横浜家系ラーメン田中@神田三崎町 鬼こってり(並)編 2019年11月 | 下町親父の麺道・酒道・お気に入り

横浜家系ラーメン、ラーメン田中に行った。

店舗住所:東京都千代田区神田三崎町3-1-10

営業時間:【平日】10:30~23:30 【土】10:30~23:00 【日曜日】10:20~19:00

定休日:無休

※お店に確認をとった情報ではありません。

消費税増税後も価格の変更なき券売機、何を食べるか、気分的に鬼。

訪店時間的に厳しいと思いながらも、もしかしたらの期待感の豚切りおろし、やっぱり売り切れ。

 

食券を渡し、伝えた麺・味・油のお好み、日によって有無が異なる生ニンニクはこの日はあり、

遠慮なく。ライスの有無は大盛りで、などを伝えて着席。

鬼こってり(並)

麺=普通・味=濃いめ・油=多め、そして生ニンニク

大盛ライス

海苔・ホウレンソウ・チャーシューなどの定番の具、以上にインパクトあったアブラの層。

鶏油と背脂が加わるのが鬼、茶色の汁の上に透明色、そして浮かぶチャッチャの白コラボレーション、

 

見た目はコッテリ感満載のアブラの層。

見た目以上に飲みやすい、そしてトッピングでお願いした、ニンニクの風味がガツン。

二郎の様に添えてはいない、汁にブッこんである感の生ニンニクは刻みスタイル。

大中小異なるサイズの刻みニンニク、以前食べた時よりも量は多かっただろう、食後に余韻はしっかり。

家系定番の酒井製麺製のストレート中太麺、潤沢な大蒜の風味がしっかり、アブラ油脂が絡みまくり。

柔らかいチャーシュー、ライス専用となる海苔、クタッとしたホウレンソウ、

どれもこれも旨いぞ、旨いぞ、旨かった、満足。

かなりガッツリと盛られたライス。

汁が染み込んだ海苔、卓上の漬物と一緒に。

胃袋も満足。

ライスの食べ残しはいけません。

 

お米は一粒一粒農家の皆様が大切に収穫した結晶です皆のソウルフードであり続けるため諸外国にも誇れる日本人で在るためどうか一粒でも食べ残しがないように切に願います(お店より)。

 
 
‼️