先週は「産業防災展」と「東京国際消防防災展2018」の2つのイベントで、ブースを3つ担当させていただきました。
そこで紹介した「備蓄食」

メーカーのみなさまのご協力で、いくつかいただいたものを試食してみました。

(というか、ゆうべは疲れて、何も作りたくなかったという体たらくでした)

 

淡路島の「味きっこう」さんの玄米ごはん。

そして、トーヨーフーズさんの缶詰。

盛ってみる。

納豆はおまけ。

 

ふつうに美味しい。

汁ものが欲しいな。

デザートはこんなのが。

 

結構ボリュームがあって、食べごたえあります。そして、美味しい!

 

こちら、「味きっこう」の社長さんとお兄さん(機械を製造)
おふたりとも淡路で、阪神の大震災を体験したことから、備蓄食のたいせつさを実感。
おいしくて日持ちのする玄米ごはんを製造するに至ったそうです。
もちもちして、やわらかくて、「韓国海苔にまくとおいしい」

防災・備蓄については、書きたいことがたくさんありますが、

 

美味しくて、安全な、地域食材を使った備蓄食を作り、
試食して、販路を広げる。
これが私のミッションになりつつあります。