10月16日から18日まで、二子玉川駅前ガレリアでマルシェ「ふたこ座」開催中です。

私の管轄のブースでは、
山梨で縁側猫農法で有名な渡部さんが、
猫農法のピーマンと唐辛子、縄文芋を販売しています。

そのほかのブースでは、
農業女子の和歌山の南高梅の梅干しや、
鹿児島の黒ニンニク、
世田谷 深沢のシフォンケーキ、
山梨のぶどう、などなど。

マルシェに出店する人たちのなかでは、
かなり売り上げを上げている成功パターンもありますが、
売り上げよりむしろ、リアルマーケティングの場として活用したり、
あるいは、顧客とより強い信頼関係を築くためであったりするケースも。

「成功するマルシェ利用術」
自治体向けにアドバイスやコンサルをしています。
来年度に向けて、都内でプロモーションを展開したい自治体のみなさん、また、地域ブランドをPRしたい自治体や団体のみなさんの参加をお待ちしています。