ストレングスファインダーの活かし方 その3 資質の組み合わせ | ストレングスファインダーで強みを活かす ストレングスコーチちしきのブログ

ストレングスファインダーで強みを活かす ストレングスコーチちしきのブログ

ストレングスファインダーのプロとして、ひとりの人間として、日々感じることを書いています。

ストレングスファインダーの活かし方 その1 資質の二面性
ストレングスファインダーの活かし方 その2 資質の4つのグループ分け

の続きです。


ストレングスファインダーの最大の特徴は、34個ある資質の組み合わせでその人を見ていくということです。


34個の資質から、上位5つに入る資質の組み合わせ(順位も考慮=順列)の数は、3,300万通りを超えます。


上位5つの資質の並びが自分とまったく同じ人は、日本中を探してもあと3人いるかいないかの計算になります。


もっと言えば、上位10個(実際に上位10個程度は日常的に表出している)で計算すると、その組み合わせの数はなんと一兆通りを超えてしまいます。


こうなると、世界中を探しても自分と同じ並びの資質を持つ人は他に誰もいないということがおわかりいただけると思います。


そして、資質から見たその人の傾向性の読み方は、単に個々の資質が独立してそれぞれに表れるわけではなく、資質同士のある種の化学反応があった上で表に出てきます。


そこをしっかり読み取ることも大事なのです。


例えば、私の例で言えば、様々な資質同士での化学反応が起こっています。(専門的には資質の組み合わせによるダイナミクスと呼んでいます。)


ちなみに私が普段意識している自分の資質は以下の10個です。


「最上志向」「調和性」「学習欲」「アレンジ」「適応性」「自我」「収集心」「内省」「分析思考」「責任感」


影響力が2つ、人間関係構築力が2つ、実行力が2つ、戦略的思考力が4つです。


余談ですが、私の場合比較的4つのグループからバランスよく入っています。


これによって、良い意味で言えば全方位的に関心が向くので文字通りバランスが良いということになるし、悪く言えばいろんなところに関心が向いてしまい気忙しいということにもなります。


その意味では、むしろ思い切り偏っていた方が悩まなくて済むということだったりします。


結局のところ、資質の一つひとつに良い悪いはないし、それらの組み合わせに関しても同様です。


大事なのは、そういう自分の特徴を理解し自覚した上でどう生きるかです。


さて、本題に戻りましょう。


上記10個の資質に関し、いくつか組み合わせのダイナミクスについて考えてみます。


まずは「最上志向」x「学習欲」。


「学習欲」は文字通り“学びたい”資質です。


そこに「最上志向」が加わるとどうなるかと言えば、“どうせ学ぶならば最高のモノを最高の環境で学びたい”になります。


私が、ストレングスファインダーをアメリカのギャラップ本社(オマハ)まで行って学んだのも、まさにこの2つの組み合わせから来ています。


ちなみに、数回に分けてオマハまで学びに行った数十名のストレングスコーチが上位に持つ資質の中で、「最上志向」は“異常に”多かったのは言うまでもありません。(笑)


他、同じ「学習欲」で言うと「収集心」との組み合わせでは、学ぶ対象の幅広さが出てきます。


「収集心」は興味関心の幅が広くなりやすいのが特徴の一つなので、そうなるわけです。


ちなみに、「学習欲」は学ぶことそのもの、「収集心」は情報を集めることそのものが目的なので、それをどう使うかは考えていないので、あしからず。(笑)


他、「最上志向」は他との掛け合わせが出てきやすい印象を持っています。


例えば「責任感」との組み合わせです。


「責任感」は一度引き受けた仕事はきっちりとやり遂げます。(実行力なので、そう言い切ります。)


そこに「最上志向」が加わると、そのアウトプット、成果の質にこだわりが出てきます。


つまり、“決められた納期までに最高の成果をきっちりと出す”を知らないうちに自分に課してしまうわけです。


これを知らないままにやっていると、やっぱり苦しいですよね。


だからこそ、組み合わせによってどんなことが起こるのかをしっかり理解しておくことが大切なのです。


とは言え、これを一般の方がやるのはそう簡単ではありません。


こういった資質の組み合わせの読み込みのトレーニングを、継続的に実施しているストレングスコーチに読み込み(解説)を依頼するのが、やはり現実的です。


私自身も、これまでに多くの方に読み込みを提供してきました。


恐らくそのほとんどの方が、その効果に関しては半信半疑で申し込まれていると思います。


私も逆の立場だったらきっとそうだと思います。


それでも、この組み合わせを読み込んでいくことで、ここまで自分の思考のクセがわかるのか!と驚かれますし、その傾向を自分で自覚することで確実にその後の自分なりのより良い振る舞い方がイメージできるようになります。


せっかく診断を受けたのであれば、とことんその良さを使い切ってくださいね!


※ストレングスファインダーは、以下書籍に付属するアクセスコードを使用して診断を受けることができます。
診断方法は、こちら



伝え方解体新書伝え方解体新書 in 熊本 2016/10/22(土) 13:10~16:50
伝え方解体新書 in 福岡 2016/11/13(日) 13:10~16:50

個人向けサービス各種個人向けサービスを提供しています。

◆自分の強みを知り基盤を整える3ヶ月集中プログラム
◆ストレングスファインダー資質の読み込み
◆パートナー同士の資質の読み込み
◆ストレングスコーチング



ストレングスファインダーの受け方はこちらから。

無料メールマガジン無料メルマガ:才能を活かし楽に生きる方法

ストレングスファインダー、アサーティブをベースに、日常でのちょっとしたことに意識を向け、行動することでもっと楽に生きる方法をお伝えしています。



バックナンバーは、こちら