ひらめき脳の作り方

テーマ:

 

歴史上の人物で、天才として有名なエジソンの言葉に「天才とは1%のひらめきと 99%の努力の賜物である」と言っています。

 

今日は「ひらめき」についてお伝えしたいと思います。

 

私たちの生活の中で「ひらめき」こそが人生を豊かにし、日常の生活の中でも、

 

「どちらの選択をすればよいか?」と迷ったとき、ひらめきに導かれて進むことで願望を達成したり、危険を回避することができるようになるのです。

 

ひらめきとは・・・「右脳の思考力」です。

 

日常生活の中で私たちが使っているのは左脳です。

 

左脳の思考力は、自分が経験したことや従来の知識から抜け出すことができません。

 

どれだけ考えても意識の中で考えているので、発展的な思考に至ることができないのです。

 

しかし、右脳の思考力は制限がなく、常識的な思考の枠にとらわれることなくあらゆる情報をキャッチすることができます。

 

ひらめきとは、何もないところからは生まれません。

 

以前から存在していたもの同士の結びつきこそがひらめきなのです。

 

ひらめきを豊かにするためにも、多くの情報入力が大切です。

 

どのような情報入力が効果的か?

 

☆たくさんのフラッシュカードで多くの語彙入力。

 

☆絵本の読み聞かせ・・・心の豊かさを育みます。

 

☆伝記物語の読み聞かせ・・・偉人の話から成功につながる指針を示してあげましょう。

 

お子様が自分自身で学ぶ年齢に達したら、興味・関心を深める学びの手助けをし、読書のできる環境を作りましょう。

 

お子様の頭の中に多くの情報入力をすることで、ひらめきが生まれてくるものです。

 

「ひらめきの根源は幼少期の環境が大切」

 

お子様は言葉を話し始めると様々なことに興味・関心を抱きます。

 

目の前にあるものに対し「これは何」「なんでそうなるの?」と質問が多くなる時期がありますね。

 

この時期こそ大切です。

 

天才と呼ばれていた「トーマス・エジソン」彼の成功はエジソンのお母さまが大きく関わっているといわれています。

 

エジソンは小学校で常に「なぜ?」という疑問を繰り返し質問していました。

 

そこから、彼は落ちこぼれのレッテルをはられ、小学校を退学。

 

その後母と共に学んでいくのです。

 

エジソンの疑問に親子一緒に考え、体験し続けたことで、物事の因果関係を解き明かす楽しさを発見していきます。

 

この原因と結果を考えることがひらめきにつながるのです。

 

 

保護者様は、お子様の好奇心にとことん付き合い、物事を突き詰めて体験する面白さを教えてあげることが大切です。

 

お子様の思いつきに対して、保護者さまは常に感動の心を持ちましょう。