天王寺・上本町|相続|遺言で財産以外のことを書くには?|大阪市内出張無料 | 天王寺・上本町!コストを投資に変える!相続【提案型】司法書士しげもりのブログ

天王寺・上本町!コストを投資に変える!相続【提案型】司法書士しげもりのブログ

相続でお困りのあなたへ。
当事務所では、遺産相続・生前対策に特に力を入れております。
面談は、3000時間以上の相談実績がある代表司法書士繁森が
直接対応いたします。
ぜひ、遺産相続の専門家である当事務所にご依頼ください。
法律でご家族の問題を解決します!


テーマ:
おはようございます!
 
昨日は司法書士の同期の飲み会で
 
久しぶりに日にちをまたいで帰宅し
 
朝も玉突きで遅くなる
 
司法書士しげもり法務事務所
代表司法書士・民事信託士 
繁森一徳です。
 
今日の一言動画です。
 
遺言書で財産以外のことが書いてあったら
 
それを守らないといけないのでしょうか?

 

 

例えば、

 

「結婚するなら公務員としなさい」

 

「自営の人とは結婚を辞めなさい」

 

「孫にはぜいたくをさせるな」

 

「孫には国立大学に行かせろ」

 

とか書いてあることがあります。

 

 

遺言書は、原則、何が書けるか決まっています。

 

 

したがって、

 

それ以外のことはお手紙を書いたのと同じになります。

 

気持ちを現した形ですね。

 

義務とはなりません。

 

 

守らないといけないわけではないですが、

 

遺言書を書いた人の最後の言葉ですから

 

できるだけ叶えてあげたいですね。

 

 

ご相談は何度でも、何時間でも無料!

 
大阪市内完全出張無料!
 
24時間年中無休!
 
1年間の無料保証付き!

司法書士しげもり法務事務所へ!
 

天王寺・上本町の司法書士しげもり法務事務所

https://shigemori-office.com/

shigemori-officeさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス