お産&子育てを支える会 -4ページ目
<< 前のページへ最新 | 1 | 2 | 3 | 4
2010-01-13

母乳で育てたいお母さんへ

テーマ:母乳育児

母乳で育てたい願うお母さん、母乳の大好きな赤ちゃんのために


お産&子育てを支える会 母乳育児のポイントは
① 生まれたら30分以内にお母さんの乳首を吸わせる事
② 3時間授乳にこだわらず、赤ちゃんが泣いたら乳首を吸わせる事
③ 母乳以外は出来るだけ飲まさない事


お母さんも赤ちゃんも元気ならば、母乳で育てたいと思うお母さんは、①~③の事を守る事がまず大切です。その為には、①~③が実行できる環境(病院や助産院や自宅)を選択する事が必要になってきます。

母乳の事で心配や悩みがある方は、妊娠中~産後のどの時期の方でも、相談にのらせていただきます。
お産&子育てを支える会のメンバーの助産婦に気軽にご相談ください。




2010-01-13

家庭出産

テーマ:出産について
自然なお産・家庭分娩
医療機関で安全に管理されたお産が主流の時代ですが、一方では自分の
産む力を信じて医療の介入しない、自然なお産を望む人がいます。
そんなお産をご希望の方のサポートをお引き受け致します。
又、家庭出産までは踏み切れないけれど、病院で分娩台の上でお産をす
るのにも抵抗がある方は、病院の中の助産院を利用(県内2カ所有り)
したり、出産場所は病院で行うが、妊娠中から出産時そして産後まで自
分が選んだ開業助産婦に診てもらうオープンシステムもあります。

お産&子育てのメンバーから助産婦をお選び下さい。
ご相談にのらせて頂きます。
2010-01-12

お産&子育てサポート機関紙発行!

テーマ:お産&子育てサポート 機関紙発行

お産&子育てを支える会


平成12年5月より毎月20日に『お産&子育てサポート』を発行して
います。
妊娠・出産・子育て・母乳育児に関する情報を掲載し、湖東~甲賀地域
の保健センターや図書館に配布しています。
妊婦さんやお母さん達からの情報やご意見もお待ちしております。

2010-01-12

県内に広がるおっぱい塾の輪!

テーマ:おっぱい塾の輪!

平成17年、荒川育美助産婦さんが安土で2組の親子と産声を上げました。

その後、助産婦やお母さんのつながりで、湖東各地に広がりました。

今後、まだまだ広がるおっぱい塾の輪!が楽しみです。

では、各おっぱい塾(おっぱいっこクラブ)の正式名称と日時・場所・連絡先をご紹介します。


 びわこおっぱい塾ブログ http://biwakooppaijuku.blog70.fc2.com/



広がるおっぱい塾の輪 
安土からはじまったおっぱい塾の輪が県内に広がり、それぞれ好評開催中です。
注:各おっぱい塾連絡先メールアドレスの*は@に変換してください。迷惑メール対策のためご協力お願いします。

あづちわくわくおっぱい塾
とき:毎月第4木曜日10時~12時
ところ:安土町公民館
参加費:初回のみ100円
連絡先:azcoppaijuku*yahoo.co.jp

ながはまわくわくおっぱい塾
とき:毎月第1金曜日10時~12時
ところ:六角館(六荘公民館)
参加費:初回のみ100円
連絡先:nagahamaoppai*yahoo.co.jp

母乳育児を楽しむ会“ははこ”in土山
とき:毎月第3火曜日13時~16時
ところ:土山開発センター内和室
参加無料
連絡先:090-7485-9034(街道)

ひこねわくわくおっぱい塾
とき:毎月第3土曜日10時~11時30分
ところ:彦根市こどもセンター
参加無料
連絡先:umedas2002*yahoo.co.jp

栗東おっぱいっこクラブ
とき:毎月第3月曜日10時~12時
ところ:コミュニティーセンター治田東和室
参加費:毎回100円
連絡先:opk_c*yahoo.co.jp
携帯サイトはこちら です

草津おっぱいっこクラブ
とき:毎月第2金曜日10時~12時
ところ:草津市交流プラザ(フェリェ5F)
参加費:毎回100円
連絡先:ayamaki77*yahoo.co.jp
携帯サイトはこちら です

近江八幡おっぱい塾『楽楽』
とき:毎月第1木曜日10時~11時30分
ところ:市民共生センターはつらつ館和室(桐原保育所隣・近江八幡西子どもセンター隣)
参加費:毎回100円
連絡先:ohoppaijuku*yahoo.co.jp

大津おっぱいっこクラブ
とき:毎月第4水曜日 10時~12時
ところ:坂本市民センター(坂本公民館)和室
参加費:(いまのところ)無料
連絡先:snoopy-nao..a*docomo.ne.jp(浅野)

東近江キラキラおっぱい塾
とき:毎月第2木曜日 10時~11時30分
ところ:びわこ学院大学保育演習室
参加費:初回のみ100円
連絡先:kirakira_opj6*yahoo.co.jp

おっぱい塾に参加してくださったお母さんの声
「おっぱいで育てることが赤ちゃんだけでなく母親にも良いことだと教えてもらいました。」
「おっぱい塾でおしゃべりして心が軽くなり、自信を持って育児ができています。」
「いろいろな方の子育ての仕方、悩み、経験など、自分の経験と重なる事、
なるほどと思うことを聞けるおっぱい塾なので楽しく参加させてもらってます。」
「はじめての母乳育児で、どうしていいか分からないことばかりでしたが、おっぱい塾に来て他の人の意見などを参考にして育てることができました。」

おっぱい塾の活動のお手伝いをしてくださるお母さん、おばあちゃん、学生さんを募集しています一緒におっぱい塾を盛り上げてみませんか?
おっぱい塾の活動は楽しく自信を持って母乳育児ができるようにサポートするものであり、母乳育児の押し付け、強要をすることはありません。

2010-01-12

薪ストーブのある助産院の朝比奈さん

テーマ:新着イベント
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■ 小舟木エコ村 薪ストーブ・ワークショップ
■■ 「薪ストーブは女性のカラダによい!?」
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

小舟木エコ村自治会館にある薪ストーブを使って、
木と火のある暮らしを体験するワークショップの第2弾。

薪ストーブというと、扱いが難しいイメージが
あるかもしれませんが、女性でも意外と簡単で安全に扱えます。

しかも!薪ストーブから出る赤外線は女性、
とくに妊婦さんの身体にとてもよい効果があるそう。

今回はゲストとして、薪ストーブのある助産院で
たくさんの女性の自然なお産をお手伝いしてきた
朝比奈順子先生をお迎えします。

いま、もうすぐ、いつか。 
素敵なお母さんになりたい、すべての人へ。

体の芯からあたたまりながら、
お産について、子育てについてお話しましょう!

○日時 2010年2月15日(月) 9:30~12:00

○場所 小舟木エコ村自治会館

○参加 無料 

○お申込方法(必ず事前にお申込みください。)
  お名前 参加人数 電話番号  をご記入のうえ、
 件名を「薪ストーブWS申込」として送信ください。

   →小舟木エコ村推進協議会 担当:高田・廣部
    Email:community@chikyunome.co.jp
    FAX: 0748-33-8686 

◎プログラムの詳細など、詳しくは以下のブログをご覧ください。
 http://www.chikyunome.co.jp/blog/whatsnew/2010/01/215.html
2010-01-12

ベビーマッサージ

テーマ:ベビーマッサージ
ふれ合うことを一番の目的とし、お母さんにも赤ちゃんにも素晴らしい効果をもたらします。

赤ちゃんは優しく触れてもらうことで、生きる力を得、誕生の疲れを癒し、愛されていることえお確認し安らぎます。
又、内臓の働きを活発にし、心身両方の発育を助け、健康で情緒豊かな頭の良い子供に成長する基礎を築きます。

お母さんもふれ合いを通じて癒され、心が安まります。

《湖東地区》

  朝比奈助産院
     場   所: 八日市市緑町 朝比奈助産院
     日   時: 毎月第2水曜日 pm2:00~4:00  
            *4月は第3水曜日*
     申し込み: TEL/FAX 0748-23-6276 
朝比奈順子

  さいとう助産院
     場   所: 近江八幡市 さいとう助産院
     日   時: お問い合わせください
     申し込み: TEL/FAX 0748-23-6276 
斉藤智孝


《甲賀地区》

   あずま助産院
     場   所: 甲賀郡土山町南土山       
     日   時: 毎月第2水曜日 am10:00
     申し込み: TEL/FAX  0748-66-1672
           東 直美

《湖北地区》

     場   所: 六角館
     日   時: 不定期 ①ねんねクラス  am10:00~
                ②はいはいクラス pm13:30~
     持 ち 物: バスタオル・おむつシート・マイコップ
申し込み:TEL/FAX  0749-63-9318 田中美穂

★各開催場所によって受講料が異なりますので、申し込みの際ご確認ください。
              
2010-01-12

山本幸子助産婦

テーマ:助産婦紹介
山本幸子
  草津市笠山3丁目5-11
  TEL/FAX 077-562-9008
2010-01-03

活動内容

テーマ:お産&子育てを支える会
□ お産の学習会の開催
□ 家庭分娩介助
□ 母乳相談 母乳マッサージ
□ 機関紙の発行
□ マミーハウスの開催
□ 性教育の実施
□ 思春期更年期相談
□ イベントの開催

2010-01-02

活動趣旨

テーマ:お産&子育てを支える会

40~50年前は自宅出産が主流で、子育てもおじいちゃんやおばあちゃん、多くの兄弟に囲まれ、地域の中で行われていました。今日お産は病院で管理されたものとなり、子育ても核家族や少子化が進み、母と子だけの密着したものになっています。そんな中子育てにストレスを感じる母親が増加し、子供を育てきれず虐待に発展するケースが後を絶たなくなっています。

しかし、一方では今日のお産や子育てのあり方に疑問を感じ、女性が本来持っている生む力を信じ、自然なお産を自分たちのものにし、自然な母乳育児を実現しようと言う流れも出てきています。

一方助産婦においても、40年前には約5万人いた助産婦の多くが地域で活動していました。

それが、現在は約2万人に激減しその多くが施設で働き、地域ケアーには余り関心をはらっていませんでした。しかし、地域のニーズが膨らむのに応えるように、少しずつですが、地域で活動する助産婦が増えてきたのです。

私達は地域の助産婦と施設の助産婦が連携し、滋賀県における初めての助産婦のネットワーク「お産&子育てを支える会」をつくりました。地域に於いて少なくとも、助産婦が関われる所から活動をしていきたく思っています。
そして、女性が満足のいくお産を経験し、自信を持って母乳育児が出来るようにサポートする事を目的として活動しています。

2010-01-01

お産&子育てを支える会

テーマ:お産&子育てを支える会

お産があまりにも病院に管理され、女性が主体的に出来るはずの自然出産が出来ない現実に、助産婦達が疑問を持ちました。そして、助産婦が集まり情報を発信する事にしたのです。

もっと自然で自分らしい出産をしたい人達にサポートしたい。
また、子育ての中の母親に少しでも母乳育児が出来るよう相談に乗りたい。
これからの世の中を背負う子供達のために、もっと助産婦らしい仕事をしたい。

そんな助産婦の集まりです。

その内容は、「お産の学習会」「家庭分娩の手助け」「母乳育児の為のマッサージ」「思春期教育」「エイズ問題」等々、専門家からのアドバイスだけでなく、女性として母親として考えていけたらと思います。

皆様のご意見・情報をお待ちしております。

<< 前のページへ最新 | 1 | 2 | 3 | 4

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス