【セミナー実績】「同一労働同一賃金への対応策」研修会①・②開催しました。 | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

8月29日、ドリサポ 国分寺セミナールームにて顧問先さま限定のセミナーを開催しました。

 

 今回のセミナーは午前と午後の2部制で開催。午前は、「同一労同一賃金」法改正の具体的な対応について各社さまに応じた対応策へ導くセミナーを行いました。午後は、同一労働同一賃金に関連して、派遣法改正への対応策について詳しく解説しました。                           

 

午前の部(研修会①)では、「同一労働同一賃金」の法改正の内容をおさらいした後、ワークを交えて各社さまに応じた対応をドリサポの担当者とともに考えていきました。

まず、大前提として安中が強調したのは、「法改正への対応自体が目的なのではなく、各社の人事制度上の課題の解決さらに経営課題の解決・達成が目的であり、その一環としての法改正の対応と捉える」こと。

そのために、下記のような具体的な段階を設定し、考えていきました。

 

1) 「各社様に応じた施行日の迎え方」を考える(ゴール)

2) 「人事制度上の現状の課題」を考える(スタート)

3) 「施行日までの対応スケジュール」を考える(ステップ)

 

このワークを通して、各社さまにとってどのような取組が必要なのか、また施行日までの計画をナビゲーションしていきました。

 

午後の部(研修会②)では、派遣労働者の「同一労働同一賃金」への対応として、派遣先均等・均衡方式と労使協定方式について解説し、どちらの方式で対応すべきかの判断について具体例を交えてお話ししました。

 

お客さまのアンケートから、まだ「同一労働同一賃金」への対応が「できていない」という回答が多くありましたが、法施行をきっかけに各社さまの課題解決への道筋がつけられるようドリサポ一同サポートさせていただきたいと思います。

 

ご参加いただきました企業の担当者さま、ありがとうございました。