最近のタブラ演奏(12月3日)の動画 2 | 【インド辺りへの細道】 タブラ&ドール奏者 「森山繁」

【インド辺りへの細道】 タブラ&ドール奏者 「森山繁」

インド、パキスタンの音楽や言語などの文化を中心に、思ったこと感じたことを書いています。


テーマ:
前のブログでの動画に続いて第二弾!(第一弾はこちら
この動画のタイトル「dhir dhir」というのは、タブラの音を口で表したものなのです。


そこで、
「なぜ口で表す必要があるの?」(子供)
「それはね…、
タブラをはじめ、インド音楽では楽譜を使わないからなんだよ。」(おじいさん)

「じゃあ、なんで楽譜を使わないの?」(子供)
「紙に書けないくらい大事なものだからだよ。」(おじいさん)


で、「dhir dhir」の「dhi」は右手の手のひら小指側で皮全体をたたく音、「r」は右手の手のひらの親指側でたたく音の名前なんです。

※再生する前に音量調整してくださいね



01:37からが件のdhir dhirの箇所です。

-tir  kittak
dhirdhir kittak
dha tir kittak 
tina kittak ~ ~ ~
と進んでいくのですが、01:54からは01:37を倍のスピードでたたいたものです。

タブラのソロの部分は、まずゆっくりしたテンポでタール(リズムサイクル)1~3周分を演奏して、そののちに同じフレーズ群を倍のスピードで叩くのが一般的にみられる様式です。

わかりました~?
さらに詳しく知りたい方は私のHPの「タブラ入門」をご覧になってください
(余計わかりにくいかもしれませんが…)
「タブラ奏者 森山繁 オフィシャルウェブサイト」


~~~~次の演奏の予定~~~~

1月15日(日)
「The Music Of Our Hearts.Vol.1」(神奈川・橋本) 
 
出演
谷リエ子(シャンソン) 
楢崎五久枝(ピアノ)
伊藤公朗(シタール)
森山繁(タブラ)          

料金 前売り3000円 当日3500円 (全席自由)
会場 「サン・エールさがみはら」(相模原市立勤労者総合福祉センター)
相模原市緑区西橋本5-4-20 (JR各線橋本駅より徒歩10分)
お問い合わせ 
ウィズ ミュージックスクール
    (℡:042-760-2523, E-mail:ik-w.m.s@tbt.t-com.ne.jp)
 「シャンソンとインド音楽、両方楽しめます!」



森山繁タブラ&ドール奏者/ヒンディー語翻訳さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ