七田式教室のレッスンで毎回行うESPトレーニング。

ESPって何? 何のためにしているの?

七田式教室の生徒さんも、そうでない方も、お家で過ごす親子時間が

少しでも楽しくなればと、今日は、お家でできるESP遊びの

ご提案をさせていただきます。

 

ESP(Extra Sensory Perception)とは、五感を超えた超感覚的知覚のことで、

第六感ともいわれる右脳の感覚です。

目には見えないけれど、情報を受け取り、

それをイメージに変えて捉えていきます。

イメージでどう感じたかがキーポイントです。

難しくとらえる必要はありません。

お父様、お母様も子どもの頃によくやっていた、

あてっこ遊びです。

「どっちの手に、はいってるかあ?」

の遊びです!

これが実は、右脳の感覚の刺激になっています。

 

初めのうちは、なかなか情報を感じることができないかもしれませんが、

続けていると、正確に情報を感じることができ、

イメージとして捉えることができるようになります。

これができるようになると、右脳が活性化していき、

右脳のその他の能力(記憶力、直感像、語学学習能力など)も

引き出すことができます。

 

ESPの取組みには5種類あります。

☆テレパシー・・・相手のかんがえていることをキャッチする。思いやりにも通じる。

☆透視   ・・・見えるはずのないものが見える。直観力にもつながる。

☆触知   ・・・触って、目に見えない情報を察知する。相手への理解にもつながる。

☆予知   ・・・未来におこることの予測。将来の自分のことが分かったり、危険回避にも。

☆念力   ・・・念力遊びでイメージの出力回路を育てる。

 

では、テレパシー遊びからやっていきましょう!

まずは、右脳が開けやすい状態にするための準備体操として、

瞑想・丹田呼吸・暗示を必ず行います。

1.ゆったりと椅子にすわり心を落ち着かせます。そして、目を閉じさせます。

 「目を閉じると、心が落ち着くね」

2.8秒かけて、口から息を吐き出します。丹田(おへその下くらい)に手を当て、

  身体をやや前に倒しながら息を吐き出します。

 「口から細く長く息を吐き出すよ、ろうそくの火を消すようにね、せーの、ふうー」

3.次に鼻から8秒かけて息を吸います。吸うときはおなかを膨らまし、

  エネルギーが体内を満たすイメージをしてくささい。

 「はい、鼻から吸って、ぽんぽんたぬきさんのお腹をつくるよ。

 いい空気が入ってきもちいいね。」

4.②→③の呼吸を3回繰り返したら、暗示です。

「ママは○○ちゃんが大好きよ。○○ちゃんとママの心はいつも一緒よ。

 今からママとあてっこ遊びをしようね。ママが今考えている動物はなーんだ。

 テレパシーを送るよ。受け取ってね」

5.3種類くらいのカードかぬいぐるみでもいいと思います。

  お子様の前に並べてあげてください。

  お母様は額に動物を思い浮かべ、子どもの額に動物を送ってあげます。

  お子様は動物を感じたら、その動物を取り上げてもらいます。

 

いかがでしょうか。お子さんはワクワクしながら楽しそうに

一生懸命に感じようとしてくれますね。

そんなお子さんの様子を見ていると、お母様も喜びを感じられますよね。

取り組みを行うにあたって、とても大切なことが一つあります。

それは、当たった外れたに一喜一憂しないことです。

なんとなくそんな感じがした、というのを繰り返していくことが大切です。

ぜひ、楽しく行ってみてください。

 

次回は、【透視遊びチャレンジ】をご紹介します。

「あっ!」という間に右脳を開くESP遊びpart 2でお楽しみください。

 

七田式の無料体験レッスンのお申込みは👇






引用元:「あっ!」という間に右脳を開くあてっこ(ESP)遊び par・・・