• 17 Jan
    • 世田谷ボロ市。次は12月!!!

      12月と1月の15日16日、世田谷区ではボロ市があります。ボロ市通りと呼ばれる道の両側に、いろいろな店が並びます。その昔は、古い着物や食器、アンティークの家具などがメインでしたが、近年は陶器や小物、靴、まな板や、神棚も売っていますし、地方の特産品コーナーもあります。着物や帯は1000円くらいからあり、販売しているところも減ったとはいえ、通りのあちこちにあり、明治や大正時代の柄物や、大島などの紬や銘仙など、着物好きならかなり楽しいです。とはいえ、ハンパなものも多いので、傷や汚れのほか、サイズなども含め、目利き力が試されます。着物以外にも、冬のポカポカ下着とか靴下、セーターやコートなど、新品も古物も混ざっていて、まさに「のみの市」フリーマーケットの「フリー」とは、無料ではなくて「ノミ」のことで、古くてノミだらけのものがあるからという説や、ノミくらいどうでもいいガラクタとか、いろいろな説があるようですが、世田谷のボロ市は「ボロ」と宣言してしまっているわりにはいいものもたくさんあります。今回、私は大学生の姪と行って、ブランドものの服を10分の1くらいの値段で買ってあげることができました。そのほか、毎年おなじみの「美味しいもの」もあり、テレビでも紹介された代官餅をはじめ、韓国のお好み焼きシャーピンや、お寿司屋さんが販売する業務用ガリとか、中国料理店の胡麻団子とか。代官屋敷の広場では、焼きたてのミニカステラに行列ができていましたが、隣りの「タレントも行く尾山台のカフェ」という看板のところにあったホットワインがなかなか🍷毎年恒例だし、もう今年は買い物はしないぞ!!!と心に決めて出かけたものの、なんだかんだ、いろいろ買ってしまいました。買わなかったもので、やや心残りなものといえば、「ヒヨドリのエサ場」藁でできた傘の下に、半分にカットしたミカンを刺すための針金がついているというもの。竹を屋根のようにしたバージョンもありました。ボロ市の楽しいところは、役立つものもあるけらど、役にたたないものもたくさんあるところ。動かないカメラや、錆びた工具とか、壊れたおもちゃなど。誰が買うんだろうと思う、ヘンテコなものがあると楽しいですが、たまには「間違えってるでしょ?」って思うほど高いものもあったり。目利き力を鍛えたいという人にもいい場所です。次回は、12月15日と16日。曜日関係なく、この日にやります。

      NEW!

      4
      テーマ:
  • 14 Jan
    • アクセス数がギネス更新!

      2018年Amebaおみくじギネス更新、期待しています(笑)あなたの運勢は・・・2018年Amebaおみくじをひく

      15
      テーマ:
    • 親の介護と地方移住する人々のこと

      私の会社でその昔働いていてくれた女性から、年賀状が届いた。彼女はふたりの子どもがいて、子育て中は専業主婦という道を選んだ。その彼女が、フリーライターの仕事を再開したという話を、ちょっと前に聞いたような気がしていたが、特に連絡をとりあうこともなく、久しぶりの賀状の差出し住所が四国のある町だったことに驚いた。小さいけれど丁寧な文字で、移住をしたと書いてあった。実家の母親の介護をするためとのことだった。田舎の時間は東京とは違ってゆるやかで、慣れるまではなかなか大変だったが、慣れてしまえば心地よいふるさとがそこにあったそうだ。彼女だけではなく、親の介護で地元にJターンする女性たちは少なくない。彼女は家族そろっての移住で、幸せな暮らしをしているようでよかったが、親の介護のために仕事を辞めた友人知人もかなりいる。ちょうど先週会った年上の旧友は、本人が数年前にがんを患ったこともあり、再婚の妻と、遠方に独り暮らしをする90代の自分の母がいる男性である。彼は毎月遠方の母のもとに通っていたものの、いよいよ覚悟を決めて母を呼び寄せることにしたという。自分たちのマンションを売って、ずっと放置してあった都内近郊の一軒家を息子に譲り、新しく土地を買って、家を建て、そこに親と同居する予定なのだそうだ。その人自身がもう高齢者でもあるのだけれど、コンサルタントとして会社を経営していたが、それはきっぱりと辞めて、親の介護に専念するという。新しい家の周囲の人たちとも、早くも仲良くなり、地域社会に溶け込む意欲満々といったところは、元やり手ビジネスマンだったころに難題をこなしていくくらいのやりがいを感じているといった感じだった。私自身、高齢の母がいて、母との共生を考えるような年代になった。母の資産を見直し、母の老後(もうすでに老人だが)を話し合うようになった。いまは元気だけれど、怪我や病気になったらどうする。認知になったらどうする。動けなくなったらどうする。実家の近所には病院はないし、買い物をするところもない。東京に来てくれれば、住みやすいし、病院もたくさんあって安心であると何度話をしても、絶対に家から離れるつもりはないと言うので、ではその古くて、暮らしにくい家や地域で、どうやって年をとっていくのかという相談を重ねている。移住ができる人は、もともと「引っ越し」などを若いころに経験していたり、古くからの家や伝統に縛られることがない暮らしを経験したことがある人たちだろう。私自身も、古い家を継ぐのは長男であるならば、私は帰る家はないのだと、ずっと思っていた。でも、実際に親が年をとって、あちこち不自由なところが出てくると、家族のいない独り者の私にお鉢が回ってくるという覚悟もしてはいた。自分の老後を心配する余裕もなく、まずは親の介護が目前にある。「施設には絶対に入らない」と言う母は、父の母(母にとっては義母)の老後を、在宅でケアした経験を持つ。母の母(実際には戸籍上の母なのだけれど)は、脳梗塞で動けなくなった母を死ぬまで自宅でひとりで介護した。ヘルパーなどいなかった時代に、母の母はパートで働きながら、寝たきりの(巨漢の)母親の面倒を十年以上みた。そう考えると、母親の最後のケアをしるという宿命が課せられているのかもしれないけれど。話は戻る。別の方からの年賀状。都心から離れたふるさとの古民家をなんとかしたい、と考えていた方ががんで亡くなった。その方の友人からの年賀状だった。古民家はみごと再生され、地域のコミュニティサロンとなっているという。「ぜひ、遊びに来てください」とある。亡くなった方は、体調が悪いときに、わざわざ私に会いに来てくれたのだった。私はそんなに具合が悪いとも思わずに話をして、「お大事になさってくださいね」とあいさつしたのだけれど、それからひとつきもせずに、静かに亡くなられてしまった。その方のことを思うと、本当に本当に、申し訳ないという気持ちでいっぱいになるのだけれど、想いをつなぐ人たちがいてよかったと思う。私がもし、もっともっと若かったら、地方に生きるお年寄りに、何ができたろう。いまとなっては、私自身は親から離れた地域に移住することは不可能であり、いまは親のそばで過ごす方法を考えるしかないのだけれど、私が考えることは、いろいろな人たちも考え、悩んでいることなのかもしれない。見知らぬ土地に移住するという勇気があるのであれば、生まれ育った地を再生することが、若い人たちの新しい移住の形かもしれないなあ。 移住女子 Amazon まんがでわかる地方移住: セカンドライフ入門 Amazon あたらしい移住のカタチ Amazon 宝くじで40億当たったんだけど異世界に移住する 1 (MFC) Amazon 家族で地方移住、はじめました。 Amazon

      テーマ:
  • 13 Jan
    • 国産ブラッドオレンジの季節到来!!!

      イタリアンの好きな人なら、真っ赤なオレンジジュースを飲んだことがあるかも。その名も、ブラッドオレンジ!!!カットすると、果汁がまるで血のような!!!初めて見た人は少なからずショックかもしれませんが、長らく日本でフレッシュなものは入手できませんでした。しかし、近年、国産のブラッドオレンジも登場!!!こんな感じ。これは、愛媛県宇和島市の山内直子さんのブラッドオレンジです。写真、転載させていただきました!!!真っ赤なものは「モロ」という品種。もう少し、赤みは穏やかだけれど香りが強い「タロッコ」という品種もあります。聞くところでは、地球温暖化の影響で、宇和島がイタリアに似た気候になってきて、しかも丁寧に栽培する日本人ならではの栽培技術もあり、本場以上のお味になったとのこと。私は毎年、二子玉川ライズのマルシェ「ふたこ座」で販売協力させていただいています。美味しいシーズンは春から初夏まで!!!マルシェ登場はもう少し!!!ううっ、楽しみですっ!!!

      5
      テーマ:
  • 12 Jan
    • たった460円で幸せに浸れた

      私の妹はスーパー温泉が大好きで、たまに誘って一緒に行きますが、アカスリや岩盤浴やエステや、なんやかやと、そこそこ美味しい食事をすると、1万円を軽くオーバーしてしまいます。それでも1日過ごせるのですから、考えようによっては高くはないのかもしれませんが、休日の混雑はかなりのものです。スーパー温泉に行きつけてしまうと、わざわざ遠くの温泉地まで行かなくてもいいかな、と思うほど、至れり尽くせり。そういえば、東北のある町で農家体験させてもらったあとで「新しくてキレイな温泉があるから」と連れて行ってもらったのがスーパー温泉だった、なんてこともあります。スーパー温泉。素敵です。しかし。昨晩私が行ったところは、460円!たった460円!!!家から自転車で5分。銭湯です!!!近所にある銭湯。以前から気になっていたのですが、デビューしました!!!結論。すごくよかった!!!めちゃくちゃ幸せになりました!!!下駄箱に靴を入れて、番台のおじさんに460円支払い、脱衣所に。入り口も、番台のあるロビーも、脱衣所も、どこもかしこもレトロです。「女将さーん、時間ですよーーーー」なんて、堺正章さんが出ていたドラマを思い出す、昭和テイスト!!お風呂場は、とてつもない高い天井。男湯との境の壁(上が空いている)洗い場にしつらえたシャワーヘッドは白とピンクのものが交互に並んでいますが、ピンクもやや色あせています。大きなお風呂、といっても、手足を伸ばして入れば10人くらい? 両脇に、内風呂くらいのサイズのお風呂があり、ジャグジーのような泡が出ているのと、ゲンノショウコのような匂いがする薬湯?なんとまあ贅沢!!!サウナは300円支払えば使えるようですが、私はいりませんので、ぬるめの薬湯にゆったり。しかし。あろうことか、タオルと下着は持って出たものの石けんやシャンプーリンスを忘れるという不覚!銭湯は、スーパー温泉とは違って、そんなユーティリティはなくて、極めてシンプルでありました。ちょっと考えて、買い求めることにしました。自動販売機、は、ありません。脱衣所の横の壁の上のほうに、カーテンのかかった小さな窓があり、「番台にご用意の方はこちらに声をかけてください」という紙が横に貼ってあります。クリーム色の、色褪せたカーテンに向かって、「すみません!」と声をかけると、返事があり、「せっけんとシャンプーリンスが欲しいんですが」と言うと、「90円」とぶっきらぼうな返事。どうやら、どれも90円らいしので、500円玉をカーテンの隙間から差し出しすと、ほんのすこしだけの隙間から出てきた手のひらに、モノがのっています。いや、なんだか、レトロでいいわ!!!石けんはホテルなどにある小さい四角のヤツ。シャンプーとリンスはメリットでした。風呂場に戻り、頭や体を思う存分洗い、まあなんて気持ちいい!!!しかし、たった数人の客ではどう考えても赤字です。古びてレトロではあるけれど、きちんと掃除が行き届いていて、気持ちのいいことこのうえなし!お客さんがほとんどいないのをいいことに、お風呂のなかでストレッチをして、身体のすみずみまでリラックスしました。そして、髪を乾かすためのドライヤーもなし。洗髪していたロングヘアの女性は、しこたま拭いて、濡れ髪のまま帰っていったようですが、部屋の片隅に「おかま」のドライヤーがありました。「おかま」わかりますか?ビニールシートのがっしりした椅子の上に、大きなヘルメットみたいなのがついていて、上から風がぶおーっと吹いてくるもの。200円。やりました。ドライヤーと違い、手が自由ですから、髪をもしゃもしゃして、乾かします。気持ちいい!!!それだけなんですけれど。汗もたっぶり出るし、身体が芯から温まるので、夜もぐっすり眠れました。これ、絶対に、いい!!!美容にも、健康にも、いい!!!身近なところに銭湯があったら、行ってみることをオススメします。たった460円ですから!!!

      8
      テーマ:
  • 11 Jan
    • セクハラ反対だけれど、口説くのは賛成?

      女優ら黒いドレスでセクハラ抗議(ロイター)【ロサンゼルス共同】米アカデミー賞の行方を占う映画賞「第75回ゴールデン・グローブ賞」の発表・授賞式が7日午後、ロサンゼルス郊外のビバリーヒルズで行われた。ハリウッド映画界などで表面化したセクハラ問題を受け、多くの女優らが被害女性との連帯やセクハラ行為への抗議を示すため黒いドレスを着て、再発防止へ制度作りの必要性などを訴えた。抗議をした方たちの写真一例。「セクハラはよくないけれど、男性が女性を誘うのは犯罪じゃない」と立ち上がったのは、フランスの大女優カトリーヌ・ドヌーブ。(BBSニュース)作家や学識者、表現芸術の関係者など著名なフランス人女性100人は、「ただ誰かの膝を触っただけ、あるいは誰かをキスしようとしただけで、多くの男性が問答無用に罰せられ、職を追われてきた」と批判している。「強姦は犯罪だが、誰かを口説こうとするのは(たとえそれがしつこくても、あるいは不器用でも)犯罪ではない。そして、男性が紳士的にふるまうのは、決して男尊女卑な攻撃ではない」と、女性たちは書簡で主張している。カトリーヌ・ドヌーブは若いころはそれはそれはセクシーな女優さんでしたね。この映画で、不倫族が増えたらしい。 昼顔 [DVD] 6,264円 Amazon レイプは犯罪ですが、女性なら(特に、若くて美人なら) 男性に惚れられやすくて当然。女性の自己防衛手段としては、・ひとりでのこのこと出かけない (一緒に行く女友達を日ごろから作っておく)・年上の女性メンターを見つける・男性とお酒を飲むときにはほどほどにする(か飲まない)その昔、(かなり大昔です)ある上場企業の社長が海外のホテルで、「部屋に書類を持ってきて」と言って、書類を届けた女性を襲ったとか襲わないとかいう事件がありました。被害者がたまたま知人だったのですが、彼女は弁護士をたてて、ずいぶん何年か闘ったようです。「疲れているから、部屋に届けてと言われて、届けないわけにはいかない」と彼女は言っていましたが、実は社内でも結構いろいろあったみたいでした。(もう、その社長は亡くなっていますが)相手が大物だと、弁護士をたてて訴訟を起こしたところで、ほとんどどうにもならないようでした。証拠もないし、「部屋に行った=了解している」ととらえられてしまうので、損害賠償もさほどもらえなかったようです。しかし、お金の問題ではないですよね。心の傷はお金では解決しません。女性が被害者になってはいけないと思いますが、一方で、セックス産業や枕営業など性をウリモノにしている女性たちもいますし、政財界用の接待専門会社もあれば、ハニートラップ専門会社もあるそうです。(という話を大手商社マンに聞いたことがあります)セックスは利害じゃないのにねえ。もちろん、暴力や犯罪であってはいけません!!! 警視庁情報官 ハニートラップ (講談社文庫) Amazon

      10
      テーマ:
  • 09 Jan
    • わずか4日で資産2370億円!?

      中国の景気のいいニュース。1月9日の話題は「中国で最も裕福な女性、わずか4日で資産2370億円膨張ー保有株上昇」36歳の楊恵妍さんは、中国最年少の女性ビリオネアとなったそうです。さて、2370億円あったら、何をしますか?今年はお金を貯めたい、節約したい、お金持ちになりたい、など、夢を持っている方も少なくないと思いますが、日経ウーマンの「月収20万円で貯蓄1000万円 幸せ女子の貯め方」 も参考になるかも?1000万円貯蓄している女性は家計簿をつけない傾向であるとか、銀行預金は分散しているとか、なかなか勉強になります。しかし、身の丈が一番!今年はコツコツがよいそうです。奇門遁甲の第一人者である昇龍さん、占いTVにも出ていました!昇龍さんのお母様は、奇門遁甲では政財界でもファンが多い有名なフォーチュンクリエイターの翠真佑さん。私はその昔、女性誌の編集をしているころに長らく担当させていただいたことがあります。跡を継がれた昇龍さんも、美男子で素敵な方。以下、転載。昇龍によれば、2018年の金運UPのキーワードは「コツコツ」。一獲千金を狙うより、コツコツ貯金をする、日々の出費を抑えるなど、地道な努力が大切なのだそう。 それを踏まえて、昇龍と法演から金運を上げるポイントが3つ提示された。1つ目は、「銀行はみずほ銀行がイイ!」。具体的な銀行名が挙がって会場はざわついたが、これは通帳やキャッシュカードが青色の銀行がよいということなのだとか。普段利用している銀行の通帳やカードが青系でない場合も、通帳を青い封筒に入れて保管することで金運が高まるという。 2つ目は、「お金はカーテンレールの上に置くとイイ!」。「カーテンレール?」とこれまた驚きのギャラリーに向けて法演は、「神棚がいいのですが、今はないお宅が多いですよね。自分にとって一番キレイで、手に触れないところに現金を置いてほしいという意味です」と解説を加えた。家に現金を置いておくと、お金が呼び水となってさらにお金を呼んでくるのだそうだ。 3つ目のポイントは「アボカドを食べるとイイ!」。法演は「昇龍先生がおっしゃっていたように、今年は仕事をコツコツやってお金を貯めていくのがよい年」と語り、仕事運を上げる食べ物であるアボカドを週に1度は食べて、仕事運を高めることをすすめた。とのことですよ!こちらの本には運気がアップする方角のアドバイスもあります。 2018年版 昇龍の四柱推命開運暦 Amazon

      12
      テーマ:
    • ”農泊発祥の地、大分県宇佐市安心院で見た農泊のほんとうの意義”

      ベジアナ小谷あゆみさんのブログでは、大分県安心院の農泊の記事を日本農業新聞のコラムに書いたとのこと。文中、「しあわせ農泊」という書籍の紹介があります。この本、読んでみたいなあと思って、Amazonで調べてみました。 しあわせ農泊―安心院グリーンツーリズム物語 Amazon 読者(トップカスタマー)の touten2010さんのレビューを紹介させていただきます。(以下、Amazonサイトより転載)私も読んでみようと思います。著者の語りはぼくとつで話は散漫になりがち、しかしその言葉の中に見られるするどい視点、地域振興に向けた大きなビジョンと大胆な戦略には驚嘆すべきものがある。「農業は楽しい上に、時間が自由である。ただ儲からないだけである。当たり前だ。自分で作った物に他人が値を付けるのである。この克服なしに今の日本では農業の再生は難しかろう。私にとってのグリーンツーリズムは農業再生の一環なのである。P.24」「荒れたぶどう畑から立ち上がってp.207」グリーンツーリズムはスタートする。「フランス、オーストリアでは10人に1人がグリーンツーリズム関係で働いており・・ヨーロッパでは一大産業化されていることをさらされ、p.34」ぼうぜんとした著者はグリーンツーリズム研究会を立ち上げ、とにかく農泊をスタートさせる。無尽講でお金を積み立て、自腹でみんなでドイツへグリーンツーリズムの研修に行く、研修に補助金を出すと言われても断ってしまう。「改装するなどお金をかけないで空いている部屋に泊める。「安心院方式」p.48」は「一度泊まれば「遠い親戚」・・「10回泊まれば本当の親戚」p.49」「家をそのまま使えるので、ほとんど元出がかかっていない。だから、いかにお客が少なかろうが倒産がないp.156」安心院方式によるグリーン・ツーリズムの拡大の前に障害として立ちふさがる行政による様々な規制と戦い、緩和を勝ち取っていくのだが、闘った相手にも感謝を忘れず最後は味方に引き入れてしまう懐の深さ。「個人個人が潤うことにより、地域が自然と潤っていく。グリーンツーリズムのなせる技であるp.206」グリーンツーリズムはあくまで産業だが、「グリーンツーリズムで軽トラックは買えてもクラウンは買えない。だから、肩の力を抜いて、まず楽しもう。グリーンツーリズムで楽しむという笑顔が、総合的に生活全体を良くしていくのだと思う。p.231」と余裕も示す。「世の中に合わせたら、世の中は変わらんやろp.150」等、この本で登場する人々の語りの一つ一つが人の心を豊かにするフレーズに充ち満ちている。著者の直近のテーマは日本のILO132号条約の批准であり、日本人がバカンスを楽しめるようになることであり、それによって農泊で農村が豊かになることである。この本を読んだ人は、この素晴らしい闘争を一緒に闘いたくなるだろう。

      4
      テーマ:
    • 成人式を迎えたみなさんに

      成人、おめでとうございます。一部では振袖を着ることができないような大事件もあったそうで、被害にあった方たちはお気の毒でした。私のふたりの姪も、今年成人式を迎えました。二十歳になった姪たちに、私が贈ったものは十年日記という日記帳です。日記帳なんて嫌がるかなあとか、押しつけがましいかなあとか思ったのですが、捨ててもいいや、と思ってあげたところ、思いのほか、ふたりとも喜んでくれました。「おもしろそう」「書いてみるわ」私は20歳のころ、何をしていたかというと、19歳で就職した凸版アイデアセンター内カニセデザイン事務所でデザインや企画の仕事をしていました。1時間ほど乗る通勤電車は満員でストレスMAXでしたが、仕事は面白かったように思います。当時女性は午後8時には帰らなくてはいけなくて、残業が許されなかったので、社長に抗議したことがあります。午後8時すぎまで仕事をして、そのあと飲みに行って、終電だと家まで帰るバスがないので、始発の電車で帰って、着替えてとんぼ返りで会社に行ったりしたこともあります。仕事も遊びも忙しくて、トイレや給湯室でうたた寝したりすることもありました。当時、若い女性のクリエイターがいなかったこともあり、私は、花王や資生堂、不二家、グリコ、日産など、大手企業の女性向けやファミリー向けのSP(セールスプロモーション)の企画などを任されたり、社内で「女性向け」の企画を担当している人が「これ、どう思う?」なんて聞きにきたりして、まあ、蝶よ花よという扱いもあったりしました。が、給料は安いし、仕事は1年で10年分くらい、叩き込まれたと思います。それがあとあと、とても役にたったことは言うまでもありません。そんな20歳から30歳になるまでの10年間に、恋をしたり、失恋したり、結婚したり(あとで離婚した)、起業したり。海外取材もあちこち行きましたし、有名アーティストも多数インタビューして、私自身もテレビにゲスト出演したこともありました。(20代で仕事で行った海外は、アメリカ西海岸、アメリカ一周、ニューカレドニア、バリ、メキシコ、エジプト、グアム、サイパン、タヒチ・・・・など)もちろん、40代、50代も、面白い人生であったとは思いますが、振り返ると、一番エキサイティングだったのが20代だったように思うのです。だから、ふたりの姪たちにも、また新成人のみなさんにも、20代を面白くチャレンジしてもらいたいな、と思います。 二十歳の君へ―16のインタビューと立花隆の特別講義 Amazon 二十歳の原点 [新装版] Amazon 二十歳の君へ―16のインタビューと立花隆の特別講義 Amazon 二十歳のエチュード Amazon 二十歳までに考えておきたい12のこと―現代人の暮らしといのち Amazon 20歳のときに知っておきたかったこと スタンフォード大学集中講義 Amazon お金の教室 二十歳の君に贈るマネー運用論 ( ) Amazon 二十歳にして心朽ちたり Amazon 戦争案内―ぼくは二十歳だった (平凡社ライブラリー) Amazon SMAP二十歳 1,998円 Amazon

      4
      テーマ:
  • 07 Jan
  • 06 Jan
    • 1月6日限定のガレットデロア

      ガレット・デロ・ロア王様のお菓子、という意味だそうです。12月25日に生まれたキリストのもとに、星の導きによって3人の賢者が辿りついたのが1月6日。ガレットのなかに、小さな陶器のお人形があり、カットしたときにこれが入っていた人は1年間幸せになると言われています。桜新町のサザエさん通りにあるフレンチケーキの銘店では、1月半ばまでは買えるようです。バターのいい香りに、チャームがなくても幸せになる美味しさ!!!

      10
      テーマ:
  • 05 Jan
    • 年賀状の秘密に気がついた???

      まず、わんこのほう。いぬの顔が富士山。これは簡単。その下の足跡。よく見ると富士山が!そして、逆さにすると爪に文字!さらにさらに、2018の上のたて線、よくよく拡大すると、あけまして、おめでとう の文字!!!わかりますか???もうひとつのほう。犬の絵馬と思いきや!?トリもイノシシもいるじゃありませんか!!!で、丸い「年賀」の文字はなんだろう?逆さにすると、いぬの顔???そして!!!お年玉の当選番号のところにも、犬の透かし模様。もっと秘密がある??みなさん、知ってました???

      16
      1
      テーマ:
  • 04 Jan
    • 地域がつながる年に

      和光市市長の松本さんの新年のブログをシェアさせていただきます。松本さんは、まだ記者をなさっていたころにご縁があり、市議になられたころに和光市のビオトープを見学させていただいたことがあります。そのころはまだ、和光というのはちょっと遠いところ、という感じでしたけれど、現在は渋谷から副都心線で1本で行けます。松本さんは、ソーシャルメディアでいろいろな情報発信をしていらっしゃいますが、私などは勉強になることが多々あります。新年のご挨拶は「地域がつながる年に」というタイトルの市民新報さんの記事。地域がつながる、ということは、地域のなかでつながることと、地域と地域がつながること。「人と人がつながることがより強固になること」(記事中)私は、メディアが多様化するなかで、どんな人とどうつながるのがよいのか、あるいは、自分のつながりをどう活用したらいいのかを考える新年となりました。ここ10年ほど年賀状を欠礼していましたが、昨年末は心掛けを改めようと、名刺整理から始めたところ、たった2年の間にいただいたものだけで3000枚を超えているということがわかりました。ネットでよく「人脈を増やす」とか「いいね!を増やす」など、動員や集客のセミナーをやっている人を見かけますが、私の手元にあるお名刺はすべて、面識があり、仕事や活動に関わる際にお会いした方ばかりです。しかし、逆に、たくさんお名刺を頂戴していても、そもままにしてあるのはないことと同じです。小さいことではありますが、今年は不義理をなるべくなくして、また、貴重な「つながり」を大切にする年にしたいと思っています。ところで、地域と地域をつながる試みであるマルシェ「ふたこ座」(二子玉川ライズ)1月は18日から20日の3日間です。農と食女性協会(nojo.link)もブース参加していますので、どうぞお立ち寄りください。全国各地の自治体、農業者のみなさまのマルシェ支援もしております。

      2
      テーマ:
    • 謹賀新年 今年もよろしくお願いします。

      長らくブログをご無沙汰していましたが、運営スタッフの方から公式ジャンルの変更をしろというメッセージが届いていました。私におすすめのジャンルはなんと主婦だそうです。ご存知ない方も多いと思いますが、アメーバブログが開設された当初、「ジャンルで1位」になると賞金がいただけました。私は半年間ほどの間に何度か、起業ジャンルで1位をいただいていたことがあります。(ちょっと不確かですが)1996年にW-SOHOという女性のスモールビジネス支援のネットワークを作りました。翌年にW-SOHOリーダースリンク(通称リーダース)という女性起業家のネットワークを主宰して、こちらはいまもFacebookのグループで継続しています。リーダースの初期メンバーは、いまや大活躍している女性起業家も多いのですが、当時は主婦だったという人もいたことは確かですし、これからの女性起業家は、家庭も仕事もこなす人がたくさんいるに違いありません。でも、残念ながら、私は主婦ではなく、主婦の日記も書くことができません。昨年の投稿も、投資家のレポートなどや女性の働き方について書いていたはずですが・・・なにはともあれ、正月早々、笑ってしまいました。しかし、ジャンルを変更しろということですので、とりあえずは「自治体」というジャンルにしてみました。各地域で、農商工連携や6次産業化などの地域ブランドづくりや、昨年は GAPの基礎知識などのセミナーをさせていただいているからです。また、二子玉川ライズでは「ふたこ座」というマルシェの出店支援をしていますし、「農と食女性協会」(nojo.link)でもブースを出しています。今年は全国各地のプロモーションを展開していくお手伝いに力を入れていこうとしておりましたので、「自治体」というジャンルはぴったりともいえます。また、元気な地域づくりや、地域ブランドには、女性の力はなくてはならない要素です。女性起業家ネットワークのつながりも有効に活用していっていただければなによりです。 女性起業家・リーダー名鑑―108人の108以上の仕事 (コミュニティ・ブックス) Amazon 女子力の時代を拓く━女性起業家・リーダー名鑑 (コミュニティ・ブックス) Amazon 農業女子 Amazon 農業女子のおうちごはん Amazon だいじょうぶ。 ニャンとか生きていけるよ Amazon

      1
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 1,309

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。