新年度を迎えるに当たり | shidoのブログ

shidoのブログ

ブログの説明を入力します。


テーマ:

太田です。

いよいよ新年度ですね。

皆さん心弾ませて新しい一歩を踏み出したことでしょう。

 

志道塾も「殺陣をこよなく愛する俳優集団」として

はじまって今年で早19年、

これまで様々な紆余曲折を経ながらも

なんとかここまでやってきましたが、

まだまだ道半ばといった感じですね・・・。

 

そんな面持ちで迎えた新年度、

ここでもう一度初心に返って、

改めて好きなことに邁進していきたいと強く思っております。

 

殺陣を愛し、刀を愛し、映画を愛し、

時代劇を愛しつつ・・・。

 

前にも申しましたが、最近時代劇が復活しつつあるようで、

巨匠「中島貞夫」監督によるチャンバラの魅力を前面に押し出した

時代劇も準備されているようです。

楽しみですね。

 

また、殺陣を愛する若者たちもどんどん増えてます。

本当に多くの団体を目にします。

あまりに多いのも気にはなりますが、

でも、ないよりは全然いいです。

 

我々も負けないように存在感を示さねば・・・。

 

そこで次回舞台です。

 

そもそも私がなぜ舞台を始めたかというと

すべては映画を創るときのためです。

 

将来どうしても面白い時代劇映画が撮りたい!

そのためには脚本が書けなければ、

演出も勉強しなければ、

もちろん自分も出演したいので芝居も磨かなければ、

 

との気持ちから今回で12回目です。

なかなか映画には結びつきませんが・・・。

 

 

さて、その舞台、

今回は幕末の忍者を題材にしたお話を上演いたします。

オリジナルなのでフィクションの世界にはなりますが、

幕末に忍者が存在していたのは間違いないことのようです。

 

江戸時代に入って太平の世が続く中どんどん廃れていって

しまったようですがきっとそこには劇的なドラマがあったはずです。

是非お楽しみに。

 

志道塾は、殺陣・時代劇の魅力をとことん追求しながら、

これからも突き進んで行きたいと

ますます強く思う今日この頃です。

 

ではまた。

 

 

志す日々さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス