天王寺・上本町の司法書士しげもり法務事務所のブログ

お話をお伺いすれば、司法書士が解決できることがたくさんあります。
当事務所では、お客様一人一人としっかりと向き合ってお話をするため、1日2組までの完全予約制(午前・午後1組ずつ)となっております。
法律であなたのご家族・家庭をお守りいたします。


テーマ:

こんにちは!

 

1日2組までの完全予約制で

お客様のお悩みに毎日向き合っております。

 

司法書士しげもり法務事務所

代表の司法書士 繁森一徳 です。

 

 

今回は、民事信託(家族信託)のメリット、デメリットについてお伝え

しようと思います。

 

 

まずメリットと言えば、

 

① 生存中から死亡後まで、自由で柔軟な設定(財産管理、資産承継)

   ができます。

 

② 信託は勝手に取り消しできません。遺言は何回でも取り消しを

   して、書き直すことができます。

 

③ 何世代も先の資産の承継者を指定できます。

 

④ 財産が渡る順番を決めることができます。

   「自分の財産を、まず、子供のいない後妻に与える。次は先妻の子

  に与える。」というように、順番を決めて財産を与えれますので、

  後妻の兄弟とかには財産が行かないようにすることもできます。

 

⑤ 倒産隔離機能があります。→信託財産は誰の物でもない財産に

  なりますので、委託者、受託者が破産しても差押を受けません。

 

⑥ 成年後見制度を補うことができます。

  (判断能力衰えても、財産管理、贈与ができます。)

 

⑦ 確実に利益渡せます。

 

⑧ すぐに始められます。

 

⑨ 確実に贈与できます。(名義預金にはなりません。)

 

⑩ 視覚障害者や聴覚障害者のような身体障害者、浪費者、 ギャン

  ブル依存者、アルコール中毒者(法定後見では対象にならない者)

  も民事信託が使える場合があります。

 

次にデメリットはというと、

 

① 成年後見では、本人の法定代理人として身上監護ができますが、

  民事信託(家族信託)ではできません。

 

② 遺言では、未成年後見人の指定、認知ができますが、民事信託

  (家族信託)ではできません。

 

② 信頼できる受託者の見極めが最も重要となります。

 

③ 遺留分は遮断できません。

 

④ 公正証書は費用かかります。

 

⑤ 節税対策にはなりません。

 

⑥ 受託者へ名義変更が必要となります。(人の名義になってしまい

  ます。)

 

⑦ 極端に細かく決めると硬直的になり逆効果になります。

 

⑧ 特別障がい者への特定贈与信託は信託会社の商品ですので、

  信託会社のみでしかできません。

 

⑨ 受託者の事務処理と責任が非常に重たいです。

 

⑩ 遺言代用信託、受益者連続型信託は、内容が登記簿に信託目録

  として記載されてしまいますので、他の相続人に内容がバレてしま

  います。

 

※未成年後見人、遺留分、特別障がい者への特定贈与信託、遺言代

  用信託、受益者連続型信託 等 用語説明なしに使用しておりま

  すが、後々深く掘り下げますので、全体の流れがイメージできれば

  幸いです。

 

 

以上が、メリット、デメリットですが、、、、

 

どんな制度でも、メリット、デメリットがありますが、上手に使えば、

これまでにはできなかった、財産管理と資産承継が実現できます。

 

次回は、遺言と成年後見との比較について触れていきますが、

 

最終的には、

 

民事信託(家族信託)

遺言

成年後見(任意後見)

3点セットで、60~80代の方をお守りできるよう考えております。

 

発展途上の民事信託(家族信託)で、1人でも多くの方が、安心して生活が送れるようになるお手伝いができればうれしいです。

 

 

 

ご相談は何度でも、何時間でも無料!
大阪市内完全出張無料!
万全のアフターケア!
司法書士しげもり法務事務所へ!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。