いますぐ幸せになる道がわかる!! しあわせ体質占い

恋する気持ちを共有するためのブログ。恋愛小説で他人の恋愛をのぞいてみたり、恋の攻略法を学んでみたり、自分をはげます言葉に出会ったり。他の人はどんな恋をしているの……?


テーマ:

 

こんにちは。Shelly.Mです。

 

今日は、私が、私のサービスを利用してくださっている方々をなんて呼んでいるか、

 

呼び方についてご紹介します。

 

 

なんだ、そんなこと!?

 

と、単純な題材にがっかりされたかもしれませんね。

 

 

でも、これって意外と大きな意味があることなので、ちょっとだけお付き合いください。

 

 

 

 

 

はじめに言葉ありき!?

 

言葉ってとても大切です。

 

私たちは言葉によって、それがなにかを認識します。

 

言葉によって特定のイメージが作られ、そのイメージに合った見方や捉え方をしてしまうのですよね。

 

たとえば、「お客様」というと、

 

商品、サービスを提供して、お金を払ってくださる方

 

です。

 

お金をくれる人という印象が強くなります。

こちらは商品やサービスをちゃんと提供する義務があります。

 

お互いの義務を果たす、契約のような関係ですね。

 

 

それだと、表面的なやりとり、決まったやりとりしかしないような、ちょっと形式ばった印象になってしまいます。

 

 

「私の商品、サービスは、もうちょっと意味があるのよ」と自分で思っています。

 

 

たんに便利なモノやサービスを提供しているというだけではなく、

 

 

 相手の希望や個性や考えや、

 それまで生きてきた経験を尊重し、

 それらを最高の形で、

 今の生活に反映させること

 

 

これが私のすべての仕事に共通するテーマです。

 

 

とすると、相手のことを詳しく知らないといけないのです。

 

その方がなにを望んでいるのか、なにを知りたいのか、

その方の魅力や強み、個性ってなんだろう。

その方が気づいていない点はなんだろう。

 

 

相手の方を理解することが大切になるのです。

 

 

すると、私とお客様の関係は、

パートナーであったり、チームメンバーであったり、

 

そんなイメージなんですね。

 

 

 

私にとって大切な3つのジャンルのお客様とは!?

 

 

私、どれが本業かと聞かれると困るのですが、いくつか事業をしています。

 

ひとつは、情報発信媒体やメディアサイトの運営、そこに掲載するコンテンツ作りです。

 

これは自分発のもの、自分がオーナーであるものもあれば、

人から依頼されておこなっているものもあります。

 

そこで依頼してくださる方のことは、「オーナー様」と呼んでいます。

 

「オーナー様」はなんらかのビジネスや事業の経営者、責任者の方々です。

その方々が所有する媒体(webサイトや冊子や書籍などなど)に、いい情報を載せて、多くの方に届ける。

それが私の役割です。

 

お客様って感じではないですよね。

 

 

 

そして、もうひとつ、私がおこなっているのがセミナーやスクール

ここは、情報発信のための知識やスキル、それを使って自分を売り込むためのマーケティング方法などをお伝えしています。

 

ここにいらっしゃる方々は、ご自身の特技や個性を活かして、社会に役に立つ商品、サービス、情報を提供していきたいと考えている方たちで、

 

一緒に学んでいくイメージなので、「メンバー様」と呼んでいます。

 

 

言ってみれば、私が開催するセミナー、スクールの受講生なのですが、受講生というと先生と生徒というイメージになってしまいます。

 

先生と生徒というよりも、

受講される方は、ご自身の強みを発揮して、いい商品や情報を社会に提供していくわけですから、あくまでも主役は受講されている方々。

 

その方々に個性を思いっきり発揮していただくためにも、「先生と生徒」という上下の関係のような認識は持ってほしくないのです。

 

 

 

そして、もうひとつ、私にとって大切な活動が、この占い&しあわせ体質トレーニング

 

こちらは、その人のお話を聞いて、その人に合った解決策や方向性を考えてアドバイスしていきます。

 

1対1でのやりとりが基本ですし、その方のみに関することをお答えするので、

お一人お一人の個性や状況、立場を大切に扱っています。

 

そういうところから、占いやしあわせ体質トレーニングをご利用くださる方のことを「ゲスト」と呼んでいます。

 

 

 

 

このように、呼び方ひとつで、大きくイメージが変わってくるのですね。

私のなかでの認識が、それにふさわしいものになっていきます。

私自身が、自分にそう言い聞かせているという効果もあります。

 

 

と同時に、もうひとつ、呼び方にこだわる理由があります。

 

それは、相手の方にも自覚を持っていただくことです。

 

私の商品・サービスは、ご利用される方が受け身の姿勢では、効果が半減してしまいます。

 

私がご利用者の代わりに、その方の人生を歩くことはできません。

ご利用者一人ひとり、自分が主役となって、ご自身で思い描く生活を実現していくことが目的です。

 

だから、お客様とか、依頼人とか、受講生というように、

受け身的な印象を与える言葉はNGなのです。

 

言われた人は無意識のうちに、それにふさわしい行動をしてしまうのですね。

 

 

オーナー様と言われれば、人はオーナーにふさわしい行動をとろうとします。

メンバー様と言われれば、メンバーとしてふさわしい行動をとろうとします。

 

そして、ゲスト様と言われれば、ゲストとしてふさわしい行動をとろうとするのですね。

 

 

 

ゲストとして、ふさわしい行動って?

 

えっ、ゲストって言われると、どんな行動をとるの?

 

そう不思議に思われるかもしれません。

 

 

それをひと言でいいますと、

 

「1回で成果を出す。1回で人生を変えていく」

 

そんな体験をしようと思うことです。

 

 

単発・スポット的な利用であろうと、1回のチャンスだからこそ、

その時間が満たされて、楽しいものにしようと集中することです。

 

 

そう思っていただき、その通りの結果が出るように、私も最大限の配慮をしています。

 

 

ということですので、よかったら、ぜひ一度、ゲスト様の気分を味わってみてください。

Shelly.M(シェリーM)さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります