相続・遺言の無料相談専門司法書士!|大阪市内出張無料|遺言書に使う紙は? | 天王寺・上本町!コストを投資に変える!相続【提案型】司法書士しげもりのブログ

天王寺・上本町!コストを投資に変える!相続【提案型】司法書士しげもりのブログ

相続でお困りのあなたへ。
当事務所では、遺産相続・生前対策に特に力を入れております。
面談は、3000時間以上の相談実績がある代表司法書士繁森が
直接対応いたします。
相談は何時間でも何回でも無料です。
ぜひ、遺産相続の専門家である当事務所にご相談ください。

おはようございます!

 

外回りが大変な季節になってきて

 

早くも手袋が欲しいと思う

 

司法書士しげもり法務事務所

代表司法書士・民事信託士 
繁森一徳です。

 

 

自転車移動が多いので

 

早くも朝は

 

手袋が欲しいですね。

 

 

今から手袋、マフラーでは

 

真冬はどうするんでしょうね?!

 

 

週後半の木曜日

 

マイペースで仕事を片付けて

 

週末に向かって

 

がんばっていきましょう!

 

 

 

 

今日の一言動画です!

遺言書に使う紙は?

 

 

 

遺言書を作成するときの

 

紙!って

 

何か法律で決まっているのでしょうか?

 

 

結論としては

 

法律では何も決まっていません。

 

 

一般的には

 

便箋などに書いてあることが多いようです。

 

 

ただ、

 

便箋でなければいけないということではないので

 

例えば

 

色付きの紙、

 

折り紙とか

 

新聞折込の広告の裏とかでも

 

特に問題ありません。

 

 

しわくちゃの紙でも大丈夫です。

 

 

あとは大きさですが

 

A3の大きい紙に書いても大丈夫ですし、

 

手のひらサイズの小さい紙に書いてあっても

 

無効になるということはありません。

 

 

ただし、

 

遺言書というものは

 

長期間保存されるものになると

 

思われますので

 

耐久性のある紙にしておかなければ

 

いけないでしょう。

 

 

すぐにボロボロになってしまうような

 

古い紙では心もとないでしょう。

 

 

まあ、

 

本当は

 

公正証書遺言書の作成が

 

一番おすすめなんですけどね。

 

 

公正証書で作成すれば

 

基本的に

 

無くなることがありませんからね。

 

 

 

 

 

 

 

 

❶ご相談は何度でも、何時間でも無料!

 

❷大阪市内完全出張無料!


❸24時間年中無休!

 

❹1年間の無料保証付き!


司法書士しげもり法務事務所へ!

 

天王寺・上本町の司法書士しげもり法務事務所

https://shigemori-office.com/