乗鞍ヒルクライム | バンキン屋奮闘記 岩本建築板金ブログ

バンキン屋奮闘記 岩本建築板金ブログ

建築板金業務・日々の出来事日記  基本呑んだくれ、時々真面目にアツく


テーマ:

6時30分から、私のエントリーしたD組みの出走は8時。

緊張を感じるほど、

意気込みを持っているわけではないが、

待ち時間が落ち着かない。


週一ライダーでも積み重ねたものがあれば、

完走しきれる自信に繋がるだろうが、

今回は、その積み重ねたものが無い。

ゴールが出きるのかと言うより、

道中の過酷さを想像してビビっているのかもしれません…


「景色と時間を楽しもう」と言い聞かせて、

待ち時間を過ごしました。

スタート
序盤はペースを押さえて、

時間を気にせず、最後まで走りきろうと。


スタート直ぐに大きく左へのヘアピン、

ここから登りの始まりです。

ペース、心拍数を押さえようと思うものの、

瞬く間に心拍数は天井まで上がります。

心拍数を押さえよう押さえようと、

しかし、脚が重い

毎度ながら国民休暇村までの約3キロ、

自分のペースにハマるまでキツかった。


脚の回転が上がらないものの、

練習していない脚では、

これは仕方ないと思いながら、

そんなころ、あとでニュースになっていたことを知ったが、

蜂にちょうど襲われた場に居合わせ、

手で払いながら、

ダッシュで逃げ切り振り切り、


蜂以上に辛く突き刺さる坂、坂、坂を登っていきます。




まだ5キロか。

いやいや、もう5キロも走ってしまった‼

あと、15キロしか楽しめないんだよ。

と、独り言をいいながら…


マシントラブルか、歩いている人を見て
「いいな…」

なーんて、考えちゃ失礼だ❗

と、

繰り返しペダルを回し続けました。

木々が低くなり、

暑く感じてた気温が、冷たさを感じ、

目の前に広がる大雪景。

やはり良いもんです。


別の行動で山登りをしていた母親にゴールを見届けられて、

今年の乗鞍は終わりました。




今回、

サイクルコンピュータのセンサーをもう一台のバイクから外すのを忘れて忘れて、

GPSたよりの結果が反映されました。

どういうわけか、走行距離もタイムも混乱を招くような数字で、

高低差は14mの表示。

ストラバは消去させていただきました。

フォローしていただいた方々には申し訳ございません。



乗鞍。
今年もお世話になりました。

また、来年。





いわんちょさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス