【登壇実績】東京都社会保険労務士会『社労士事務所経営講座』に弊社代表安中が登壇致しました。 | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

 9月26日、東京都社会保険労務士会館にて事務所経営講座が開催されました。この講座は、事務所経営に関する知識の習得及びアイデアの共有の場として企画され、名南経営代表・大津先生と弊社代表・安中がそれぞれの経営体験や経営者としての目線、経営のコツをお話ししました。

 

 弊社代表・安中のタイトルは、『事務所経営のターニングポイント~わたしの経営体験~』。事務所開業のきっかけから、法人化するまでの経緯、ターニングポイントとなった「人」「人脈」の話など、自身の体験談をお話ししました。また、実際にドリサポが提案している商品やその値決めのコツ、「週4正社員制度」のロールモデル企業として自社の取組や制度についても具体的にお伝えしました。

 

 名南経営の大津先生はのタイトルは、『なぜか仕事が舞い込む社労士事務所の作り方』。どのように営業をすれば企業のニーズをとらえることができるのかと悩んでいる若手社労士のみなさんに向けてお話ししました。「仕業の営業は原則的には農耕型」「金なし、コネなし、実績なしを言い訳にしない」「スピードは品質」など分かりやすい言葉での語り口が、参加者を惹きつけました。また、働き方改革や少子高齢化の社会変化の中で、今後どのようなニーズが高まるのかという具体的な内容についても解説。最後に、これからの社労士は、「人を大切にする企業」づくりを支援し、「人を大切にする社会」の実現に貢献する、「ヒトと組織の専門家」へと変化していると述べました。

 

 参加者の方からは、

 

「ネーミングのセンスが素晴らしい。」

「話し方などがとても聴きやすかった」

「もっと内容を聴きたかった。」

 

など、とても好評をいただきました。

社労士のみなさま、ありがとうございました。