【掲載情報】月刊人事マネジメント1月号「懲戒処分をめぐる人事担当者の困惑」 | みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

みんなの人事法務サービス ドリサポメンバーのひろば

ドリームサポート社会保険労務士法人(通称「ドリサポ」)は頼れる労務の専門家集団です。
●御社の夢を叶えるお手伝いを人事法務分野からサポート●任せて安心の給与計算●従業員と会社が「もっとよくなる」就業規則●労使トラブルの未然解決 ●障害年金の申請もどうぞ。


テーマ:

営推チーム 田所です。

 

今日は、弊社代表安中が寄稿した月刊人事マネジメント1月号「懲戒処分をめぐる人事担当者の困惑」について書きます。

 

月刊人事マネジメントには、昨年の11月号から、「人事の課題解決の指針~ドリサポお悩み相談室~」と題して、人事担当者の方からドリサポによせられる数々のお悩みの中でも、特に多い課題について、解決方法や心構えなどを、書いています。よくあるお悩みの処方箋ともいうべき内容です。

 

第3回は、安中が懲戒処分について、書いています。

安中はこの記事の中で、懲戒処分を実施するにあたっての注意点、プロセスと、具体的事例、そして最後は「懲戒処分の実務で最も重要なことは『従業員の話を丁寧に聞くこと』」」と言っています。

 

温かい言葉だなぁと思います。仕事に限らず、自分の話を丁寧に聞いてもらうと、自分が承認された、と感じますよね。逆に、誰かの話を聞く、ということは、相手を承認、尊重していると示す態度のひとつだと思います。それも最高位の。

 

編集部のご厚意により、転載します。ぜひお読みください。

記事PDF→https://drive.google.com/file/d/1eYU3Cqa4RGUs1LJ5IZtmXdkJo-hLML9g/view?usp=sharing

 

ドリサポメンバーズブログさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります