弊社所属社会保険労務士、高澤が『育休パパ・ママの職場復帰セミナー』で自身の体験を語りました。  | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

10月29日、東京都労働相談情報センター八王子事務所主催の『育休パパ・ママの職場復帰セミナー』が東京都府中市の市民活動センタ―で行われました。

 

本セミナーは、育児休業後に職場復帰する際の不安を解消することを目的とし、仕事と家事育児の両立ポイントを解説するというものです。

育休後アドバイザーの小川嘉代子先生による講義と、経験者の体験談、参加者との懇談を通して職場復帰を支援しています。

 

経験者として登壇した高澤は、自身が出産を機に会社を退職し、その後専業主婦を経て社会保険労務士として再就職を果たしました。このような経験から、女性が出産後も社会で活躍できるよう支援をしたいという思いが強く、毎年このようなセミナーで女性の職場復帰を支援する活動を続けています。

 

高澤は、自身のある1日のスケジュールをお話ししながら、ライフワークバランスを保つための工夫や気持ちの持ち方などを伝えました。

家事の工夫例として、『食事は土日に作り置きして、足りない分はお惣菜も利用する。』また、自分の時間を作る為に、『家事などは完璧を求め過ぎず、たまに手抜きをする。』など具体的にお話ししました。

悩みの多い例として、時短利用や子どもの病気で休む際の気持ちの持ち方についてもアドバイス。『「他の人に迷惑をかけて申し訳ない」と思うのではなく、「有難う」という感謝の気持ちでいること。』など前向きな気持ちで過ごすことが大切、と語りました。

 

参加者との懇談会では、「帰宅後から寝かしつけまでの時短方法」「家事をいつやるかのタイミング」「資格を取るための時間をどうやって作ったか」「時短勤務を他のメンバーにどうやって理解してもらうか」 などさまざまな質問が飛び出し、参加者1人1人の悩みや不安にお応えしました。

 

 

週4正社員制度を採用しているドリサポでは、平日1日のお休みを社会貢献や自己研鑽など、仕事以外の自分のやりたい事に充てているメンバーがたくさんいます。

 

今後も、週4正社員メンバーがどのような活動をしているかなど紹介していきますので、ぜひお読みください!