今日は納豆の日

テーマ:

はてさて私はナイーブすぎるのでしょうか。

西日本の友人知人のほとんどが安全であるとわかっているものの、

会ったこともない1万数千人の人たちのことを考えてしまいます。

 

日本の半分近くが、大変な災害に見舞われているというのに、

料理だの、美容だの、キャリアだの、

そんなブログを読んでいると、

「自分には災害なんて絶対関係ないから」って思っているのかなあなんて、

へんな深読みをしてしまったりします。

 

しかし。

 

そんなことをあれこれ考えていたところで、

それこそ、何の役にも立ちません。

災害に合わずに、元気でいられたことに感謝して、

たくさん食べて、たくさん仕事をして、たくさん稼いで、支援するのが正しい道というもの。

 

さて、元気に過ごすためにも、アンチエイジングにも役立つ食品のひとつに

「納豆」がありますが、7月10日は納豆の日なのだそうです。

 

農林水産省では納豆に関する現状のレポートがあります。(PDF

 

納豆には、大豆を蒸煮し、納豆菌により、発酵熟成させたもの(糸引き納豆)と、塩を添加し、納豆菌の繁殖を抑制しながら熟成さ せたもの(寺納豆)の2種類があるそうで、全国納豆協同組合連合会にも納豆情報が満載でございます。

 

こちら、日本全国納豆MAP! 各地の納豆情報があります。

 

 

ところで、健康によい納豆も、1日7パック以上食べると通風のリスクが高まるそうです。

食べるなら2パックまで。

食べる時間は夜寝る前。

納豆特有の菌であるナットウキナーゼなどは熱に弱いので、熱々のごはんよりも冷めたごはんのようが効果が出るそうです。

 

私が知るところの、山形県白鷹町では

鍋にうどんを茹で、

納豆とサバ缶と醤油をちょっと入れた茶碗に、うどんを鍋からとって入れて食べる「ひきずりうどん」というのがあります。

 

私個人は、納豆をただくか、ひきわり納豆+みじん切りの東京たくわん+おみ漬けを

冷やし蕎麦の上にトッピング。混ぜて食べるメニューが好きです。

 

納豆の菌はすごく強くて、

日本酒の蔵元さんなどは麹菌が死んでしまうから、納豆厳禁なのだそうですが、

そのくらい元気な菌を持っている納豆!!

毎日食べます。

 

▼本日限定!ブログスタンプ

あなたもスタンプをGETしよう