揺れる想い♪

先週の木曜日、来学期の書類一式が届きました。来学期受講する科目はすでに決めているので、届いたからとはいえ開封はしないつもりでしたが、やっぱり気になる。

 

今年入った頃の計画では、あと3コースをそれぞれ2年で終了させると決めました。そして、今所属している生活と福祉コースではエキスパートは取らず(社会と産業コースに在籍していた時に生活と福祉コースの科目をかなり履修していたので、「福祉コーディネータプラン」や「社会生活企画プラン」を取得していた。)、次に進む自然と環境コースで「自然系博物館プラン」を、最後の情報コースで「人にやさしいメディアデザインプラン」を取得しようと思っていたんです。

 

それが先月、大きな路線変更を決断しました。きっかけは、東京文京学習センターでの「データサイエンス講演会」。ここでデータサイエンスのエキスパートのチラシが入っていたからです。もちろん、その前にホームページでも新設されたお知らせを観ていたので、驚きはしませんでしたが、逆に私のやる気に火が付いたようで。

 

また、他にも理由がありました。それは「10年の壁」です。基本的にエキスパートは、授業が開講してから10年で申請ができなくなるというものです。もちろん、後継科目があって、履修不可になっている場合は、後継科目の開講してから10年までとなるので、その分前に履修した科目は延長されます。私が悩んでいるのは『心理統計法』と『博物館概論』。この後継科目は主任講師が異なるので、履修できるんですね(『博物館概論』は来年度から変わる)。ですからそれまでの授業を履修している私は2020年で切れてしまうんです。今年度を含めて3年。2年で今いる生活と福祉コースを卒業して、別のコースに再入学してもこのままだとどちらかしか取れない。もちろん、両方取ることも可能ですが、あまり他のコースの授業(特に入学前)は取りたくないのも事実で。それで、来学期から前のように6科目履修することにして、生活と福祉コースにいる間に2つのエキスパートを取って、情報コースに再入学したら「データサイエンスプラン」を、自然と環境コースに再入学したら「環境科学プラン」を目指すことにしました。情報コースにしろ、自然と環境コースにしろ、私にとっては未知なる分野なので、いろいろ悩みます。単位認定試験よりも来学期のことを悩むなんて…。

にほんブログ村 主婦日記ブログ アラフィフ主婦へ
にほんブログ村 にほんブログ村 大学生日記ブログ 通信大学生(放送大学)へ
にほんブログ村
通信大学生ランキング
生涯学習ランキング