JAPAN【人・心・経済の豊さ】へ届けるライフシミュレーション*

歴史ある【アクサ生命保険株式会社】に勤める、
         *フィナンシャルプランアドバイザー
                       *相続診断士
である長谷川が、
お金とライフシミュレーションについて、
お話しをするブログ*


テーマ:
皆様こんにちは😊

今日は、ある方のライフプランをさせて頂いたのですが、はーーーーーーーーーとっても感じ入るものがある時間でした😊


ご自身で事業をもう長くされている方です。





私もずっとライフプランをたくさんの方にさせて頂いたいますが、、、


でも、今日、うわーーー知っていたのに、気づいていなかったこと。情けないことに、今日やっと、深い所で気づいちゃったんです(இ﹏இ`。)


ライフプランをするとき、収入があることが当たり前で、その前提で、未来をどう描くか、どう見えるかするか、どう実現に導くか、ヒアリングしていきます。



皆さん。
会社に勤められている方。
その収入は、当たり前じゃあないですね(இ﹏இ`。)


もちろん、皆様お一人お一人が、自分のため、家族のため、お客様のため、会社のため、夢のため、多くの想いがあって取り組まれていますから、当たり前ではない事はもちろんです。


でももう一つ、当たり前じゃないことがある。


私達が取り組む、この仕事自体があることです。

私の勤める会社。
アクサ生命は、世界最大の保険会社です。フルコミなので、ちょっと固定給の働き方とは違うのですが、


うちの会社も、皆さんの会社も、最初は、たった一人の人が、志やビジョンを描き、大きすぎるリスクをとって立ち上がった所から始まる。


人が収入を得、家族が生活を安心して送れる毎日を作ってくれた。


人が働く場所を作ってくれる経営者。
なんて、尊い仕事なのだろう。





私もこの半年前、真剣に独立を考えた。
(真剣に考えたからこそ、やはりアクサで自分を形作ることを決めました。)
だからこそ、深く深く感じ入った。


わーライフプランが、私もっともっと深くなる。また多くのことを、見える化できるようになりました😊🌸✨


そして同時に、私自身が、私の人生の可能性と望みに対して真剣に向き合うこと、その尊さも噛みしめました😌🌸✨





そしてまた素敵なおふたりともごいっしょさせて頂いて、本当にありがたい1日をいただきました❣⃛ (ღ˘⌣˘)❛ั◡❛ัღ)ෆ⃛ෆ⃛





私の自己紹介&開催イベント色々はこちらです♡

http://s.ameblo.jp/shidowh/entry-11930727985.html
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様こんばんは*

今日は、お客様のライフプランのご感想を、ご紹介させていただきます*

小学生のお子様がいらっしゃる、笑顔と、そして感じる心が素敵な女性。仕事のみならず、友人との関わりも含め、ご自身で掴んで行かれる方です(*^ω^*)



今回は、教育資金のアドバイスを、ありがとうございました。学資保険をかけているから大丈夫かな、と思っていましたが、いざ実際にシュミレーションしてみると、かかりますね~(^_^;

客観的に家計状態を知る事は大事ですね。本当は足りているのに、足りてないかもと不安に感じていたり、またその逆もあるかもしれません。

そして、ライフプランに合わせた、自分に合ってる、しかも人生にプラスになる保険って最高じゃないですか!掛け捨て、マイナスという保険のイメージが変わります!

そしてやっぱり、主人への感謝の気持ちを改めて感じました。これからの人生を、家族皆が楽しく幸せに過ごせるように、一度考えてみたいなと思っています。

これらの頂いた気付きを行動に移しますね!楽しくなって来ました♬



いかがでしょうか❣⃛ (ღ˘⌣˘)❛ั◡❛ัღ)ෆ⃛ෆ⃛

お子様がいらっしゃる方は、皆様同じように感じる部分も、きっとあるのではないでしょうか😊

ライフプランは【時間・お金・心】あなたが描いているものを、見える化します*ぜひ挑戦しにきてください❣⃛ (ღ˘⌣˘)❛ั◡❛ัღ)ෆ⃛ෆ⃛


AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様おはようございます😊🌸

【西日本新聞FanFunFukuoka】
にて掲載中のコラム。

《いつもココロに青空を》
12月分が公開になりました🌸

{2DF2AAE3-4675-4D25-A63F-3CC44324601E:01}


ポジティブ、ネガティヴ、良い感情、悪い感情に篩い分けるのではない。

その一つ一つを大切に味わうんです😊🌸


{2C6B27EC-924C-4587-9DC8-A8AF7D4B26F7:01}


༻༓࿇༓༻༓࿇༓༺༓࿇༓༺


皆様こんにちは。
今日は、【自分への挑戦】。


人にとって『過去』とは、とても重要なものです。過去に自分自身が経験した、悔しさ、辛さ、後悔。これらを大切に理解することは、私達に「豊かな今と未来」という、これからを与えます。



【自分でシャッターを降ろす必要は無い】

それをやりたいと思っている、
『その自分の気持ちに気付けているのであれば』


私の心に届いた、人生の先輩の言葉です。

{3F5C0FC6-5F22-4B82-ACAC-78EED2915815:01}


彼女は時を経て「あの時、自分でシャッターを降ろす必要は無かった」。その心を咀嚼しました。そして現在、やりたいとつき動かされる活動をいくつも手がけ、生き生きと輝いています。あの時、自分で自分の可能性のシャッターを降ろしてしまった、その悔しさがあったから。


あの時ああしておけば。
もっとこうしておきたかった。


その渦の中にいるときは、とても苦しい。でも、時が経ち、自分で自分の選択を踏みしめることができるようになった時、その時の思いが、人生を支え輝かせてくれます。


過去得た気持ちを、現在とそして未来に生かすことは、唯一自分自身にしかできないことです。自分に対して自立し、同時に依存し、今と未来を豊かに創造していく。

悲しさ
辛さ
悔しさ

良い感情、嫌な感情、ポジティブ、ネガティヴと篩い分けるのではなく、その感情の一つ一つを味わっていくこと。そこにこそ、私達がこの人生を豊かに生きるヒントが隠されています。

{21635FB8-BF76-44EA-A28E-98C92987FB84:01}


目前に迫る新たな年。
あなたは、どんな未来を望みますか?

未来だと思っている2015年は、あっという間に目の前に迫り、今となり、過去になっていきます。

残り僅かな2014年。
大切に歩んで参りましょうね*
素敵な毎日をお過ごしください。


༻༓࿇༓༻༓࿇༓༺༓࿇༓༺

{573C93FB-CFBF-4998-8DD0-C7DE7AFC4535:01}


◎コラム《いつもココロに青空を》


◎西日本新聞FanFunFukuoka


{803E29DF-65AF-422C-B4D3-C55170BDFDF9:01}


私の自己紹介&開催イベント色々はこちらです♡

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様こんにちは。
今日は、また真に迫る一冊。



【それでも人生にイエスと言う】
V・E・フランクル 著


{E649A4F0-F00C-4471-B0F4-EC8508B5AEFA:01}


ナチスの強制収容所にあっても生きる希望を失わなかった人間の姿を描き、世界に衝撃を与えた『夜と霧』。その著者であるV・E・フランクルが、収容所での体験を踏まえ、生きることの意味について語る。


人間は、楽しみのために生きているのではない。また、楽しみのために生きてはならない。生きるということは、ある意味義務であり、「たった一つの重大な責務」である。

幸せは決して目標ではないし、目標であってもならない。それは、結果である。義務を果たすことによって、思いがけず手に入るものに過ぎない。

「生きる意味があるのか」と問うのは間違っている。人生こそが私達に問いを提起しているからである。その問いに答えることが、生きていることに他ならない。そしてそれは、自分自身の人生に責任を持つことである。

人はいつか死ぬ。この事実があるからこそ、人はなにかをやってみようと思う。すなわち、死は生きる意味の一部であり、死は人生を無意味なものにしない。

人間は不完全だが、それぞれ違った仕方で「自分なりに」不完全である。これは裏返せば、一人一人がなんらかの仕方で代替不可能な存在になれる、ということである。

人生はそれ自体に意味があり、どんな状況でも「人生にイエスと言う」ことができる。

{AABB526C-D8BA-4971-BE8E-517AB0DAF34C:01}


{509985CB-4F7A-4E88-86C7-DA4CFDCB456C:01}




༻༓࿇༓༻༓࿇༓༺༓࿇༓

『夜と霧』も以前に読みました。
この本も、何も言えない。書かれていること、そのままそうなのだろうなと、他の言葉に変えられない。

༻༓࿇༓༻༓࿇༓༺༓࿇༓༺

{696D2E70-7C96-4A0F-B577-5AD85766B1F8:01}



【それでも人生にイエスと言う】
V・E・フランクル 著

《主要目次》
Ⅰ        生きる意味と価値
Ⅱ       病を超えて
Ⅲ     人生にイエスと言う
解説 フランクルの実存思想


{BE031D3F-BC98-47ED-B59F-E0DCA9616403:01}


{6BA0BFB6-E5F4-4FD8-B2D3-40155FD9406B:01}


私の自己紹介&開催イベント色々はこちらです♡

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
皆様こんにちは
今日の福岡の夜は、すっきりと寒さのぬける、静かな夜を迎えています



今日の夜は「日本有線大賞」

May.Jさんも、「ありの~ままで~」を歌われました。

May.Jさんが歌うと、賛否両論、、、どころか、批判的なコメントを多く見る気がします

今夜の歌には、そんな批判的な声すらも乗り越えた、彼女の本当の「ありのまま」が伝わってきたように感じました



なぜかしら*
ふふふ、、、私には一ミリも分かりませんけれど

{EBA3C95C-29E8-42C6-8ED5-8C151DF1F155:01}



今日は、お客様のライフプランのご感想を、ご快諾頂けましたので、公開させていただきたいと思いますわざわざ、ライフプランの後日送ってくださいました♡



ご主人様が、とてもお忙しくご活躍なので、奥様お一人で、ライフプランにいらっしゃいました*



以下、お客様から頂いたご感想です


{65C675A7-845B-49BD-80D5-E520297EEC00:01}



ライフプランを体験して

 

 

(教育費について)

・子どもの教育費がかかるというのは知っていたが、実際にのタイミングでどれくらい必要かはわからなかったので、教育費の総額を知り、毎月の目標貯金もわかり安心しました。また、教育費がかかる時期は保育園と大学の期間で、その時期は貯蓄が難しいので、小中学校の時期に貯蓄に力を入れればいいですよアドバイスももらえました

 

(自分たちの老後資金について)

・夫の方が◯歳年上ということもあり、夫の定年後の生活が心配でした。現在の年収から厚生年金の受取額を予測してもらうと、意外と心配しすぎなくてもいいという結果に具体的に計算したことがなかったので、数字を出すことでこんなにも不安を拭えることができるんだということに驚きました。

 

両親の老後について

現在の年齢から10年後20年後…とライフステージとお金の流れがわかるので、自分がいくつのときに親の介護が必要になりそうか、タイミングをつかむことができました。親の介護は子育てが終わってからとの予測になったので、その時にどうするか、姉妹や両親とも事前に話しをすることが大切だとわかりました。

 

★感想★

ライフプランのプロだから知識が豊富でこんな考え方のご夫婦もいますよ、他人には直接聞きづらい家計のさまざま事例を教えてくれました。

はじめは、漠然と不安があった老後ですが、シミュレーションをすることで夫の退職時に私自身の収入を増やしておく必要があるかどうかわかったので、今後の仕事の選び方や働き方も変わってくると思います。

これからは、夫婦でお金について話し合うときに、具体的な数字を例にあげて会話ができるのでとても前向きに話しができそうです。そして、お金のことだけでなく、夫婦として家族として何を大切にしていきたいか考えるきっかけになりました。ありがとうございました。

 


{3B62372E-084F-49F9-BD37-A2E273DBEE11:01}




いかがでしょうか

こちらのお客様は、特記すべき特徴がいくつかあるカップルです*具体的には内緒ですけれど(笑

でも同時に、どんな方、ご家族でも、ふたつとして同じような中身の方はいらっしゃいません。


私も、ライフプランに取り組んで、もう3年???


それぞれに必要な解決策、外してはいけないポイント、妥協点、安全の幅、多くあります。いろいろな家庭、お一人様、人生、お考え、過去の経験があります


お金、時間、心、人、において、整理しきれない、判断基準がわからなくなっていることはありますか?


私もお手伝いできると思いますので、ライフプランをしに、どうぞお越しください❣⃛ (ღ˘⌣˘)❛ั◡❛ัღ)ෆ⃛ෆ⃛


気づかずに過ごしていた、多くのことを手に入れる時間になると思いますよ

{8F5844D0-F912-42CB-B4BF-25A6CCF83D64:01}



私の自己紹介&開催イベント色々はこちらです♡

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。