• 26 Dec
    • 蓮舫さんは同姓に共感を持たれるリーダーになれるか?

      産経ニュースの「豊田真奈美の野党ウォッチ」と言うコラムで、蓮舫さんの不人気について述べている。ツンツンしているように見えるとか、意地が悪そうとか、それは国会とか仕事だからじゃないのかなあと肩を持とうとしていた人であっても、あの「金スマ」出演で、ガラガラと音を立ててがっくりと来たはずだ。本当のところはどうかわからないにしろ、人前で、自分の夫を犬以下だという人を、尊敬できるだろうか。双子を育てあげたお母さんとして立派だと思いたいけれど、そのふたりともが海外留学をしているセレブ家庭とあっては、貧困家庭をなんとかしようと言ったところで共感は持てない、という著者の意見にもうなずける。でもここで、唯一共感したというのが、男性に腰を触られたときに「キッパリ断る」という話になって、なんとも腰だけに腰砕け。所詮、そんなものなのか、女は。そんなところにしか共感は得られないのかと思ったら、いろいろな意味で情けなくなった。実は私も蓮舫さんの講演をマジカで拝聴したことがある。個人的にはとても苦手だけれど、会ってみたら気持ちが変わるかと思い、その会合には義理もあったので、参加してみたのだ。で、結論としては、やはり好きにはなれないと思った。たぶん、友達にはなれないと思う。でも、男性が気づかないことなどを国政に反映させてくれる女性議員のみなさんには、それぞれがんばってほしいと思う。100点満点の人などいるわけがないのだから、いいところを見つけて、応援できるところは応援しよう。と、頭では思う。でも。小池百合子さんと比べてしまうと、どうも、「女性」のリーダーの器としては、小さいように感じてしまいますね。どちらがいいとか、悪いとか、好きとか嫌いとかではなく、リーダーとしての立ち居振る舞いや表情、しぐさ、話し方など、参考にさせていただき、そして、「女性」としての立ち位置を踏まえた政策提言に注目したいと思います。もういいかげんに票集めの「待機児童」問題はやめましょうよねえ。こちらは産経ニュースの記事↓http://www.sankei.com/premium/news/161223/prm1612230023-n1.html

      25
      テーマ:
  • 25 Dec
    • 死ぬほどの「仕事」なんてない

      「生きていること望み」=高橋さん命日で母親手記-写真も公表・電通過労自殺 大手広告代理店電通の新入社員だった高橋まつりさん=当時(24)=が過労自殺してから1年となる25日..........≪続きを読む≫[アメーバニュース]ハードな仕事やパワハラなどで悩んでいる人はたくさんいると思う。やっと就職できて、「がんばろう」と思っているのに、思うように仕事ができなかったり、いろいろな障害が立ちはだかって、自信がなくなったり、生きる希望がなくなったりすることもあると思う。でも、社員なら、「嫌なら辞める」という選択があるということを忘れちゃいけない。辞めたら、もう2度と同じような会社に勤めることができなくなるんじゃないかとか、お給料が下がるのではないかとか、恥ずかしいとか、いろいろなことを考えてしまうかもしれないけれど、「なるようになる」私は、大昔、通勤ラッシュがつらくて、会社務めを辞めてしまい、就職ができずにフリーランスになったという「負け組」です。フリーランスは生活も不安定だけれど、時間は自由。といっても、逆に、24時間仕事ばかりしているとか、不眠不休で徹夜もやむなし、という暮らしになったけれど、自立とはそういうものだと思う。そして、会社をつくり、軌道に乗るまで数年は毎日苦しくて、やっとお金と時間とやりたいことができるようになったのもつかのま、いろいろなアクシデントがあって、またまた苦しい日々が続いたときには、「死にたい」とか「死んだら楽になるだろうな」と思うことも、まま、ありました。もっとも、そのころの「大変」は、仕事の大変ではなくて、資金繰りの大変であって、毎日毎日お金のことばかり考えなくてはいけない日々が本当に嫌でした。さらにさらにいろいろ紆余曲折があり、またまたフリーランスに戻って、「自由」を手に入れたわけですが、もちろん、自由でいるための不自由(不眠不休で仕事をするとか、仕事をしてもボツになったりして苦労が報われないとか)もあるわけですが、それでも「死にたい」と思うようなことはなくなり、仕事も楽しいことばかり(たまには違うこともあるけれど)を選ぶことができています。死ぬことはありません。キャリアなんて、美貌と同じで、年をとったら関係ありません。お金も、なければないで、日本にはちゃんとセーフティネットがあります。しかし、若くて、健康で、体力があれば、生活保護じゃなくても、仕事はたくさんあります。雇用されていて苦しいのであれば、雇用されない道もあるということを知っておくことです。「いつでも辞めてやる」「いつでも辞めることができる」そう思ったら、少しは頑張れるかもしれませんが、とにかく、つらいときは、ひとりで抱え込まないこと。絶対に、道は開けます。たなぼた主義―自分のほしいものを作る、自分の夢をかなえる (W‐SOHO BOOKS)648円Amazon

      7
      1
      テーマ:
    • 「セレブ」の法則? お金持ちになる近道は・・・

      たまたまテレビをつけたら、すごい人と思われる人が「自分よりすごい人」を紹介していく、という番組をやっていました。田園調布のマダムに始まり、なにやら高級品を扱うセレブ?の方から、セレブつながりで紹介されていくわけですが、「ホンモノのセレブ」は取材拒否。当たりまえですよね。よって、テレビのバラエティなどに出るほどのセレブなどはお里が知れる、つまり「成金」ネットワーク。ざっと見たところ、成金になる秘訣がわかりました。1.ビジネスはお金持ちを対象にする  ・金持ち専門の不動産屋  ・金持ち専門の美容院  ・金持ち専門の歯科医  ・金持ち専門のアーティスト2.セレブなパーティーに参加する  ・高級ブランドのプライベート・パーティー  ・セレブが集まるチャリティーパーティー  3.高級住宅街に住む  ・日本なら、田園調布、白金など  ・アメリカなら、ビバリーヒルズ、もっとプライベート高級住宅地(名称忘れました)など4.うさんくさい商売をする  ・健康食品のねずみ講みたいな組織をつくる(親玉になる)  ・医者でも「心療内科」でタレント専門  ・わけのわからない占いみたいなことをする5.遊び場を選ぶ  ・六本木でお食事をする(かなりうさんくさい)  ・クルージング・パーティー  ・乗馬クラブ (余談ですが「ワイン会」もセレブが集まるらしいという別情報あり)再度書きますが、テレビに出るような「セレブ」はお里が知れているセレブでして、見たところ、お育ちがいいとは思えないのですが、・ 豪勢な家に住んでいる・ 服やバッグ(もちろん高級ブランド品)をやたら持っている・ 家具など「値段はわからない」と言う(特注品だったりする)・ 高級な車を何台も持っている・ (男性の場合)派手な若い女性を連れている・ (女性の場合)顔が叶姉妹にそっくりで、露出度が多いドレスを着ているこんな感じでありました。あと「経営者のパーティー」というのもいくつか紹介されていましたが、合コンみたいな写真でした。まあ、若手経営者の会なんて、そんなものかもしれません。何度も書きますが、所詮、テレビのバラエティですから、ロクなセレブではないのは明白ですが、「お金持ちになるって、こんなことなのか」と、いささか考えさせられる番組でもありました。「お金持ちになって、ゴージャスな暮らしをする」ということに、彼らは本心から満足しているように見えました。お金持ちどうしのつながりが「電話1本で話ができる」というのも、彼らはアタリマエのように振る舞っていました。でも。私は、彼らのような生活や暮らしが羨ましいとは思えませんでした。負け惜しみ?そうかもしれませんけれど。なんとなく、ばかばかしいように思えました。「清貧というのは、努力しても身につかないことを正当化する言い訳でしかない」と、「マーフィーの法則」のジョセフ・マーティー博士が言ったそうですが、果たしてそうなのでしょうか。

      1
      テーマ:
  • 06 Dec
    • 猫とビートルズ

      小林麻央さんが猫のお弁当を作っていましたが・・・それには関係なく猫とビートルズ1,296円Amazonいよいよ発売です。雨樹一期さんのトイカメラ写真や猫ちゃんの写真を見たときに、大ファンになって、「いつか一緒に仕事をしたい」と思って連絡したのは早3年前?大阪在住の雨樹さんと東京で会って、大阪で会って、そして、いろいろ智恵を絞って、このかわいいにゃんずをどう編集したらいいかと、モンモンと考えること1年余り。そのころ、たまたま、フリーライターの今一生さんが訳したビートルズの歌詞を読んで、「これだ!」と思ったんですね。今さんは単に意味がわかるように訳しただけじゃなくて、「日本語で歌える」という訳にしていらしたのですが、日本人でも知っているビートルズの名曲が、シングルマザーや貧困やひきこもりや、反社会的なものが少なくないということがわかりました。日本人になじんでいる名曲の持つ意味。なんだかおもしろそう。編集部のA女史と上司のK発行人にプレゼンしたら、「帯は『権力の犬にはならない』だな」と、帯が最初に決まりました(笑)雨樹さんの猫写真はあるし、今さんの翻訳歌詞もある。これはすぐにできるわい。と思ったら、大間違いでした。まず、ビートルズの歌詞は、英語はおろか、翻訳も掲載してはいかんということに。(それがわかるまでにかなり時間を要しました)そんなこともあり、今回の本のなかで今さんの文章はすべて書き下ろしです。(でも、今さん、すごく仕事が早いのにはびっくり)この本に掲載してある雨樹さんのにゃんずの写真を、LAWSONのマルチプリンタでも買えるようにした、というのも、ちょっと新しい試みです。2017年のカレンダーもマルチプリンタで購入できるはず。ということで、12月7日発売ですが、すでにAmazonでも購入できます。お近くの書店で、手にとって購入していただければ、さらに嬉しいです。

      25
      2
      テーマ:
    • 食の資格を活かしていますか?

      野菜ソムリエは5万人を超えたという情報ですが、そのほか、フードスペシャリスト、フードアナリスト、フードコーディネーター、フードスタイリストなど、食の民間資格は50種類以上!それぞれが特徴あるものの、もはや、単に資格をとっただけでは就職や自立に役立つというものではなくなっています。「料理が得意」「野菜の知識が豊富」「実際に栽培している」「商品開発や研究所で働いている」「バイヤーをしている」など、実行力と現場の経験を積んで、オリジナリティある「強み」を出していくことができると差別化につながっていきますね。さて、多くの食の資格は、主に素材の知識や調理、食べ方など、消費者に近い視点でのものが多くあります。消費者として、もっとも関心があるといってもいいのが「食の安心安全」ですが、実際に畑仕事をしている方たちが考える「食の安心安全」について勉強してみたいと思い、勉強会を開催することにしました。日時:12月11日(日)午後12時~15時 参加費無料(ただし、会場費1000円)会場:ピラタス桜新町長野県のりんご農家、チクマ農園の小林基博さんに、りんご栽培についてのお話をうかがいます。りんごの試食、食べ比べも予定しています。また、フラワーアーティストの日高容子さんによる、りんごを使ったクリスマス・アレンジメントやお正月のおもてなしアイデアも教えていただきます。当日は、飲食は各自持ち寄りでお願いします。また、物々交換やプレゼント交換などができるものがあればお持ちください。主催:農と食女性協会

      4
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 1,312

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。