相続・遺言の無料相談専門!|大阪市内出張無料|鉛筆で書いた遺言は有効ですか? | 天王寺・上本町!コストを投資に変える!相続【提案型】司法書士しげもりのブログ

天王寺・上本町!コストを投資に変える!相続【提案型】司法書士しげもりのブログ

相続でお困りのあなたへ。
当事務所では、遺産相続・生前対策に特に力を入れております。
面談は、3000時間以上の相談実績がある代表司法書士繁森が
直接対応いたします。
相談は何時間でも何回でも無料です。
ぜひ、遺産相続の専門家である当事務所にご相談ください。

おはようございます!

 

出張ついでに東京観光!

 

お茶の水→

 

秋葉原→

 

上野公園→

 

浅草寺→

 

東京スカイツリーと

 

歩いて回ってしまった

 

司法書士しげもり法務事務所

代表司法書士・民事信託士 
繁森一徳です。

 

 

一駅、二駅間隔なので

 

大阪のノリで歩いてしまいました。

 

 

さすがに

 

最後の東京スカイツリーまでが限界でした。

 

 

半日でしたが

 

楽しい時間でした。

 

 

最後は電車で

 

月島もんじゃを食べに行って

 

帰りました。

 

 

お休み中の日曜日、

 

猛暑日で大阪は36度ですが

 

のんびり日光浴でもやりましょう!

 

 

 

今日の一言動画です!

鉛筆で書いた遺言は有効ですか?

 

 

 

鉛筆で書いた遺言書って

 

有効なのでしょうか?

 

無効なのでしょうか?

 

 

法律上は、

 

鉛筆で書いたからといって

 

無効にはなりません。

 

 

しかし、

 

鉛筆で書いていると

 

何年も年数が経ってくると

 

書いていることが消えてしまうかもしれません。

 

 

消えてしまえば

 

書いたことの意味が無くなってしまいます。

 

 

また、

 

ボールペンとかと違って

 

鉛筆で書いたいると

 

消しゴムで消せますので、

 

容易に偽造が可能になります。

 

 

書き直しが簡単にできてしまいますね。

 

 

また、

 

今は消せるボールペンというものがありますが、

 

これも消して書き直しが容易にできます。

 

 

塗料とかが消しても残っているのかもしれませんが、

 

すぐには判別がつきません。

 

 

やはり、

 

すぐに訂正されない

 

ボールペン、

 

万年筆で書くべきでしょうね。

 

 

 

 

 

❶ご相談は何度でも、何時間でも無料!

 

❷大阪市内完全出張無料!


❸24時間年中無休!

 

❹1年間の無料保証付き!


司法書士しげもり法務事務所へ!

 

天王寺・上本町の司法書士しげもり法務事務所

https://shigemori-office.com/