• 30 May
    • 伝説のカメ!

      北太平洋最大のアオウミガメ産卵地 屋久島で、今年も卵を産んだカメがいる。ジェーンは、人間だったら、80歳か90歳。それだけでもすごいのに、ジェーンには後ろ足が1本ない。だから、産卵するときに砂を掘るのも大変で、普通のカメの3倍も、4倍も、時間がかかるのだそうだ。今年、ジェーンは133個の卵を産んだという。片足で必死で砂をかき、卵を産み落としている映像を報道番組で見た。ほんの数秒の画像だったけれど、感動してしまった。がんばれ、ジェーン!検索したら、書籍が発行されていました。ジェーン―屋久島、伝説のアオウミガメ/KYT鹿児島読売テレビ¥1,260Amazon.co.jp

      テーマ:
    • 出版プロデュースをしています。

      私が最近手がけている仕事のひとつに、株式会社サマンサネットの書籍プロデュースがあります。サマンサネットは女性だけの整理・お片付け専門会社で、引っ越しやリフォームのときの梱包や開包などのほか、ごみ屋敷や汚部屋と呼ばれるような壮絶な部屋を片付けることもしています。どうしてそんな部屋になってしまうのかとか、そうした「ものを溜めてしまう人たち」というのが特別な人ではないということなど、書籍のなかには書かれているのですが、特に力を入れて紹介されていることは、高齢者の暮らし方について、です。たとえば、高齢になって病院生活をするとか、あるいは老人ホームに入ることになったら、どんな価値があるものであっても持っていくことはできないのです。にもかかわらず、処分できないものを抱え込んでいる人がとても多いし、それはとにかく「ふつう」のことなのだそうです。ちょっと話が飛ぶけれど、80歳でDLをやっているという女性(外国人)が来日するとかしたとかで、インタビューが「日本で何を買いたいですか?」という質問をしたとき、「何もいらないわ。十分年をとった今は、ものを増やすより減らしていくほうが重要よ」みたいなことを答えていました(ちょっと違うかもしれないけれど)「お片付け」本は出版社にとってはキラーコンテンツ。それだけ、片付けられない人が多いということ。そして、時代は、高齢化社会となり、高齢者の住まいのごみ溜め化について、娘(や息子?)がみんな悩むこととなっているといいます。確かに。私も、自分の暮らしぶりはさておいて、親の家のモノの多さにうんざりするし、実家がもっとスッキリすればよいのに、と考えることがあります。バブルのころを知っている高齢者の方たちはみなさん、いいものを持っているから、捨てるに捨てられないということがあるのだとか。サマンサネットの本は、7月に発売予定。まだ、最後の最後の原稿チェック段階ですが、すでに取材などの依頼が入りはじめています。「ベストセラーになるといいなあ」と取らぬ狸?今月はほかにも何冊か書籍プロデュースが進み始めています。「本を出したい」という企業の方のご相談にものっています。素敵な本を、たくさんプロデュースできたらいいなあ、と思う今日このごろです。

      テーマ:
    • フードスペシャリストという資格について

      今日は、公益社団法人日本フードスペシャリスト協会の総会でした。「フードスペシャリスト」というのは、専門学校や短大、大学で、21単位の授業を受けて、食についてしっかりと勉強した学生しか受験できない資格です。しかも試験は12月に実施されるために就活に有利とは言い難いのですが、それでも、フード・ビジネスに関心があり、将来「食」関係の仕事をしたいと考えている学生さんたちにとっては、「目的」となる資格だといえます。残念なことに知名度が大変低く、また、フードスペシャリストの資格保持者の活動もあまり伝わっていないのですが、すでに数万人(正確な人数を忘れてしまいました)が社会で活躍しています。この資格制度を制定し、教科書などをプロデュースしている団体が、日本フードスペシャリスト協会なのですが、この4月に、一般社団法人から、公益社団法人になりました。公益社団法人になるということは、公益な事業をすることが目的となるそうです。本日の総会では、通常の「フードスペシャリスト」の認定資格のほかに、上級資格となる「専門スペシャリスト」の実施についての発表(報告?)があり、参加会員校から多くの質問が寄せられました。そもそも「専門フードスペシャリスト」って、英語にしたら、スペシャルがだぶるんじゃないかと、名称に対してもクレームがあったんですが、そんな意見もどこへやら、で、平成26年度から実施と決定。一般のフードスペシャリスト資格と、専門フードスペシャリスト資格の2種類の認定試験があり、両方受験することも可能だけれど、一般のほうが合格しないと専門のほうは審査してもらえないというルールです。専門のほうは、食品開発コースと、食品・流通サービスコースが予定されています。フードスペシャリストのことをもっと知っていただくためには、フードスペシャリストの資格保持者の方たちのネットワークを作って、自主活動などをしていくことがよいのではないかと思っていますが、どうでしょう?資格を持っていらっしゃる方はメッセージくだされば嬉しいです。

      1
      テーマ:
  • 27 May
    • 50歳からもっと幸せになる

      今朝の「あさイチ!」 40代の着こなし特集でした。あのスタイリストさんの趣味は必ずしもいいとは思えないところもなきにしもあらずだったけれど、参考になりました。大人の女性は「かわいく」なるのではなく、「きれいに」ならなくてはいけないということ。そして、サイズのあった服を着ること。このふたつが守れたら、80%は成功したようなものです。おばさんだけど、おばさんになりきらないためには、お金をかけるのではなく、考え方を変えること。まさに同感。女性はいつまでもきれいになる権利があると誰かが言っていましたが、きれいになるのは権利じゃなくて、自由なんですよね。自分の自由を手に入れること。若いころより、年を重ねてからのほうが、もっと楽しいように思います。

      テーマ:
  • 23 May
    • TPO という考え方

      Facebookでちょっと話題になっている「大学生この服大すぎ」という写真のリンク。みんなが制服のように同じ服を着ていて、それについては「恥ずかしい」とか「みっともない」という感覚よりもむしろ「かぶった(笑)」と、ちょっと楽しいイベントとしてとらえているっぽい。ちょっと前なら「ユニクロでかぶった」というと、なんだかすごく恥ずかしいと思われたり、「安いブランド」とわかるということは、あまりカッコイイことではなかった。でも、いまは、ユニクロはぜんぜん恥ずかしくないし、シマムラだって、H&Mだって、「安くたって、かわいいからいいもーん」と、立派なブランドになっている。ま、それはそれでよいけれど、廉価ファッションというのはカジュアルなもので、たとえば自宅でお風呂上りに着るものであったり、リゾート地でリラックスするときに着るものであったりするようなデザインであったりする。にもかかわらず、ときとして、職場に、リゾートファッションとか、超カジュアルファッションで登場することがアタリマエと思っている人がずいぶんと増えてきているような気がするのですね。しかも、日本は温暖化が進んで、だんだん猛暑になってきているなかで、「服なんか着てられるかー」とばかりに、女子は肌も露わな下着みたいな(あるいは「見せブラ」とか)服であったり。先日などは佐賀県の武雄市では市長までもが短パンで登場したとき、私はちょっと気を失いそうになりました。気を失いそうになったのは私だけではなく、武雄市の勇気ある市民が「いくらなんでも短パンはふしだらではないか」と、市役所に質問を投げかけ、それに対する答えがこれ。 6月1日から、環境省のクールビズを一部上回る取り組みをいたしておりますが、「短パンOK」の表現にやや「ふしだら」なイメージを連想される向きがありましたことに対し、お詫びを申し上げます。 実際に軽装をしている職員は、半ズボンにポロシャツ、あるいは武雄のPRを兼ねたレモングラスTシャツなどのスタイルで、少なくとも「ふしだら」な感じはいたしておりません。 軽装に関しましては、「派手な服装やだらしない身なりにならないこと」を条件とし、何より、市民の皆様が不快な思いをなさらないよう十分注意するよう、指導をしているところです。 ご指摘のとおり、公務員のマナーを保持し、心のこもった丁寧な接遇ができるよう、今後とも努力してまいりますので、今回のクールビズの取り組みについて、どうかご理解をいただきますようお願いいたします。 ご意見、ありがとうございました。担当部署:政策部総務課人事係担当者名:水町TEL:0954-23-9315 FAX:0954-23-3816E-mail:soumu@city.takeo.lg.jpまあ、暑いときには涼しい服装がよいのでしょうけれど、TPOというものがいつからなくなってしまったのでしょう?そもそもTPOって言葉を知らない人のために書いておくと、Time(時間)、Place(場所)、Occasion(場合。Opportunityと使われることもある)の頭文字をとって、「時と場所、場合に応じた方法・態度・服装等の使い分け」を意味する和製英語。この概念の発案者は「VAN」ブランドの創始者・石津謙介氏。(Wikipedia)とき、ところ、場合、そして、相手、状況を考え、どんな服装をすべきか、ということは、マナーであるというか、常識である、と長いこと、考えてこられていたのだけれど、ここへきて、そんなことをまったく考えない人たちが社会の中心になってきたわけです。私がさらに驚いたことは、フランス料理のレストランで開かれたパーティに、ジーンズで参加したベンチャー社長(男性)がいて、「いくらカジュアルな会とはいえ、フレンチにジーンズはマナー違反でしょう」と申し上げたところ、「僕はいつも、どこへ行ってもジーンズだから」と言うんですね。それが当然、という人が増えてくれば、それがスタンダードになっていくのですが、それでいいの?という考えも、知ってほしいと思います。改訂版「さすが!」といわせる大人のマナー講座/日本マナー・プロトコール協会¥1,995Amazon.co.jp

      テーマ:
    • 夏までに痩せるために

      昨年に続き、今年もラジオ体操を始めました。朝6時起床。自転車で15分くらいの駒沢公園まで行って、ラジオ体操を「気を入れて」やる。3日続けたところで、太腿やら身体のフシブシが痛くなる始末。ふだん、どれだけ運動してないんだ、私。さて、「R25」によると「筋トレだけでは腹筋は割れない」そうです。『やってはいけない筋トレ』(青春新書)などの著書を持つ、NSCA公認パーソナルトレーナー、坂詰真二氏によると、「腹筋は正式名称を腹直筋といい、中央で縦に入る“白線”によって左右に分かれています。さらに“腱画”という骨に似た硬い組織が等間隔で水平に入っているため、6つに分かれて見えます。そして、この6パックがはっきりと見えるようにするには、体脂肪率をだいたい10%以下にまで下げる必要があるんです」とのこと。じぇじぇじぇ。つまり。体脂肪率が下がれば、胃のあたりもスッキリするってことですか!「つまり、お腹を割るために必要なのは、食事制限や全身運動で貯蔵エネルギーである体脂肪を消費するべきなんです。ただし、食事制限だけすると筋肉が落ちて基礎代謝が低下し、かえって体脂肪が落ちなくなってしまうので、並行して腹筋運動を含めたバランス良い筋トレを行ない、全身の筋肉量を維持するよう努めてください」なるほど。って、そんなことはとっくのとうにわかっているけれど、できないんですよね。最近は「食べない」系の本が流行っていますが、そもそも現代人は食べ過ぎ傾向あり、ってことで、原始人までさかのぼるかーという本まで。「原始人食」が病気を治す (ヒトの遺伝子に適合した物だけ食べよう)/崎谷博征¥1,400Amazon.co.jp上記の本、妹がはまってます。たしか、ちょっと前までは糖質制限ダイエットに挑戦して、何キロか痩せた妹。今度は原始人になって痩せるのか、気になるところです。ちなみに、私はフェイスブックで「ダイエット日記」というグループを作っています。ただいまメンバーは9人。食べたものを書いているだけですが、それぞれがいろいろな情報をアップしたりして、早くも3キロ減とか、ウエストがゆるゆるとか、効果がでている人も!悔しい。私は減っていないどころか育っているぞ!猛暑に備えて皮下脂肪蓄えてどうする!「ダイエット日記」で話題になった本。ほとんど食べずに生きる人―引き算の生き方革命/柴田 年彦¥1,365Amazon.co.jpいやいや、「ほとんど食べない」なんて甘いぞ。「食べること、やめました」―1日青汁1杯だけで元気に13年/森 美智代¥1,365Amazon.co.jp食べないと健康になるんだって!?「食べない」健康法―コストゼロで今日からできる驚異の健康革命!/石原 結實¥1,365Amazon.co.jpなんてことを書きながら、私は食べます。ハイ。

      テーマ:
    • リーダース勉強会について考えていること

      ・「30分でわかるISO入門」 ISOコンサルタント 森格さん・「トマト産地取材でわかったトマトのあれこれ」 伊藤淳子・「経済産業省の中小企業支援の取り組み」経済産業省中小企業庁 Kさん以上が、5月20日のスピーカーでした。突然ですが「TED」(スーパープレゼンテーション)という番組をETVで放送しているのをご存じでしょうか?TED(テド、英: Technology Entertainment Design)とは、アメリカのカリフォルニア州モントレーで年一回、講演会を主催しているグループのこと。 TEDが主催している講演会の名称をTED Conference(テド・カンファレンス)と言い、学術・エンターテイメント・デザインなど様々な分野の人物がプレゼンテーションを行なうもの、と、ウィキペディアでは説明されています。TEDはネットでも配信されていて観ることができるようですが、私はもっぱらETVの再放送を楽しみにしています。TEDではいろいろなスペシャリストが登場して、それぞれの分野の話をおもしろおかしく、それこそ会場を笑いの渦にするようなスーパースピーチを展開します。リーダース勉強会は、ミニTEDみたいな感じもあり(いろいろな意味で、まだまだ試行錯誤していますが)、毎月、まったく違うジャンルのスピーカーが登場して、ちょっとしたエッセンスを語ってくれます。テーマが絞れていないから、いろいろなジャンルの人に会うチャンスでもあります。しかし根底は、私自身が会いたい、聞きたい、ということ。おもしろそうな話を「私ひとりで聞いてはもったいない」という「話題のおすそわけ」なのです。私は10年くらい「Jサロン」という「美味しいものをいただきながら、友達になる」サロンを開催していました。私が地域の仕事に関わるようになって、東京では食べたことがないとか、食べられない、美味しい地域のものをお取り寄せしたり、いただいたり、持ち寄ったりするという会で、それはそれは楽しく、また、準備も後片付けも大変(笑)な会でありました。リーダース勉強会は毎月マジメに開催するようになって、丸1年になります。1年やってみて、自分で、「ああ、ごはんを食べながらのサロンが、話題を共有するサロンになったんだ」と発見した次第です。考え、計画してやっているのではなく、やっているなかで形が見えてくるのが私のスタイルなのです。ということで、次回は6月。たぶん17日。どんな方が、どんな話をしてくれるかは、もうちょっとお待ちください。

      テーマ:
  • 21 May
    • やるなら今でしょ!梅雨入り前のお掃除!なんだって。

      SuperNewsによると、梅雨入り前に、網戸とサッシをお掃除するとよいそうです。みなさん、窓とか、ちゃんとお掃除してますか? 私は、窓を開けるとチビタ(猫)が脱走するので、なかなか窓を開けることができません。なんて言い訳をしていてはいけませんね。これから梅雨時に入るので、お天気がいいときこそ窓を開けて、ジメジメ対策しなくちゃね。風通しのよい家は運気もよいそうですし、お掃除も運気アップに良いといわれますものね。私は、自宅の周囲にプランタを置いて、小さな菜園を始めました。本当に、小さな小さな菜園。レタスとバジルとトマトとピーマン。食べ物ばっかりじゃつまらないので、小さな花も植えてみました。整理整頓、お掃除、お片付け、どれもこれも苦手ですが、気持ちよい空間を作って、梅雨を乗り切りたいものです。

      テーマ:
  • 15 May
    • 5月20日リーダース勉強会&交流会です。

      毎月恒例のリーダース勉強会&交流会。人と知識の和をひろげましょう!さて、今月は、3つのテーマです。ひとつめは、「経済産業省の中小企業ビジネス創造等支援事業について」仕事をしているときに「誰に相談したらいいだろう?」と困ることはありませんか?弁護士、中小企業診断士など、いわゆる士業を中心にしたアドバイザーに無料で相談ができるというサービスがあることを知っていますか?無料で、相談を受けるにはどうしたらいいか。また、全国で1万人規模の「専門家登録」を予定しており、膨大な予算でこの事業運営をパソナが受託していますが、その実態はどういうことなのか。経済産業省の担当者の方に直接お話ししていただく機会を設けました。ふたつめは、「はじめてのISO」 ISOコンサルタントの森格さんがスピーカーです。近所のミスドに行くと、ドアのところに「ISO・・・・」と書いてあって、そういえば「ISO]ってよく耳にするけれど、実際はどういうことなの?という人のための入門編。中小企業の方にも、知ってタメになるお話しです。そして3つめは、「夏に美味しいトマトの話」先月、トマトの生産地熊本に取材してきた私が、完成した記事とその裏話を紹介。絶品トマトジュースの飲み比べ試飲もご用意予定です。●日時 5月20日(月) 午後6時開場 午後9時退出●場所 港区 女性就業支援センター●参加費 3000円★準備の都合上、ご参加希望の方はお早目にご連絡いただけると助かります。

      テーマ:
  • 10 May
    • 「貧乏神」とさよならする方法

      最近、私は「整理・お片付け」の会社とお仕事をしているので、いろいろなお片付け本を参考に読んでいます。そんななかで、ピカイチに面白かったのがこの本。神さまがやどる お掃除の本/永岡書店¥1,050Amazon.co.jpそうなんですよね。日本は昔から「八百八の神」(やおろずのかみ、では変換できない!)といって、自然界のありとあらゆるところやモノに神様がいるという信仰があったわけで、「神様」の存在を信じるとか、信じないとかではなくて、「ありがとう」と感謝して、神様が居心地よく過ごせるようにお掃除をちゃんとしましょう、ということなんですよね。汚れは「けがれ」悪臭は「よどみ」ホコリは「病原」カビは「バイ菌」湿気は「腐敗」と、帯に書いてあるけれど、お掃除が基本なんですよね、うんうん。ただ「部屋を掃除しましょう」というだけの本はいろいろあるけれど、おうちの各部屋にいる神様をご紹介してくださって、それらの神様のためにお掃除する、という考え方は画期的!さすが永岡書店です。すぎうらゆうさんの漫画もGOOD(なぜか著者名には入っていないので、印税契約じゃないのね)細かなことを言うと、「地域の神さまリスト」は神社もお寺もまぜこぜで、神様も仏様もいっしょくたなところがおおざっぱではありますが、まあ、よいでしょう。私のうちも、とても狭いのですけれど、神棚があるのです。先日、箱根神社でお札とご霊水をいただいてきて、あげてあるのですが、ちゃんとおまいりを毎日しているわけではなく、ちょっと反省。まずは神棚をきれいにセットして、毎日、お水を替えるくらいはしなくちゃねえ。お部屋の隅々をきれいにすると、貧乏神や疫病神も退散して、いい神様が過ごしてくださるようになるんだそうですよ。よし、開運祈願しながら、お掃除お掃除!

      1
      テーマ:
  • 08 May
    • 「取り除く」ことが開運になる!という話やあれこれ。

      さて、今日は、開運アドバイザーの昇龍先生とお会いしてきました。晴れて、私、昇龍先生のマネジメントを担当させていただくことになりました!ということで、みなさん、どうぞよろしくお願いします。昇龍先生は、奇門遁甲という方位学と、四柱推命や命主占法という占法により、金運や良運、開運のアドバイスをされているのですが、奇門遁甲では「縁」や「運」をつけ、四柱推命や命主占法では「相性」を見るのだそうです。また、数々の開運グッズなどの話もしてくださったのですが、なかでもピカイチなのはやはり水晶。ヒーリング効果もあり、「守ってくれる」力があるので、邪気や悪いもののバリアになってくれたり、身代わりになってくれるそう。身代わりになってくれているお礼には、塩水で浄化するのがよいのですが、これは月1回程度やるとよいとのこと。ところで、そのほかにもいろいろな開運グッズがあるといわれていますが、「置きっぱなしにしてあるのはダメ」だそうですよ。埃をかぶって汚れてしまっては帰って運を逃すそう。そんなことなら「置いておくよりも、取り除くほうが開運になる」そうです。へーっ!!! なるほどー!!!言われてみれば、なるほどです。昇龍先生のお仕事場には神棚があり、龍神様がお祀りしてありますが、毎日ちゃんとお水をあげると龍神様が喜んでくださるのだそうですよ。あー、うちでもちゃんと神棚にお水くらいはあげねばーと大反省であります。ふだんなにげに使っているキーホルダーには、小さな水晶玉が入っている巾着がついているのですが、これは大正解!とのこと。「ブレスレットなどにしている方が多いので、あまり大きな声では言えませんが、水晶に穴をあけるのはおススメしません。身につけるときは、小さいものを巾着などに入れて持つほうがよいのです」よかったよかった。もしかしたら来月アメリカに行くかも?ということで方位をうかがったところ、アメリカは日本から見ると「東北」に当たり、今年は悪くない方角。特に、6月だと21日がおすすめということです。さて、どうしようかな。

      テーマ:
  • 01 May
    • 日本で3番目に人気のパワースポットで開運・縁結びを

      4月29日は、箱根九頭龍神社新宮の神事に参列させていただいてまいりました。箱根九頭龍神社といえば、芦ノ湖の九頭龍伝説を今に伝える龍神信仰の聖地、そして、縁結び、金運上昇のパワースポットとして知られています。あるテレビ局の調査では、縁結びのご利益がある神社の1位が川越氷川神社、2位が東京大神宮、そして3位が箱根九頭龍神社とのこと。HPによると、神社の由来は、社傳によると「西汀に驛路有り。毒龍は波を凌ぎ、雲を拏(とら)ふ。人民は多く損害免れず。萬巻は彼の深潭(しんたん)に臨んで石臺(せきだい)を築きて祷らせしむ。爾に毒龍は形を改め、寳珠并に錫杖(しゃくじょう)水瓶を捧げて乞ひて受降を要す。」(箱根山縁起并序)とあります。その昔、人民に被害を与えていた毒龍に対し、萬巻上人が湖中に石壇を築いて調伏の祈祷を行ったところ、毒龍 は形を改め、寳珠并に錫杖を捧げて帰依し、龍神となりました。今では、多くの人々に開運隆盛はもとより金運守護、商売繁盛、縁結びの龍神様として崇められています。とあります。九頭龍神社新宮は、参拝が困難な本宮より易くお参りが出来、箱根神社との両社参りもすぐに叶うお社として、平成 12年辰年元旦に建立されました。このとき、多額のご寄附をされ陰ひなたに貢献なさった翠真祐先生は、中国秘伝の奇門遁甲の第一人者。現在は嫡子の昇龍先生が翠流奇門遁甲を継承なさっており、29日の神事も真祐会の会員のみなさまを率いて参列なさっていらっしゃいました。私は20年以上前に、雑誌の仕事で翠先生に大変お世話になっていたことがあり、そんなご縁もあり、神事のあと、宮司様と昇龍先生、真祐会のみなさまのお茶会にもお招きいただきました。このとき、いろいろなお話をいただいたなかで「龍神様は水を司り、水脈を知る力があることから、金運やさまざまな運をひらく力がある」ということと、「縁結びというと、恋愛や結婚のことと思われがちだが、仕事においても何においてもご縁というものが大切。だから、よい縁を結んでいただくことが運をひらくことにつながる」というお話が印象に残っています。九頭龍神社は毎月例大祭を行っていますが、7月31日に「湖水祭」という大変神秘な神事を行います。これについては、箱根 和心亭豊月さんのHPに詳しく書いてあったので、転載させていただきます。7月31日に行われる湖水まつりは、芦ノ湖の守護神、九頭龍明神の祭典。湖上に3000個もの灯ろうが浮かび神々しく幻想的な雰囲気の中で、夜空には鮮やかな花火が打上げられます。また花火前に行われる太鼓演奏で気分は最高潮に。元箱根沿いに夜店も並びます。まばゆい光と轟音に心も体も癒されます。この時期は「芦ノ湖夏祭りウィーク」と称されるイベントを開催し、7月31日~8月5日まで、様々な催しとともに芦ノ湖上で連日花火が打ち上がります(年によって開催場所が異なります)。元箱根湾で開催の場合は、豊月の芦ノ湖棟の各部屋からもお愉しみいただけます。7月31日の湖水祭では、限られた人たちだけが小舟に乗って宮司様のお供をさせていただくことができるそうで、昇龍先生を筆頭に真祐会のなかでも選ばれた方のみが舟に乗られるとのことです。また、この神事と開運にご関心がある方たちのために、6月に説明会も予定されているようです。この写真は九頭龍神社の龍神水。「掌にうけて口を漱げば一切の不浄を洗い清め、これを家の神棚に供えて用うれば家内清浄縁起の養生となる」そうです。

      1
      テーマ:

プロフィール

伊藤淳子@A-Girl Creative

性別:
女性
誕生日:
2月21日生まれ
血液型:
O型
お住まいの地域:
東京都
自己紹介:
【プロフィール】 『だいじょうぶ。ニャンとか生きていけるよ』『天職が見つかる 女のお仕事バイブル』...

続きを見る >

読者になる

AD

月別

一覧を見る

カレンダー

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

このブログの読者

読者数: 1,312

読者になる

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。