【コロナにまつわるQ&A】テレワークにおける移動時間はどのように扱うのか? | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば
新型コロナウイルスに関する情報について

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

Q.今回の小学校などの休校への対応のため、半日テレワーク制度を導入しました。本人の希望する時間に移動し、自宅では自分の選択した時間帯に就業することができます。社員より「会社に出勤した後、家に帰って仕事をする場合、会社から家に帰るまでの時間は勤務時間に含めてよいのでしょうか?」と質問がありました。この場合どうなのでしょうか?

 

A.通勤時間と考えますが、勤務時間となることもあるので注意が必要ですね。

 

通勤時間は必ずしも朝晩だけになるとは限りません。

例えば、昼休みにいったん帰宅し、昼食を済ませて再び出社するような場合、も、「通勤」と考えられます。労災保険でも、その往復中の災害は通勤災害と認められます。

 

 

ご質問のように、午前中だけオフィスで勤務をしたのち、午後から自宅で勤務する場合等、勤務時間の一部でテレワークを行うときも自宅と勤務先の間の移動なので、通勤時間と考えるのが自然ですね。

 

一般的には、今回の移動中については、通勤時間と考えますが、会社の指示のもと移動中にもPCで仕事を続けているような場合は勤務時間となり得ますので注意が必要です。

 

 

【ドリームサポート社会保険労務士法人 菊地 樹里亜】

 

 

--- 

~人の「らしさ」を活かす社会をつくる~

ドリームサポート社会保険労務士法人

HP   http://www.dream-support.or.jp
FB   http://www.facebook.com/annakajimusyo/