中国の景気のいいニュース。

1月9日の話題は「中国で最も裕福な女性、わずか4日で資産2370億円膨張ー保有株上昇

36歳の楊恵妍さんは、中国最年少の女性ビリオネアとなったそうです。

 

さて、2370億円あったら、何をしますか?

 

今年はお金を貯めたい、節約したい、お金持ちになりたい、など、夢を持っている方も少なくないと思いますが、

日経ウーマンの「月収20万円で貯蓄1000万円 幸せ女子の貯め方」 も参考になるかも?

 

1000万円貯蓄している女性は家計簿をつけない傾向であるとか、

銀行預金は分散しているとか、

なかなか勉強になります。

 

しかし、

身の丈が一番!

 

今年はコツコツがよいそうです。

 

奇門遁甲の第一人者である昇龍さん、占いTVにも出ていました!

 

昇龍さんのお母様は、奇門遁甲では政財界でもファンが多い有名なフォーチュンクリエイターの翠真佑さん。

私はその昔、女性誌の編集をしているころに長らく担当させていただいたことがあります。

跡を継がれた昇龍さんも、美男子で素敵な方。

 

以下、転載。

 

昇龍によれば、2018年の金運UPのキーワードは「コツコツ一獲千金を狙うより、コツコツ貯金をする、日々の出費を抑えるなど、地道な努力が大切なのだそう。

 それを踏まえて、昇龍と法演から金運を上げるポイントが3つ提示された。1つ目は、「銀行はみずほ銀行がイイ!」。具体的な銀行名が挙がって会場はざわついたが、これは通帳やキャッシュカードが青色の銀行がよいということなのだとか。普段利用している銀行の通帳やカードが青系でない場合も、通帳を青い封筒に入れて保管することで金運が高まるという。

 2つ目は、「お金はカーテンレールの上に置くとイイ!」。「カーテンレール?」とこれまた驚きのギャラリーに向けて法演は、「神棚がいいのですが、今はないお宅が多いですよね。自分にとって一番キレイで、手に触れないところに現金を置いてほしいという意味です」と解説を加えた。家に現金を置いておくと、お金が呼び水となってさらにお金を呼んでくるのだそうだ。

 3つ目のポイントは「アボカドを食べるとイイ!」。法演は「昇龍先生がおっしゃっていたように、今年は仕事をコツコツやってお金を貯めていくのがよい年」と語り、仕事運を上げる食べ物であるアボカドを週に1度は食べて、仕事運を高めることをすすめた。

 

とのことですよ!

 

こちらの本には運気がアップする方角のアドバイスもあります。

 

 

 

 

 

 

 

AD