板橋の起業講座で、「コミュニティ・ビジネス」について、ミニ講演をさせていただいた。

コミュニティ・ビジネスという言葉は、ここ数年登場して、NPOとか、社会起業家などと並び、地域を元気にする仕組みのひとつである。

今回は、板橋で実際に起業した人が4人、体験談を発表した。


投資をベースに、健康食品、中国茶などの販売をしている人。

営業代行をしている人。

ペットの葬儀産業を立ち上げた人。

24時間営業の美容院を企画中の大学生、の4人。


このなかで、ペットの葬儀産業をしている人は、

前職は旅行代理店勤務で、海外在住経験もあるうえに、

ビジネスを興す前に「人間の葬儀屋さんに体験入社」したり、

同業他社に飛び込み取材をしたり、

手堅い起業で、聞いていても気持ちがいいのである。


対象的であったのは、24時間営業の美容院を企画している女子大生で、

「自分が夜中に髪を切りたくなる」という動機からの「企画」

細かいことは書かないけれど、リサーチ不足だし、

そもそも美容院での仕事をまったく理解していないということが

プレゼンテーションでもうかがえるのである。

しかし、その企画は、アントレプレナーのコンテストかなにかで受賞したという。


保険代理店と保険ジャーナリストをやっている女性社長仲間と

2次会となった。

彼女は、2人の年頃の娘を育てながら、自宅でビジネスをはじめ、

いまではオフィスも構えているが、立派な(?)シングルマザーである。


「私は、いまでこそ、座っていたら仕事が来るようになったけれど、

仕事を始めたことは、それこそ何度も泣いたものよ」


毎日、毎日、100軒くらい、保険の売り込みに歩いたという。

もちろん、玄関先に突然現れた女性に、保険申し込みをする人などいない。

「でもね、そのつらい経験があるから、いまがあるんだよね」


私たちは

いまの若者は優遇されすぎているのではないか」という話をした。


「若いころは、やる気があって、能力もあるのに、まわりが認めてくれなかったり、 『どうして思うようにならないの』ということの連続だった。でも、だから力がついたことが多いな」

「いまは、大学生のうちから、中途半端なスタート切れちゃうけど、そういうのを応援する大人も無責任だよね

「だいたい、20代で『起業家支援』なんていうビジネス立ち上げている人も多いけど、ロクな社会経験してないのに、人の面倒見る前に、自分でもっと修行しろよって思うよ」


とまあ、なんだかお局様談義のようになってしまったのだけれど、

やはり踏まれた麦は強く育つ。


踏まれているときはちっとも嬉しくないけれど。


いまは、楽をして、「やりたいことをやる」とか「楽しいことを仕事にする」とか、

そういう風潮だけれど、

骨太な人生と、軽佻浮薄とは相容れないものがある。


芥川龍之介の「大導寺信輔の半生」という小説のなかで、じきょうじゅつ自彊術の道具に、「予の蒙れる悪名は多けれども、分つて三と為すことを得べし」と書いている。


「その一は文弱也。文弱とは肉体の力よりも精神の力を重んずるを言ふ。

「その二は軽佻浮薄也。軽佻浮薄とは功利の外に美なるものを愛するを言ふ。

「その三は傲慢也。傲慢とはみだり妄に他の前に自己の所信を屈せざるを言ふ。


若いからできること、若いから思いつくこともあり、

それをどんどんやっていくことも、

もちろん、それはそれでよいことだし、

若い人の芽を摘んではいけない。


でも、芽が出ているからといって、

珍重したり、大事にしすぎるのも、ほどほどがよいのではないか。


子供を叱れなくなっている親が増えているというけれど、

年長者がもっとしっかりしなくてどうする、とも思う。