段差解消機 | STAY POSITIVE 車いすバリアフリー建築士のブログ

STAY POSITIVE 車いすバリアフリー建築士のブログ

車椅子バリアフリー建築士。ミュージシャン(サックス、ウクレレ、ボーカル)
2011年4月、転落事故で脊髄損傷(th-11)。
福祉住環境コーディネーターでもあり、住まいや外出などの車椅子生活日記。

段差解消機を室内に取り付けた例です。


$STAY POSITIVE! !
施工前


$STAY POSITIVE! !
施工後


車の後ろに玄関があるので、車を止めると幅が狭くて車いすで通れません。

そこで手前の壁を壊して電動のシャッターを取り付け、中に段差解消機を設置しました。

地面の傾斜も急だったのでハツってなだらかにし、雨でも車に乗り込めるよう小さい屋根も設置しました。

$STAY POSITIVE! !
中から見た図


$STAY POSITIVE! !
試乗中 この時まだ入院中だな。


シャッターはリモコンで開閉できるので便利です。


問題点としては一階にベッドを持ってくる場合、間取り的にどうしてもシャッター横しかないので冬寒くて暖房代が高くなってしまいます。

あと夜中に帰ってきた時なんかはシャッターの開閉音で家族を起こしてしまったりしますね。


でも総合的に考えるとベストな方法だったと思います。



どうしても庭の幅が狭いので車を止めると玄関に行くのに狭い隙き間を通らなければなりません。


佐川急便のお兄さんがウォーターサーバーの水を持ってくるのいつもちょっと大変そう。


佐川急便のお兄さんいつもありがとう!