磐座巡り1 前編

テーマ:
心も体もふわっとあったかくなる心身の調律師 直(ナオ)です。
 
先日、大阪のサロンオーナー様の方々から以前より氣になっていた名張市の北側にあたる奈良県山添村の磐座(イワクラ)を巡る日帰りツアーを企画して行って来ました。
 
これから何回かに分けて書いていきます。行く前から起きていたことやロマンを含めてシリーズの最後に現時点で感じたことを書いていきます。
 
朝8時の名張駅に集合です。
大阪組は6時自宅出発です。
 
駅でお願いしていた山添村観光ボランティアの会
副会長 奥谷和夫さんの案内でツアースタートです。(奥谷先生、ありがとうございました。)
 
 
{A56DB50C-F234-4142-9698-5B8CB7591E5C}
 
県道80号 奈良名張線が台風で不通になっているところがあってオークモントゴルフ場の山越えで山添村へ向かいました。
もうだいぶ復旧してきてましたが、まだところどころ復旧工事されていました。
 
奥谷さんから、少し登坂ありますがこちらからと今回最初の磐座の牛ケ峰岩屋桝形(うしがみねいわやますがた)岩へ。
 
{242478FE-C561-4167-9527-DF5F4EBCE7CE}
 
結構な登りで最近歩いたり登坂の機会が減った私も少し脚の感じが違っていてちょっと以前のような機会を作らなければと思いました。苦笑
 
一緒の方でお一人は山のベテランなので平気でしたが、もう一人の方は息が上がって何回か休憩しながら登られました。^_^
(また来るために日頃歩くことを誓っておられました。)
 
{4C648216-E8BB-4B33-AC8E-429EE76723E2}
 
目の前に大きな岩が!
 
{C0EA8356-AD7C-416A-B328-2285DF28BBE0}
 
ちょと見は上から転げたように見えますが、私には人為的に置いているように感じました。
 
{5CF5BFD0-A23E-4031-A74A-90A9CE612170}
 
村が作成した案内板です。
春分・秋分の日の光がちょうど石の下を照らして中が見えるとのことですよね
摩仏は後の年代のようです。
 
案内の方にお聞きするとこういうものを作るときに近くにはミニチュアのものが作られるとのことで探すと発見されていると。
割れた岩石が転んだだけとは思えない。ですね。
 
{5E26EE69-5405-4D4A-84C9-1F5BCD98B6CB}
 
次は行く途中にあった六所神社へ。
式内社です。
 
 
{72E4B4BC-9E70-4972-B572-B4F56B015C60}
 
{A33AE89D-DED1-4733-A177-6C9089F21B2D}
 
{A87C2B54-03DC-4978-818E-2A6E5DA48115}
 
こちらも岩が元々の御神体。
 
{91886325-C046-4681-B094-B3D7FD73CA7B}
 
よい場所でした。私はこの神社の社は無くてもよいと感じましたね。
 
{E5E3EF9A-E123-460E-8FF7-324749CE0F9D}

眺めもいい。
 
朝早く動き出したのでまだまだ時間がありますが、脚力に合わせた行程で行きます。
 
続く。