ドリサポ水曜セミナー「副業・兼業について」 | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。


テーマ:

昨年、政府の「働き方改革」として正社員の副業や兼業を後押しするためのガイドラインを受け、厚労省が今年の1月に「副業・兼業ガイドライン」を公表しました。この最新トピックスを弊社所属の社労士、小平が取り上げました。

まず、企業における副業・兼業制度については、ほとんどの企業が「認めていない」という実態がありますが、政府は労働人口が減少する中で積極的導入する意向を示し、企業側や従業員にとってのメリットを挙げていることを話しました。

そして、副業・兼業を認める際には、使用者は労働者の労働時間や健康状態を把握する必要があり、その範囲や手続き等を定める旨を就業規則に盛り込む必要がある等、ガイドラインの重要部分を抜粋し解説しました。

その他、2以上の会社に雇用される場合の社会保険の取り扱いについて触れ、メンバーからは「ダブルワークの際の残業時間の起点はどうなるのか?」など質問が飛び出しました。

兼業・副業に関しては、様々なケースがあり、法的な決まりが無い部分もあるので、ケースバイケースの対応になることが多いようです。

私的な感想ですが、ガイドラインが公表されたとはいえ、デメリットも多く実際にダブルワークを実現するには難しいと感じましたが、メリットの部分に光をあてて、「新しい働き方への道が開かれる」ことは良いことだとポジティブにとらえていこうと思いました!

 

では、次回のドリサポ水曜セミナーもお楽しみに☆

 

 

ドリサポメンバーズブログさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります