【ドリームセミナー】「同一労働同一賃金」時代の歩き方! を開催しました。 | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。


テーマ:

Dream Seminarは、人事・労務環境が激変する今、まず顧問先のみなさまにお伝えしておきたいこと、をコンセプトにした自主開催セミナーです。

本セミナーは3月20日に開催したセミナーと同じ内容ですが、前回セミナーに参加できなかった方の声にお応えし、また今国会での「働き方改革」関連法案成立を間近に控え、重要度の高いテーマである為再演いたしました。

 

セミナーの前半は、政府が推進する「働き方改革」について、その実行計画の中身と労基法等の法改正について新設された「高度プロフェッショナル制度」などの内容も踏まえ解説しました。また「働き方改革」の目的と企業経営に与える影響について例をあげて分かり易く話しました。

後半は、正規労働者と非正規労働者の待遇差について。同一労働同一賃金ガイドライン案に沿いながら、合理的な理由付けのある賃金手当制度を作るべきだとしました。その具体的施策として、各企業にあった最適な労働時間制度の活用や新たな雇用区分創設等をご紹介しました。

最後に、新たな人事施策を整備するにあたり、まずどのような事に着手すべきかを明示し、ドリサポで採用している「Lポジションマップ」による人事制度などを例にとりながら制度策定へのイメージを持っていただきました。

 

ご参加いただいた皆様からは、

「これから会社として改定すべき事が多くあるので、とても参考になった」

「近々で取り組むべき課題に気づくことができ、大変参考になった」

「『働き方改革』の背景や実例の説明もあり、非常に分かり易く勉強になった」

などのお声をいただきました。ご参加いただいた皆さま、有難うございました。

 

参加者みな様に、今後ご希望されるテーマについてお聞きしたところ、「働き方改革関連」「今後行われる制度改正」「新たな人事制度導入に関して」「飲食業や深夜勤務業を対象にした人事労務制度」「名ばかり管理職問題への対応」など、様々な具体的テーマをあげていただきました。今後、上記のようなテーマについてのセミナーの実施を検討していきたいと思います。

 

次回開催決定のセミナーは、

7月27日(金)「社労士は見た!行政が指摘する賃金台帳のポイントはココだ!」

給与計算のご担当者さまが普段悩まれているひっかかりポイントなど、弊社代表 安中が話します。

どなたでも参加できるオープンセミナーとなりますので、ぜひご参加ください。詳しくはHPのニュースをご覧ください。

https://www.dream-support.or.jp/archives/1894

 

ドリサポメンバーズブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります