この時期が近づくと中学や高校では

 

中間テストが行われます

 

そして定期テストが終わるころ

 

毎年私どもの相談件数がぐっと増えてきます

 

 

地元の集団指導の学習塾や個別指導の学習塾に

 

通っているのに全然成績があがらない

 

もしかして自分の子どもは発達障がいなのではないのか?

 

 

このような相談が自然と増えてくるのです

 

 

この時期に相談に来られる方の多くのお子さんは

 

実感としてグレーゾーンと呼ばれる方が多いようです

 

 

発達障がいは目に見えて認識できる障がいではないため

 

気づかれにくいお子様が一定数いるのも仕方がないことです

 

ただグレーゾーンのお子さんが社会生活の中で

 

適応していくか悪化するかは思春期を迎える中学生の時期に

 

きちんとした対応ができているかによって変わってくると思います!

 

 

それは小学生の時と違ってテストの点数という事実が

 

子どもたちの自尊心や周りの評価の低下を

 

まねく可能性が高いからです

 

 

そして

 

そのような時期だからこそ適切な支援が必要になってきます!

 

 

特に発達障害の子どもたちの学習支援は

 

1つ間違ってしまえば

 

学習の機会を奪ってしまうことにもなりかねないので

 

本来は丁寧に支援されるべきにもかかわらず

 

具体的方法がわからない指導者や支援者自身の

 

成功体験だけに基づく独善的な指導により

 

支援されることの危険性が常につきまといます

 

 

学習の支援方法として確立されたものがない以上

 

 

どのように支援していくか

 

誰が支援するのかということが大事なことになるのです

 

 

よく指導者や支援者にどのように支援したらよいのかと相談されますが

 

確かに特性を考慮しての具体的な方法もあります

 

 

しかし

 

前提としてその生徒をよく観察・分析してくださいと必ずお話しています

 

これが簡単なようで本当に難しいのです!

 

 

丁寧に観察・分析することで

 

その子に何が必要か大切かを冷静に分析したうえで

 

どのように支援するかを判断するのです

 

確かにグレーゾーンの子どもたちの分析をすることは

 

難しいこともあります

 

ちょっとしたしぐさや行動に答えが隠されていることもあるため

 

指導者や支援者には細かい観察力が求められるとは思います!

 

 

なぜ間違うのか

 

なぜ繰り返すのか

 

それには必ず理由があります!

 

その理由が理解できたときにはじめて

 

支援の方法が考えられるのではないでしょうか

 

 

 

次回へ

 


 学習サポート教室 すてっぷ

 代表 宮原 一憲

 http://www.kodomo-shienm/.co

 

     

※ 大阪(布施・豊中)・奈良(生駒)学習体験会 毎週土曜日・日曜日

※ コロナの状況等により中止することがございますのでご注意ください。

 

  奈良大和高田校 開校

  完全予約にて随時開催

 

  詳細はHPにて!