室内の温度計が32度となっていますが、

風が通るので、暑いけれど気持ちがいい。

縁側でのんきにシャボン玉など吹いたりして、

気分はすっかり夏休みです。

 

そんな猛暑のさなかに

水分補給は必須の必須。

冷たい緑茶は最高です。

しかも!!!

ペットボトルのお茶ではありません。

新茶の一番いいところを摘み取ってパウダーにしたという

「まるごとさえみどり」

まだ試験販売なので、一般では手に入らない高級なお茶です。

高級なのにパウダー。

スティック状なので、

私は軟水のミネラルウォーターのボトルに入れています。

 

お茶の品種は「さえみどり」

「やぶきた」と「あさつゆ」の掛け合わせで生まれたお茶で、

鮮やかなグリーンの色と、甘み、香り、さっぱりした口当たりなど、

お茶のなかでもプリンセス級。

しかも、世界遺産の屋久島産。

 

何がいいかといえば、

とにかくお茶がまるごと飲めること。

よく、お茶殻を食べるとかありますけれど、

そんなのめんどうですし、生ごみになりますよね。

まあ、スティックのゴミは出ちゃうんだけれど。

お茶殻が出ないのは便利だし、お手軽。

それとやはり、「お茶の味」がします。

 

もう一度書きますが、

一般では販売されていません。

直接注文できますので、

パンフレットを添付しておきます。