磐座巡り1 後編

テーマ:
心も体もふわっとあったかくなる心身の調律師 直(ナオ)です。
 
いよいよ最後になりました。
 
最終の岩尾神社です。
奥谷さんの順路は、神社の発生形態を遡るツアーでもありました。
こちらは、一番古い形態に近い神体石があるところです。
ここはすごいですね。ここからでもわかります。^_^
 
{57B948CD-C059-4997-AEAF-58C0DB3786AE}
 
入り口について、圧倒されました。

 

{F50468E0-DD15-408B-B8EA-C6AAFBA8CB26}

 

 

{6430ADCE-2305-404B-8B26-18FAB88B16DD}

 

 

{36A4BCBA-7719-4807-BA05-0C359692FCC4}

 

 

{28ADC90E-3373-44FA-8A29-1AA11A8F5598}

 

 

{9574D0DB-8819-4F78-892C-5CCB87301E75}

 

 

{65DA4CD0-DB6C-47F3-A9D8-63D07792D317}

 

 

{D3D92CD3-0538-4FC9-B260-1B303D19ECB8}
 
ここは素晴らしいです。
今回は、いやずっと氣になっていたのはここに来るためだったのかもしれません。(不思議で怪しい言い回し笑)
あまりにも大きくて撮りきれてません。
この岩には十字ベルトがあります。
この周辺にも案内板に書いてある石が配置されているようです。
周辺も時間をかけて確認しました。
身体がものすごい勢いで共鳴していきました。
 
奥谷さんからお話を伺っていると縄文の頃からこの辺りには一定の人が住んでいたようです。
この北東側にも案内パンフレットには掲載されていない巨石がまだまだあって現在確認できているもので50数箇所あるとのことで今日見たのはほんの一部とのことでした。
また日を改めて案内をお願いし、ツアーを終えました。
奥谷さんありがとうございました。
 
巡ってみて感じたのは、従来からある神社への違和感がなんとなく今回のツアーでわかるような氣がしてきました。
平和から闘争へのシンボリックなものが形となって残ったのでそれに対する違和感かもしれません。
世に言うパワースポットとは性質が違う感じのところが多い感じがします。
 
今回の磐座ツアーで心身が変わったようです。
ツアー前にできていた口腔内のホクロも一晩でなくなりました。
引き続き山添村中心でこれからも色々巡ります。
(すでにお問い合わせ頂いています。笑)

何回かに渡るシリーズ投稿をお読みいただきありがとうございました。