先日、久々に行ったスーパー温泉の「垢すり」で、

担当してくれた女性と、

「自分でやると思ったように垢が出ない」という話に。

 

彼女曰く、

垢すりタオルなど、市販のものはいろいろあるけれど、

プロが使うものは「どこか違うんですよねえ」とのこと。

 

ちなみに、ハードとソフトと選べるのだけれど、

「ハードのほうが出るということではなくて、

あくまでも感触の好みですね」ということで、

月に1度くらい通っていると代謝がよくなって、

どんどん垢が出やすくなっていくんだそうです。

 

「お客さんのなかには毎日来る方もいるんですけれど、

毎日はちょっと多いと思いますね」と。

私も多いと思うよ。

 

そして、その担当さんは

「石けんを使わないほうがいいという人がいたもので、

一時期、使うのをやめてみたんですよ」と言うんですね。

 

あとで調べたら、こういう記事がありました。

 

専門医の大胆アドバイス「お風呂で石鹸を使うべきではない理由」とは? 

#乾燥肌 #入浴方法 http://bunshun.jp/articles/-/9540

 

で、垢すり担当さんの経験では、

「身体はやはりさっぱりしないし、シャンプー使わないと頭はべたべたする感じです」

 

人それぞれの体調とか、好みとかあると思いますが、

やはり石けんもシャンプーも、ある程度は必要じゃないでしょうかね。

 

上記リンク先の先生も「保湿が重要」と書いていらっしゃいますが、

石けんで洗ったあとにはしっかり保湿乳液などをつけると、

お肌にはよいのでしょうね。

 

ところで、最近、思い立ったら銭湯に行きたいと

バッグには100均で買った給水タオルと牛乳石けん赤箱とポッカレモン、パンツ1枚を持ち歩いております。
石けんは万能で、髪もこれで洗えるのですが、ポッカレモンはリンスに使いまっています。