【週4メンバーインタビュー】第11回「週4正社員®で世界が拡がる」 | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。

営推チーム田所です。

 

週4正社員インタビュー、第11回は、いつもオシャレならーちゃんです。

********************************************************

 

田所

よろしくお願いします。らーちゃんの前職を教えてください。

 

らーちゃん

私は卒業してからずっと大手外資系保険会社で働いていました。15年ほどでしょうか? その後、某会社の嘱託社員として約1年半勤務しました。

 

田所

わ!随分長く働いてらっしゃったのですね?一度もブランクはナシ?

 

らーちゃん

無いです。一度も夫の扶養に入ったことが無いんです!

 

田所

素晴らしいですね。大手外資系保険会社を転職したきっかけは何だったのですか?

 

らーちゃん

大手外資系保険会社が本当にハードだったのです。外資系ということもあり、成果主義で社員全員がハードに働いていました。また、報奨金制度があったり社員旅行があったりと、充実していました。でも子供が生まれ、少しずつ、がむしゃらに働くことに疑問を持ち始めたんです。私自身、小学生のころが一番母親と仲良かったんですね、その時代のことを思い出すと幸せな気分になって。そうしたら、自分の子供達が今小学生なんですが、側にいたいな、今じゃなければいつ側にいてあげられるのかな、、と思ったり。

 

田所

わぁ。なんだかジーンときます。らーちゃん自身の素敵な思い出が強くて、お子様たちにもそうしてあげたいと思ったのですね。

 

らーちゃん

あと、その大手外資系保険会社は、60歳が定年で、その後事務サポートとして65歳まで働ける制度があったのですが、その人達をみていると、皆、60歳までのハードさを忘れられないのか、でも会社にはもう居場所がないのか、すぐに辞めていくんですよ。その姿を目の当たりにして、60歳までがむしゃらに働いて、仕事以外の世界を探せず、かといって今までと同様の仕事は出来ず、中途半端でなんだか辛く思えて。まだ先の話ですが、老後に繋がる別の世界を確立しなければと思ったのです。

 

田所

今度はなんだか切ない話ですね。「仕事に生きる」ことが悪いわけではないですが、自分はそれを望むかということですね。

 

らーちゃん

そうなんです。がむしゃらに働き「仕事だけが自分の世界」ということが自分の望んでいることなのか疑問に思ってしまって。それで別の会社に転職したのですが、今度は。。

 

田所

今度は?何があったのですか?

 

らーちゃん

暇すぎたんですよ~!!

 

田所

えー!そんなに?

 

らーちゃん

私が配属された部署の特徴なのか、嘱託社員だったからか、本当に暇だったんです。前職との差が激しくて本当に退屈でした。同僚は皆いい人で、仕事中にお菓子を食べてわきあいあいとしたりして。でもこれじゃまずい、、、と思ったんですよね。

 

田所

ずっとバリバリ働いてきたらーちゃんだからこそ、まずいと思えたのでしょうね。ぬるま湯に浸かっていられないと。

 

らーちゃん

そして、また転職活動を始めました。ドリサポの求人で「週4正社員®」の文字を見てピンッときました。週4でしかも「正社員」!理想の形だと。

 

田所

入社してどうですか?週4、暇じゃないですか?(笑)

 

らーちゃん

全く暇じゃないです(笑)。むしろ、1日1日、とっても集中して働いています。家庭との両立を考えたとき、今までは毎日仕事時間を短くすることばかり考えていましたが、今は1日週休があるから!という思いで、残業することもありますし。

 

田所

メリハリですね。

 

らーちゃん

そうなんです。すごくメリハリがあって気持ちよく働いています。

 

田所

社労士という点はいかがですか?

 

らーちゃん

もともと、社労士の仕事については、長く働く中で、働き方について調べたり、友達の会社はどうか話を聞いたり、就業規則をよんだりしていたので、興味がある分野でした。

「働く人の力になりたい」という思いもありましたし。

 

今は、給与計算や手続きについての業務が主ですが、自分で予想していたよりも得意かもしれません。

ただの作業ではなく、パズルを組み合わせていくような、記憶力との戦いのような、そんな部分に面白さを感じるところがあります。給与計算や手続き業務から見えてくる顧問先さまの会社のらしさもあります。

今後は、労務相談等にも対応できるよう、頑張ります。

 

田所

「記憶力との戦い」というところにバリバリ働いてきたらーちゃんのらしさがみえますね。。。

ところで、お休みの日は何をされていますか?

 

らーちゃん

今は子供の学校関係が多いかな。あと、実は、月に2回程度青山のアパレル会社の事務もやっています。

 

田所

えー!知らなかったです。でもいつもオシャレならーちゃんにピッタリですね。

 

らーちゃん

ありがとうございます。事務なのでオシャレとは直接は関係ないですよ。ただ、職場も自宅も東京の西にあるので、ちょっと東に出てリフレッシュしている感はありますね。

 

田所

そんな動機ですか!(笑)

ところで、「週4正社員®」のデメリットはありますか?

 

らーちゃん

業務に不慣れなこともあり、週休をまだまだ十分に活用出来ていないこともあり、仕事が忙しかったりすると正直週休がいらないかも、、、と思ってしまうときがあります。週休を自己啓発に使ってうまく仕事にも還元出来たらいいんですが。

 

田所

そうですね。一緒にその方法を探っていきたいですね。

最後に「週4正社員®」が向いているひとってどんなひとだと思いますか?

 

らーちゃん

やっぱり、時間管理ができる人ですね。うまく活用している人は仕事を見ていても時間管理が上手です。あとは、色々なことに興味をもっている人かな休みが3日あると、プラスたった1日ですが世界が拡がります。

 

田所

ありがとうございました。

 

**********************************************************

私には、らーちゃんはオシャレで真面目なメンバーという印象が強かったのですが、今回のインタビューで、すごい努力家で家庭にも仕事にも愛情たっぷり、そしてユーモアあふれる女性でもあるということがよくわかりました。

また違うらーちゃんの世界を垣間見られたイ貴重なンタビューでした。

 

次回もお楽しみに!