必要があります)。

  貪狼に化禄が飛びますので、子女宮にあって田宅宮を照します。主に吉で、金儲けできるでしょう。

  太陰に化権が飛びますので、財帛宮にあって福徳宮を照します。主に吉で、起業できるでしょう。

  右弼に化科が飛びますので、夫妻宮にあって官禄宮を照します。主に吉で、有力者に助けられるで

  しょう。

  天機に化忌が飛びますので、本命盤の命宮にあります。主に吉で、主に収斂します(仕事に集中でき

  るという意味でしょうか?)

 化忌が命宮に入るのは本来は吉と解釈するのですが、ただこの命造の場合は吉中によくない所があ

 ります。というのも、本命盤の命宮を大限官禄宮がちょうど沖する位置にあるので、勤め人の方が商売

 をするよりもよい、ということになります。もし商売をする必要があるなら、少なくとも忌沖の年(壬戌)を

 過ぎてからにする必要があります。

 追記:天機化忌が本命命宮に入るなら、対宮が大限官禄宮でなかったら、更に吉だったのですが。

 

 流年の運用は、大限を体とし、流年を用として、上記のように解釈していきます。

 

 

 

↓押していただけると励みになります。参考になったようでしたら押していただけますか?よろしくお願い

  します。


紫微斗数ランキング

 

shihei-8ziさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス