夏休み前になり

 

様々な親御様からの相談も多くなっています

 

 

その中でよく相談されることとして

 

『どこの塾に行っても勉強してくれない、勉強に興味が無い、やる気がない』

 

ということです

 

 

発達の特性があるなしに関わらずこのような相談の理由として考えられる1つに

 

単純に学習がわからないというものがあります

 

ただこれは指導者支援者の力量によって解決できる可能性があります

 

 

そして

 

もう1つの大きな理由として

 

親御さんや周りの指導者支援者との関係が原因となっている場合があります

 

 

子どもというのは学習だけでなく

 

様々なことに対して本来学ぶという行為を嫌がりません

 

それは学んでわかる喜びや

 

みんなと同じことをしたいという気持ちが

 

備わっているからだと思います

 

しかし

 

子どもたちの中には何事を学んでも無関心で喜ばない子どもたちも

 

一定数存在します

 

 

それは当然虐待やネグレクトのような行為によって

 

子どもたちがそのような状態になる場合もありますが

 

その前に考えられるのは親御さんを含めた周りの大人たちに

 

きちんと認めてもらえていないということです

 

 

私たち大人でも承認欲求は必ず持っています

 

人に認められることによってやる気が出たり努力したりするのものなのです

 

同じように子どもたちも認められたいという気持ちがあるのです

 

 

では誰に一番認められたいか

 

 

当然それは自分自身の親からだと思います

 

それがそばにいる指導者や支援者の大人たちの場合もあります

 

 

私たち大人も子どもも同じなのです

 

 

結果ではなくその努力の過程を認めることの出来るのは

 

親であり

 

理解ある周りの指導者や支援者なのです!

 

 

努力を認められて初めて前に進む気持ちが

 

子どもたちに芽生えていくのです

 

 

自分の親や周りの大人たちに対する承認欲求がきちんと満たされると

 

自然と学ぶという行為に関心が出始める

 

子どもたちがたくさんいることは

 

発達の特性に関わらず事実だと思います!

 

 

子どもたちに本当に学ぶ行為をしてもらうためには

 

今一度目の前にいる子どもをきちんと

 

親御さん自身や周りの大人たちがが認めてあげているかを

 

考えてみる必要があるのではないでしょうか!

 

 

 

 

次回へ

 


 学習サポート教室 すてっぷ

 代表 宮原 一憲

 http://www.kodomo-shienm/.co

 

     

※ 大阪(布施・豊中)・奈良(生駒)学習体験会 毎週土曜日・日曜日

※ コロナの状況等により中止することがございますのでご注意ください。

 

  奈良大和高田校 開校

  完全予約にて随時開催

 

  詳細はHPにて!