組織の毒薬

テーマ:

 先週、副社長の日高が「組織の毒薬」という本を出しました。

 

 著者の日高裕介は、1998年にサイバーエージェントを私と二人で始めた創業者です。

 会社を始めるとき、役員が当時24歳だった私と23歳だった日高、あと学生バイト1人しかいない時に、

 

「名刺発注するんだけど専務と常務、どっちがいい?」

「・・じゃ常務」

「専務と常務だと専務の方が偉いんだぞ」

「マジで?」

「もう常務で決まりな!」

渋谷で働く社長の告白)より

 

というやりとりがあり、その後10年ほどして功績が認められ日高は専務に昇格しました。

 

 さらに2009年、ゲーム事業をゼロから立ち上げるにあたり、1年後により事業を伸ばした方の専務が副社長に昇進するという「専務対決」を制し、ずいぶん遠回りをして今の副社長という役職についています。

 

 日高は社内でも人気があり、不思議なほどブログやコラムで発する言葉が有り難がられます。なぜ私が不思議がるのかと言うと、(それ俺も前に言ったんだけどな・・)という話もあるからです。

 

 でも今回書籍になって読んでみると、同じ話をするにしても、確かに分かりやすく、妙に説得力があります。

 

 いくつかの頁を抜粋すると、

大きい決断こそ忙しい時にすべき

 

→篭って熟考していいのは人生経験が豊富な人で、かつ変化が少ない分野のみ


恐縮は無駄

 

→「低姿勢」をスローガンにしているだけに今うちの社内は気をつけて欲しい。恐縮ばかりしてると小物に見えます

 

競合に会わない

 

→業界の人と馴れ合ってる人には可能性を感じませんね

 

人を褒めてばかりいる人も信用されません

 

→褒めてばかりいるのと悪口ばかり言ってるのは同じだと

 

グループ間で名刺交換をして欲しくない理由

 

→実害は少なそうに見えるけど、本当にやめて欲しい

 

昔話は無意識のマーキング

 

→確かに。

 

 

 ベースが社内の内輪向けなので、非常に赤裸々ですが、その分話が具体的でリアルです。他社で働く人にも共通することが沢山あるのではないでしょうか

 

日高の本、おすすめです↓

 

 

 

 

 

 

 

AD

たった一人の熱狂

テーマ:
755のUI(ユーザーインターフェース)は、
自分だけのTL(タイムライン)に気軽に
呟けるように、シンプルなものにしました。

Facebookやtwitterのように人様のTLに
送りこむからにはそれなりに面白いものや
意義のある情報をなどと気を使わなくても
良いようにしたつもりです。
ブログのようにそれなりの長文を
書かなければならないという
プレッシャーからも解放しました。

また、閲覧ユーザーからのコメントも、
「やじうまコメント」と名付け、敢えて
やじうまという言葉を使うことで、
外野感をだして、コメントに反応しても
しなくてもお互い気にならないような
関係性を目指しました。
面倒なしがらみを抑えて、気軽に長く
使ってもらうことを目的にしているからです。

現在の大半のユーザーの使い方を
見ていると、当初の目論見通りに
使っていただけていると思います。


ところがそのような使い方を全く
無視し、凄い人気を博している
トークがあります。
幻冬舎見城徹社長の755です。

現在も、タレントやアイドルがずらりと
並ぶアクセス数上位ランキングの
ど真ん中に見城さんのトークが入り、
ひときわ異彩を放っています。

今までSNSなどやったことがなかった
見城さんが、匿名のユーザーの
コメント全てに答えているのです。
しかもかなりの長文です。

見城さんが如何に対等の立場で
しかも等身大で、やじうまコメントに
くるユーザーと対峙しているかは、
本人をよく知る私から見ても明らかです。
熱い言葉で檄を飛ばし、時には厳しく
叱咤し、そんな見城さんの姿勢を
見ているうちに常連のユーザーたちは
匿名を実名に変えたり、
長文でしっかりとした文章を書いて
コメントするように変わっていきました。

不便なやじうまコメント欄に投稿
するために、何度も推敲したであろう
文章を、ドキドキしながら投稿しても、
内容に心がこもってなかったり浅はかで
あれば見城さんに厳しく叱られます。

何度叱られても途絶えることなく
増え続ける長文を一生懸命に投稿
する皆さんの姿は、例えはとても悪い
ですがドMの人たちが見城さんの
トークに行列をなしているように
私には見えました。

気軽に使えて、軽い関係を目指して
755を創った私も、ネットの先にある
生身の人間同士の関係について
考えさせられました。

そんな見城さんは3月末できっぱりと
755を止めると宣言しています。
本当に本を読む時間や睡眠時間を
削ってやって頂いてるので無理は
言えませんが、なんらかの形で
続けてもらえないか、鋭意交渉中です。

前置きが長くなりましたが、
その見城さんの755での言葉を
ベースにした本が明後日発売に
なります。



{1BDFE711-E84A-421C-8671-1FFF8FCB89EC:01}

{3A3A1596-78DA-419A-A737-DD4CA88FC03C:01}


私は表紙に推薦文を書かせて
もらいましたが、特に一緒に共著を
2冊製作している過程で学ばせて

もらったことは計り知れません。
このくらい書いてもいいと思います。

また、「仕事と人生に効く51の言葉」
とありますが、この本はまさに金言の
数々です。

GNOは絶対死守。
安目を売るな。やせ我慢しろ。


この2つの言葉の章では
仕事や人生で人に恵まれ、大きな

成功を収める人の決定的なポイント
が書いてあると思いました。

GNOとは(義理、人情、恩返し)です。

言葉が古臭く感じるかも知れませんが、

大きなことを成し遂げるには多くの人の

力が必要です。GNOを疎かにしている
人は周りが必ずそれを見ています。
そんな人が大きな成功を収めることは
絶対にできません。

また、安目を売るとは、簡単に相手に

借りをつくるということです。

短期的に見れば、何かお願いごとを

聞いてもらえれば、ラッキーと思うかも

知れません。
でも、本当に重要なことで人が力に

なろうと思うのは、そんな安っぽい人
ではありません。
やせ我慢し、長い間相手のために
尽くしてきた安目を売らない人です。

それ意外にも、この本は人生と仕事に

おいて大事なことが凝縮されています。

信用できる男の深さ
の章では、私とサイバーエージェントに
ついて、過分な言葉で褒めてもらってます。

さすが編集者見城さんが自分で赤入れ

しただけあって、文章から情熱が

ほとばしるような本です。
それでいてとても読みやすいです。

おすすめ。

たった一人の熱狂-仕事と人生に効く51の言葉-/双葉社
¥1,404
Amazon.co.jp
















堀江さんの新刊

テーマ:
今週発売の、堀江さんの新刊「ゼロ」を
いち早く手に入れて読みました。

この本は発売前から随分気合いが
入っているように感じていましたが、
実際この本、すごく面白かったです。

堀江さんの著書はもう50冊を超える
そうですが、
ずっと強気を貫いてきた堀江さんが
自分の弱さをさらけ出して赤裸々に
書いたのは初めてではないでしょうか。

両親に対して抱いていた複雑な感情。

モテなかった時代のコンプレックス。

もう会えなくなった自分の子供のこと。

拘置所に届いたライブドア社員からの
色紙に号泣したこと。


出所後の今の堀江さんはとても充実
していて幸せそうです。

金持ちでも成功者でも不幸せそうに
見える人はたくさんいます。
そういう人は、被害者意識が強かったり、
他人を恨んだり妬んだりしているように
みえます。

堀江さんは罪を認めないまま懲役刑に
なった訳だから、世の中を恨んでいても
おかしくないはずですが、
誰かを恨んだり、過去を悔やんだりする
感じが微塵もないところが
幸せに生きる秘訣なのでしょう。

堀江さんは本の中で、
「過去を振り返っても事態は変わらず、
未来に怯えても先へは進めない。

かけがえのない今に全力を尽くす」
と言っています。

自分はもともとゼロであり、
また挑戦してゼロからイチを重ねて、
努力して成功し、
それを元手に掛け算していくのだ。

そんな挑戦者としての清々しさが、
本書からとても良く伝わってきました。


ゼロ―――なにもない自分に小さなイチを足していく/ダイヤモンド社
¥1,470
Amazon.co.jp