健康宅配便より転載
2013-05-19

 

高校生の4割が生活習慣病予備軍!

https://ameblo.jp/kenju-dna/entry-11528156696.html

 

ーーー転載開始ーーー

 

日本生活習慣病協会によりますと

生活習慣病の「代表格」である糖尿病患者数は、

890万人と推計され、予備軍は2210万人とも

言われています。

 

また、高血圧、脂質異常症といった疾患を有する

人々の数は、それぞれ3970万人、4220万人と

推定されています。

 

特に昨今、深刻な問題となっているのは、若年化です。

 

朝日新聞によりますと、

06年から08年度にかけて、千葉県、富山県、鹿児島県

の3県で、1500人の高校生の男女を対象に行われた

調査では、1257人から中性脂肪や空腹時血糖、

空腹時インスリン、尿酸、善玉コレステロールなどの

いわゆる生活習慣病に関するデータが得られたそうです。

 

その結果、高校生の約4割が生活習慣病の予備軍に

なっていたことが判明しました。

 

背景には、食生活が大きく関与していますが、

ほとんどは過食と運動不足によるものと言われています。

特に、10歳を過ぎてからの肥満は、成人後も生活習慣病で

悩む可能性が高くなります。  

 

また、深刻なのが心理的な不安から過食に走ることもある

ことです。家庭内や学校などで過剰なストレスがある場合、

食べることで精神的なバランスを保とうとしている場合が

ありますので、そのような場合、食事や運動指導に加えて、

カウンセリングが必要となってきますので、注意が必要と

いえるでしょう。

 

 

ーーー転載終了ーーー

 

 

 

 

いいね!と思ったら↓クリックお願いします