【コロナにまつわるQ&A】初のテレワーク! 注意すべきことは?  | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば
新型コロナウイルスに関する情報について

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

Q. コロナの影響で、テレワークを推奨されています。既に会社からノートPCは支給されました。

テレワーク・在宅でできる業務を上司に申告し、OKを貰ったら始められます。ただ正直、自宅で仕事をしているイメージがありません。まずどうしたらいいでしょうか?

 

 

A. 出社しなくても業務ができるテレワーク。便利ですが、オフィスとは異なる環境なので、注意が必要です。特に以下3点 ①労働時間管理 ②セキュリティ ③作業環境について確認しましょう。

 

 

① 労働時間管理

会社によりますが、始業・終業を伝える必要がある場合は、オフィスワークの時以上に正確な時刻を伝えるようにしましょう。不正確さは、信頼関係の崩壊を招く可能性があり、会社にも従業員にもメリットがありません。

「家で集中して、気づいたら結構な時間が経っていた」「中抜けで少し家事をしていたら予想以上に時間がかかってしまった」ということもありえるので、時間を意識することが普段以上に必要です。

 

② セキュリティ

カフェなどで行う場合は、端末を放置しないこと、PC端末はプライバシーフィルターを使用してのぞき見防止をするようにしましょう。

回線利用についても、暗号化されていない公開ネットワークは使わないなど、会社のガイドがある場合は従うようにしましょう。

 

③ 作業環境

照明の明るさ、椅子の高さなど、作業しやすい環境になるようにしましょう。

なお、在宅の場合はオフィスにいるより歩数が少なくなることが多いので、休憩時間に散歩や軽い運動をしてもよいかもしれません。

 

 

<番外>

皆が在宅勤務になったり、一部の人が在宅勤務になったりすると、いままで何となくオフィスで行われていた、雑談含め情報共有が難しくなる場合があります。

チャットツールや掲示板、Web会議など、積極的にオンライン上で情報共有していくと良いでしょう。特に報告が上がっていきにくくなりますので、上司が積極的に情報を取りに行く姿勢が大切です。

 

 

テレワークをしたい人、したくない人、様々だと思いますが、業務の種類によっては、慣れてくるとテレワークの方が実施しやすい場合もあります。また、通勤時間の減少、家庭や病気との両立がしやすくなる、災害時に業務再開がしやすくなるなど、メリットもたくさんあります。

私も以前はWeb会議に違和感がありましたが、何度か実施してみると、意外とそれを感じません。

直接会えることの恩恵も感じつつ、オンラインツールも充実してきているので、色々利用していきましょう!

 

 

  【ドリームサポート社会保険労務士法人 太田祐子】

 

 

--- 

~人の「らしさ」を活かす社会をつくる~

ドリームサポート社会保険労務士法人

HP   http://www.dream-support.or.jp
FB   http://www.facebook.com/annakajimusyo/