天王寺・上本町|相続|兄弟で共有している不動産がある場合|大阪市内出張無料 | 天王寺・上本町!コストを投資に変える!相続【提案型】司法書士しげもりのブログ

天王寺・上本町!コストを投資に変える!相続【提案型】司法書士しげもりのブログ

相続でお困りのあなたへ。
当事務所では、遺産相続・生前対策に特に力を入れております。
面談は、3000時間以上の相談実績がある代表司法書士繁森が
直接対応いたします。
相談は何時間でも何回でも無料です。
ぜひ、遺産相続の専門家である当事務所にご相談ください。


テーマ:

おはようございます!

 

朝、1時間早く起きて

 

界王拳2倍の力で

 

仕事をこなした

 

司法書士しげもり法務事務所
代表司法書士・民事信託士 
繁森一徳です。

 

少しでも

 

早起きすると

 

気分がいいですね。

 

 

どこかの本に書いてあったのですが

 

朝、少しずつ早く起きて

 

普段の2倍の力で仕事をすれば

 

普段の何倍もの効果になるそうです。

 

 

それを真似て

 

頑張ってみました。

 

 

その時に使われていたのが

 

ドラゴンボールの

 

「界王拳」

 

というワザでした。

 

 

そのような気持ちで

 

挑むということですかね。

 

 

 

今日の一言動画です!

兄弟で共有している

不動産がある場合

 

 

父親が土地を持っていて亡くなったケースで

 

子供が3人いたとします。

 

 

このようなケースでは、

 

今すぐにこの土地を何かするわけではないし、

 

誰が相続するか決まらないから

 

3等分に3人共有にしておこうと

 

決めることがあります。

 

 

そのように決めておいて

 

何もせずに何十年か経ったら

 

その3人のうちのどなたかも亡くなられて

 

代が変わっていくこともあります。

 

 

例えば

 

3人のうち長男が亡くなれば

 

その長男の3分の1の名義が

 

その奥様、子供の名義になってしまいます。

 

 

このように

 

年月が経てば

 

どんどん人数が増えていくことになります。

 

 

減っていくことは考えにくいです。

 

 

どなたかが亡くなれば

 

その方の権利を

 

相続人がみんなで受け継ぐからです。

 

 

その結果、

 

そろそろ処分しようかと思った時には

 

何十人にも増えていることも考えられます。

 

 

何十人にも増えている状態で

 

売却等をしようと思うと

 

全員の印鑑証明書と

 

権利書と

 

実印が必要になってきます。

 

 

誰か一人でも

 

「売りたくない」

 

とか言って判を押してもらえなければ、

 

売却ができないことになってしまいます。

 

 

したがって、

 

共有という状態は

 

なるべく早く

 

早急に

 

解消しておくべきだと思われます。

 

 

その前に

 

対策としては

 

共有の状態を

 

最初から作り出さないことも

 

必要ですね。

 

 

❶ご相談は何度でも、何時間でも無料!

 

❷大阪市内完全出張無料!

 

❸24時間年中無休!

 

❹1年間の無料保証付き!


司法書士しげもり法務事務所へ!

 

天王寺・上本町の司法書士しげもり法務事務所

https://shigemori-office.com/

shigemori-officeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ