元看板犬アールについての大切なお知らせ。 | しぶごえ御宿海岸スタッフブログ

元看板犬アールについての大切なお知らせ。

皆様ご無沙汰しております。

元店長の佐々木です。

 

運営会社の急な倒産で皆様にご迷惑をおかけしてしまい誠に申し訳ございません。

 

本日でやっと少し落ち着いてきたので、明日にでも近況報告をと思ったのですが、

その前に大切なお知らせをさせていただき、近況報告はまた後日せていただきます。

日向は私の家で、クロはミカの家でのびのびと過ごしています。

 

 

元看板犬 須賀アール儀 1月29日 15歳にて急逝致しました。

 

おしりに腫瘍ができ、お医者様も手を尽くしていただき、もう少しで16歳というところまで頑張ってくれました。

最後は、大好きな元スタッフのケイが本当によく面倒を見てくれ幸せだったと思います。

今頃はモモ、アシュと3ワンで虹の橋のたもとを駆け回っているのでしょうね。

バロンにも会えたかな。

 

実はアールですが、3兄弟の末っ子なのに当時の店長がアールを大好き過ぎて

「しぶごえ看板犬第1号」がアールなんです。

壱号館時代は引っ込み思案すぎてお仕事もできず、お友達もなかなかできず、スタッフに甘える日々でした。(ご馳走を食べる時だけは姉兄を押しのけていましたが。)

ですが、たくさんの素敵なお客様やお友達に恵まれ、

しぶごえ壱号館からしぶごえ御宿海岸に移ってきたころには姉兄がいなくてもお仕事ができるぐらいの急成長を見せてくれました。

 

最近では、末っ子で甘えん坊のアールがスタッフよりも先輩になり、後輩のクロも来て、

すっかり先輩になっていました。

 

引退して迎えた老後も、お客様から美味しいものをたくさんいただいて、料理長から手作りクッキーをいただいて、パートの皆さんからも愛されて幸せな看板犬生活でした。

 

しぶごえグループの最初から最後まで見届けてくれた唯一の看板犬です。

引っ込み思案でお姉ちゃんがいないと何もできなかったアールだったのに、最後の最後まで立派でした。

 

アール、本当にありがとう。

 

生前、良くしていただいた皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。

ここに生前のご厚誼を深謝し衷心より御礼申し上げます。

 

 

令和2年1月29日

元店長 佐々木 貴裕