前回

 

英語の学習についてお話しました。

 

英語が嫌いになるよりは

 

最初から書かせずに読み中心の学習をした方がよいと

 

お話したと思います。

 

 

では

 

もう現実的に英語が嫌いになり

 

アルファベットも見たくない子どもたちは

 

どうしたらよいでしょうか

 

 

そこまでいくとやはり時間をかけて

 

少しづつ取り組んでくませることが

 

一番の近道となります

 

 

特に発達障がいをかかえる子どもたちは一度嫌いになると

 

なかなか取り組もうとはしない子たちが多いからです

 

 

当然無理強いはできないので

 

和製英語と英語の違いのような

 

たわいもない話から始めた方がよいと思います

 

英語の単語を特に綴りを暗記させることはまずやらせない事です

 

 

よく私どものところにご相談に来られる親御様は

 

自分たちが学生時代に実際に学校でさせられてきた

 

書かせるという行為を無理強いしたため

 

子どもが一切英語の勉強をしなくなったと悩まれる方が多いのです

 

自分の子どもにそうさせてしまうのは

 

ご自身がそういうふうに教えられ乗り越えてきたからです

 

しかし自分の子どもと言えどやはり別人格です

 

同じようにはいかないしできないと思います

 

 

書かせるのではなく

 

知識や会話としての英語を楽しませることからはじめないと

 

一度英語嫌いになった子どもたちに英語の学習をすることは

 

難しいのです!

 

 

そのときに大事なのが親も含めた指導者との関係性になるのです

 

 

英語嫌いをこじらせればこじらせるほど指導者との関係がうまくいかないと

 

結局前に進むことはありません

 

特に英語は単元によって出来る出来ないが顕著に表れる科目ではないため

 

結局基本に返って単語をいずれは暗記させなくてなりません

 

一番嫌いなことをしてもらうためにはそれなりの関係性が必要とされるのです

 

 

つまり指導者がティーチングではなくコーチングでモチベーションを

 

保てるかにかかっているのです!

 

 

次回へ

 


 学習サポート教室 すてっぷ

 宮原 一憲

 http://www.kodomo-shienm/.co

 

     

※ 大阪(布施・豊中)・奈良(生駒)学習体験会 毎週土曜日・日曜日

※ コロナの状況等により中止することがございますのでご注意ください。

 

  奈良大和高田校 開校

  完全予約にて随時開催

 

  詳細はHPにて!