【オープンセミナー開催】『新36協定の結び方と残業規制への対応』実務セミナー | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

 ドリサポの国分寺セミナールームにて、3月5日(木)にどなたでも参加できるオープンセミナーを開催いたします。テーマは、『新36協定の結び方と残業規制への対応』

登壇者の竹内 潤也(ドリサポ役員・特定社会保険労務士)よりメッセージです。

------

働き方改革で、「もう残業はさせられないの?」 「もう残業はしちゃいけない?」 といった声をよく耳にします。


確かに、働き方改革関連法による法改正で残業が規制されるようになりました。


しかし、だからといって残業自体がNoとなったわけではありません。


過重な残業を減らしていきましょうというものであって、「残業総量規制」などと呼ばれます。


 これまでは、手続きさえきちんと行えば、実質的には残業時間に法律上の上限はありませんでした。

 

それを今回の法改正で、1ヵ月あたりの残業時間の上限を設けることになったのです。

 

したがって、この上限の範囲内であれば残業は可能です。

 

ただ、これからは、時間がかかっても仕事が終わればよい・終わらせればよいという考え方ではなくなり、上限の範囲内でどのように仕事をおさめていくか、またさらに運用やマネジメントがより重要になっていくといえるでしょう。

 残業を適法に行うための手続きである「36協定」も法改正によりあわせて変更になりました。

 

今回のオープンセミナーでは、新様式の36協定の書き方とともに、残業の上限規制についても理解を深め、適切な運用に向けて準備を進めていただけるようにしていきたいと思っております。

 

 竹内 潤也

 

 

■オープンセミナー情報

 法改正の対応は、お済みですか?

 『新36協定の結び方と残業規制への対応』実務セミナー

 日時:3月5日(木) 14:00~16:30

 詳細:https://www.dream-support.or.jp/archives/2657

 

 

~人の「らしさ」を活かす社会をつくる~

ドリームサポート社会保険労務士法人

HP   http://www.dream-support.or.jp
FB   http://www.facebook.com/annakajimusyo/