トイレの改修 | STAY POSITIVE 車いすバリアフリー建築士のブログ

STAY POSITIVE 車いすバリアフリー建築士のブログ

車椅子バリアフリー建築士。ミュージシャン(サックス、ウクレレ、ボーカル)
2011年4月、転落事故で脊髄損傷(th-11)。
福祉住環境コーディネーターでもあり、住まいや外出などの車椅子生活日記。

ブログタイトル変えました。

カーディエル先生の言葉 [ STAY POSITIVE ] 。

なんかこっちのがしっくりくる気がしたので。



今日は自宅のトイレ改修した時の話です。

僕の場合妻が妊娠5ヶ月の時に受傷したので、リハビリも住宅改修工事も出産に間に合うように急ピッチで進めていました。

そのため当時はどういう風に改修していいものかイマイチ解りませんでした。

いずれにしても住宅改修は退院に間に合うようにした方がいいので、当時の僕と似たような境遇の人は結構いるような気がします。


$STAY POSITIVE!  (脊髄損傷)

うちの場合、リビングと階段の間にトイレがあったので壁自体をずらすという方法を取りました。

左右の写真、窓の大きさは変わってないので窓を見比べるとかなり広くなっているのが解ると思います。

またトイレ前の廊下も拡張して結構スペースがとれたので、手前扉側の壁もずらしました。

奥行きも広くなり、車いすでも楽に回転できます。


そして便器を横向きにして、手すりを付けました。

車いすを斜めにアプローチして移乗します。

便座に座っている時は車いすを横に並行に置き、車いすのアームレストが左手の手すりになります。


$STAY POSITIVE!  (脊髄損傷)

扉は折れ戸に変えました。車いすでも全然使いやすいと思います。

去年行った福祉機器展ではこんな感じの折れ戸で、両側から押しても開く物を何社か出品してましたね。




僕のように両下肢完全麻痺の場合下剤や座薬を使って排泄をするのですが、僕の場合2~3時間トイレに籠ります。

そこでこんな物を作りました。
$STAY POSITIVE!  (脊髄損傷)
跳ね上げ式の手すりを改造して机にした物です。

ここでケツを出しながら勉強したり、ipadでyoutubeを見たりするわけです。

去年は「福祉住環境コーディネーター2級」を取得しましたが、大半はトイレで勉強してました。

最近は英語にハマってます。



トイレの改修で一つ失敗したかな、と思った所は奥の壁と便器が近すぎたという事。

病院でのリハビリの時、便座に座った状態でズボンやパンツを上げ下げする時は左右に身体を倒して左右片方ずつ上げ下げしてましたが、これだと壁が近すぎて右に身体を倒せません。

でも慣れた今となってはスペースが広くとれて良かったと思います。



以上、トイレはこんな感じでした。

また別の機会に他の場所も紹介したいと思います。





当ブログを読んでくれている方で住宅リフォームをお考えの方いたらお気軽にご相談ください!


株式会社秀邦


きっとお役に立てると思います。


改修後のイメージしやすいように3Dパースも作ります。
$STAY POSITIVE!  (脊髄損傷)
これは机の案が思いついた時のイメージ図。

これを作ったときに手すりと机が干渉する事に気づきました。







ちなみに住宅改修などで「リフォーム」と言う言葉をよく使いますが、これは和製英語だそうです。

英語で「reform」と言うと、主に政治や法律の「改正・改革」という意味。

僕らが言う「リフォーム」は英語で「renovate」になります。

もう一つ似た単語で「renew」というのは免許やパスポート等の「更新」という意味。


これ割と最近覚えたんだけど、日本語ってこういうの結構ありますよね?

例えば「ハイテンション」。

「tension」は「緊張」と言う意味で。

日本語では「ハイテンション」=「very exciting」だけど、

英語では 「high tension」=「very stressed」となります。


どっちも全然違うのに完全に日本語として定着してます。

こんなに定着するまでなぜ誰も正さないんだろう。。


別に全然いいんだけど。.





anyway




テンションあげ過ぎには気をつけましょう。


see you next time !!!