さて、うちの猫が家出をして4日めになりました。

しかも、さきほどまで3日間は雨が降って、肌寒い陽気。

ご飯も食べずにどうしていることやら。

そのうち帰ってくるだろうと、心配しながらも待っていました。

 

しかし、

 

もしかして、捕獲されて、引き取り手不在で処分されてしまったら!!!

 

そうならないためには、しかるべきところに連絡することですね。

 

1.動物愛護センター

 

東京都の場合、1日15匹程度の脱走猫がいるのだそうですが、

動物愛護センターに連れてこられる猫は、病気やケガをしていることが条件だそうです。

しかし、ここに電話をして、猫の特徴やいなくなった日、場所、時間などを伝えると、

家出猫データベースをチェックしてもらえるそうです。

センターから電話をかけてもらえるということはないので、こちらから数日おきに電話すること。

そのときに「〇月〇日に電話をした〇〇町の〇〇(自分の名前)」と名乗るとわかるように

データベース化してあるそうです。

 

2.地域の保健所

 

「猫がいなくなったんですが」と言って、該当の課につないでもらいました。

(何課か忘れましたが、代表電話にかければちゃんとつないでくれます)

捕獲されていないかどうかを確認するためにも連絡しておくべきところ。

電話をして、猫情報をきちんと伝えます。

 

3.警察(近くの交番)

 

警察に電話をするときには「会計課」なのだそうです。

その理由は「遺失物」は財産になるからなんですって。

で、「もよりの交番に行ってください」と言われました。

 

猫も「落とし物」と同じ「遺失物届け」を出します。

ここでは「用紙」に詳細を書いて提出。

交番でも「遺失物」として届けがないかチェックしてもらえます。

もし、見つかった場合は連絡してもらえます。

 

4.獣医さん

 

もよりの獣医さんに連絡をすること。

かかりつけがあればベスト。

獣医さんはネットワークがあり、情報共有されることが多いそうです。

 

5.清掃工場

 

あってはならないことではありますが、

事故などで死んでしまった遺体が届いていることがあります。

 

 

そして、猫ちゃんが帰ってきたら、

動物愛護センター、保健所、警察には報告をすること。

でないと、データベースにずっと行方不明のまま残ってしまうからです。

 

 

と、ここまで書きましたが、

実はまだ獣医さんと、清掃工場には連絡していません。

雨もあがったし、そろそろ帰ってくるんじゃないかと思ったからなのですが、

まだ帰ってきません。

 

「帰ってきたよ!!!」とうれしい報告が早くできますように。