【コロナにまつわるQ&A】交通機関の混雑緩和対策 企業の取組は? | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば
新型コロナウイルスに関する情報について

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

Q.新型コロナウイルス感染防止のため交通機関の混雑緩和の対策として、企業はどのようなことを取り入れたらよいでしょうか?

 

 

A. 新型コロナウイルス感染防止のため駅構内では時差出勤やテレワークを促すアナウンスが聞こえてきます。

業種によっては在宅勤務が難しいこともあるでしょう。スモールスタートとして時差出勤を取り入れてみましょう。

 

 

時差出勤とは始業の時刻を繰り上げ、繰り下げ、変更することです。

始業時間を調整するのみで、1日の所定労働時間は変わらないことに注意しましょう。

 

時差出勤では始業時刻を

 

① 一律に9時から10時30分などと変更するパターン

② 7時、9時、11時といくつかにわけて選択できるパターン

 

などが考えられます。

 

②の場合はこれまでの同一の始業時刻から、複数の始業時刻で業務を始めることになります。その結果、「打合せしようと思ったら、時差出勤の遅番でまだ出社していなかった・・。」などということが起こり得ます。

自分の業務にかかわる社員と事前に時間の調整をすることがタスクとして必要になります。しかし、これも慣れの問題かと思います。

この機会を、業務の見直しのチャンスととらえ、単独でできる業務なのか、ほかの社員との連携が必要な業務なのかという視点で見つめ直してみると、思わぬ仕事の効率化が図れるかもしれません。

 

「始業時刻が前倒しになったけど、終業時刻は今までと同じで、むしろ長時間労働になってしまった」という声も聞かれます。始業時刻の繰り上げについては、設定する始業時刻に十分な検討が必要です。

 

また時差出勤だと帰社時刻が遅くなるという懸念に対しては、この際、フレックスタイム制の導入へトライしてみてはどうでしょうか?

 

フレックスタイム制は一定の期間についてあらかじめ定めた総労働時間の範囲内で、従業員が 日々の始業・終業時刻、労働時間を自ら決めることのできる制度です。

 

業務量に応じて1日の労働時間を調整することができるので、時差出勤よりもさらに柔軟性があります。

 

新型コロナウイルス感染防止対策という名目で試験的に期間限定にて実施し、生産性向上に効果があれば継続する、効果がなければ廃止する。

新型コロナをきっかけとして今が試験的導入をしやすい時かもしれませんね。

 

【ドリームサポート社会保険労務士法人 社会保険労務士 守屋 志保】

 

--- 

~人の「らしさ」を活かす社会をつくる~

ドリームサポート社会保険労務士法人

HP   http://www.dream-support.or.jp
FB   http://www.facebook.com/annakajimusyo/